鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

2019年5月19日

【近鉄】16000系混色編成の運用が続く


最近、近鉄南大阪・吉野線の16000系で唯一4両固定であるY8+Y51編成が、大阪阿部野橋側の2両(Y08、16008+16151)をY7編成(16007+16107)に差し替えて運用されています。

このため、新塗装と原色が編成中に存在する混色編成となりました。

外されたY08編成は、古市車庫で留置されてるようです。

20190518_10.jpg

20190518_11.jpg

2019年5月18日

【貨物】東京メトロ13000系電車が甲種輸送される


5月18日、東京メトロ13000系第32編成7両が、近畿車両より出場しました。
徳庵→羽生間で甲種輸送されています。
13000系は、日比谷線03系の置き換え用として製造されています。

牽引機は、吹田まではDE10-1743[岡]、吹田からはEF66-130[吹]でした。

20190518_01.jpg

20190518_03.jpg

20190518_02.jpg

2019年5月12日

大和路線で開業130周年記念の団臨が運転される


5月12日、大和路線で、大和路線のJR難波~柏原間130周年を記念した臨時列車が走りました。

編成は、奈良電車区の201系ND611編成(135-135)で、5月2日より130周年記念ヘッドマークを装着して運転されています。

運転区間は、JR難波~柏原間の往復でした。


▼平野駅では3番線に入線し、約15分間停車しました。 
 運用番号表示は【13臨】で、130周年にあわせた表示となっています。

190512_01.jpg

▼ホームでは、社員さんが電車ごっこ?で使うようなミニ電車が登場して、乗客にグリーティングしていました。

190512_03.jpg


2019年5月10日

森ノ宮区201系が6月7日に引退


JR西日本は、5月10日付のプレスリリースで、大阪環状線、JRゆめ咲線における201系車両の運行は2019年6月7日(金曜日)に終了します。と発表しました。

これは、2016年(平成28年)12月より導入を進めていた後継車両323系の投入が完了するためで、全22編成が揃います。これにより、大阪環状線からオレンジで統一された車体を持つ4扉車の定期運用と、駅の〇の乗車位置が消滅することになります。


森ノ宮区の201系は、2005年(平成17年)に明石区から転属し、先輩の103系とともに大阪環状線と桜島線(JRゆめ咲線)で活躍しました。現在は、わずかに3編成が最後の活躍をしています。

・ LB6編成(90-90、ユニバーサルワンダーランド)
・ LB9編成(94-94、オレンジ一色)
・ LB15編成(140-140、ハリーポッター)



今後関西圏で残る201系は、奈良電車区(吹田総合車両所奈良支所)に所属する、大和路線とおおさか東線で運用される車両のみとなります。また、ユニバーサルスタジオジャパンのラッピング編成が323系に継承されるかが気になるところですね。

なお、大阪環状線は3扉車両で統一されるのに伴い、駅の乗車位置案内や通行帯の明示、利用客の多い駅でのホーム柵の設置を行う模様です。


大阪環状線・ゆめ咲線201系の運用はこちら↓







▼ LB6編成(90-90、ユニバーサルワンダーランド)

20190510_00.jpg

▼ LB9編成(94-94、オレンジ一色)

20190510_01.jpg

▼ LB15編成(140-140、ハリーポッター)

20190510_02.jpg

2019年5月 2日

奈良所201系に『大和路線(関西本線)開業130周年』ヘッドマークが掲出される


5月2日より、奈良電車区201系のうち一編成に、『大和路線(関西本線)開業130周年』が掲出されています。

これは、1889年に大阪鉄道が湊町(現:JR難波)~柏原間を開業してから今年で130周年となるのを記念するものです。

ヘッドマークが掲出されているのは、201系ND611編成(135-135)です。


▼ヘッドマークを掲出しているND611編成。
 130周年を記念するからか、最も130に近い番号を持つこの編成が選ばれたものと思われます。

190502_01.jpg

ヘッドマーク内には、【大和路線 関西本線 湊町(JR難波)~柏原 開業130周年 1889~2019】の文言とともに、113系・221系と103系・201系のイラストが描かれています。なお、ヘッドマークは、編成の前後に掲出されています。文言、イラスト等は基本的に前後同じですが、デザインが異なっているのがポイントです。


奈良側先頭車クハ200-135は、通勤型車両をイメージしたデザインとなっています。
背景色はウグイス色で白帯も再現されています。
車両イラストも、201系・103系が中央に来ています。

190502_02.jpg

JR難波側先頭車クハ201-135は、かつて運行されていた113系車両をイメージしたデザインとなっています。
関西本線では、関西線快速色の塗装で走っていました。
背景色は、車体色である灰色(灰色9号)、帯は朱色(朱色3号、春日大社の柱の色にちなんだ春日塗りとも呼ばれる)となっており、実際の先頭車から側面にかけての帯の形を見事に再現しています。

車両イラストも、221系・113系が中央に来ています。113系は大目玉となっており、さらに、運用番号をよく見ると、130周年にちなんだ130を掲示しています。

130周年への思い入れの強さを感じることができました。

190502_03.jpg



JRグループ

関西の私鉄