鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

2020年2月19日

奈良所201系運行終了へ 網干所からの221系転属で


2月19日、JR西日本は、JR京都線・JR神戸線などへ225系を新製投入し、223系への車内ディスプレイを設置すると発表しました。
網干総合車両所への225系の投入に伴い、同所の221系は吹田総合車両所奈良支所に順次転属となります。この影響で201系が置き換えられることになりました。



20200219_01.jpg


1.225系の追加投入

2020年度より3年間かけて、225系を144両新製投入します。
網干所には221系が136両所属していますので、8両増えます。また、221系性能に合わせた223系6000番台(V編成4両×5編成=20両)もは元の223系性能に戻ると思われ、JR京都線・琵琶湖線・神戸線の快速・新快速は、性能が統一された車両で運用できることになります。こうなると、ダイヤ乱れ時の車両運用がやりやすくなりますね。車両が増加する分は、6両快速の増結に回してほしいところです。


▼225系100番台の新快速。このタイプが投入されるものと思われます。

20200219_02.jpg




2.網干所221系は奈良所へ→201系運行終了へ

225系の新製投入に伴い、長らく網干所で活躍した221系は、吹田所奈良支所へ転属することになります。同所には201系(ND編成6連×22編成)が132両所属しており、これを3年間かけて置き換えていく予定です。
網干所221系の内訳は、A編成8連×5編成、B編成6両×14編成、C編成4両×3編成=136両となっており、201系をすべて置き換える場合は、A編成のモハ220・サハ220を、C編成の2編成に挿入する必要があります。もしくは、奈良所の221系を巻き込んだ車両の組成変更の可能性もあり、このあたりはお楽しみといったところですね。
また、4両+4両で8両を組んでる大和路快速は、座席数や天王寺駅引上げ線での乗務員さんの移動の関係で8連に変更したほうがいいのでは・・と思うのですが、201系を置き換えるための転属なので、今回は難しいかもしれません。今度のダイヤ改正で大和路快速は8連、みやこ路快速は6連に統一されますので、もしかしたら予想ができるかもしれませんね。

さらに、おおさか東線に221系が運用されるとなれば、新大阪~奈良間で運行中の「直通快速」も、もしかしたら221系で運用されるかもしれませんね。1時間の距離をお手洗いなしのロングシート車は厳しいものがありますので、設定当初と同じ3扉転換クロスシートのお手洗い付き車両だと快適に移動できそうです。

▼朝陽を浴びて上淀川鉄橋を渡る221系です。

20200219_06.jpg

▼221系と223系6000番台の併結列車です。こういった混色編成?も見納めになります。

20200219_03.jpg

▼11年程前の写真です。久宝寺駅で201系が3編成も並んでいました。ウグイスカラーの車両もまもなく見納めになります。

20200219_05.jpg

▼おおさか東線を走る221系。保安列車として運行されますが、近い将来この光景が実現するのかもしれません。まさか直通快速が221系で運行される?!

20200219_07.jpg


また、奈良線で現在運行中の103系については、プレスリリースでは言及がありませんでした。こうなると、まだまだ元気に活躍し続けると思うかもしれませんね。実は、大和路線の103系6連が運行終了したときは、一切発表がありませんでした。運用の効率化により余剰廃車の可能性も十分に考えられますので、奈良所201系と合わせて撮影・乗車はお早めに!

お役立ちリンク

運用表

写真集


2020年2月16日

【貨物】東武鉄道70090系『THライナー』が甲種輸送される


2月16日、東武鉄道70090系第2編成7両が、近畿車両より出場しました。
徳庵→羽生間で甲種輸送されています。
東武鉄道70090系は、日比谷線直通有料着席サービスを提供する車両で、『THライナー』の名称がつきました。座席はロングとクロスのデュアルタイプとなっています。塗装については、70000系との区別のためか、赤帯の他に黒が追加されています。
牽引機は、吹田まではDE10 1743、吹田からはEF65-2065[新鶴](国鉄色赤プレ)でした。

(掲載が1日遅れまして申し訳ございません)

20200215_01.jpg

20200215_02.jpg

サイドビュー

20200215_03.jpg



2020年2月14日

【大阪市交】谷町線で3/14(土)よりダイヤ改正


大阪市交通局(現:大阪メトロ)谷町線では、3月14日(土)よりダイヤ改正を行います。
ダイヤ改正が行われるのは、約3年ぶりです。



20170222_topics_tanimachi_01.jpg

1.【平日の昼間時間帯および土休日の昼間~夜間時間帯

平日の昼間時間帯と土休日の昼間~夜間時間帯において、列車の運転間隔を7分30秒間隔から6分間隔に短縮します。これにより、八尾南~大日間で1時間当たり8本から10本に増発されます。

2.【平日の夜間時間帯】

平日夕~夜ラッシュ時に運転している、都島~文の里間の折り返し列車を、大日~八尾南間の運行に拡大します。


続きを読む "【大阪市交】谷町線で3/14(土)よりダイヤ改正"

【阪神】2020年ダイヤ改正の詳細発表


阪神電鉄では、2020年3月14(土)に行うダイヤ変更の詳細を発表しました。

土休日ダイヤにおける近鉄線直通快速急行の増結や運転時間の拡大などが主な内容となっています。


20200121_10.jpg



1:快速急行の増結とスピードアップ

土休日ダイヤのみ、6両編成で運転する快速急行を8両編成に増結(一部列車を除く)します。あわせて、尼崎駅での連結解放作業を取り止めること等により所要時分を平均4分短縮します。

奈良~阪神神戸三宮間の平均所要時間

神戸三宮→奈良間 86分→80分 6分短縮
奈良→神戸三宮間 83分→82分 1分短縮

最速列車は、79分から76分に3分短縮します。

なお、芦屋駅については、ホームが踏切に挟まれているため、ホーム延伸が困難な状況です。そのため、土休日については通過し、平日は従来通り停車となります。


2:快速急行の運行時間帯の拡大
2-1:平日ダイヤ

朝ラッシュ時に快速急行を上下1列車ずつ増発、夜間の神戸三宮発尼崎行き快速急行を、大阪難波行きに延長します。

改正前:尼崎発大和西大寺行き準急
改正後:神戸三宮6:51発→大阪難波行き、大阪難波から大和西大寺行き準急

改正後:(新設列車)甲子園7:00→神戸三宮行き快速急行

改正前:尼崎発大和西大寺行き普通
改正後:神戸三宮21:33発→大阪難波行き快速急行、大阪難波から奈良行き普通


2-2:土休日ダイヤ

改正前:神戸三宮21:02発→尼崎行き快速急行、尼崎から大和西大寺行き普通
改正後:神戸三宮20:56発→近鉄奈良行き快速急行(直通)

改正前:尼崎発→近鉄奈良行き快速急行
改正後:神戸三宮21:20発→近鉄奈良行き快速急行(直通)

改正前:近鉄奈良19:56発→尼崎行き快速急行
改正後:近鉄奈良19:56神戸三宮行き快速急行(直通)


3:一部快速急行の停車駅追加

平日の昼間、快速急行の停車駅に今津を追加します。
停車時間は以下の通りで、武庫川駅停車と同じ時間帯です。

近鉄奈良方面:10:03~16:20
神戸三宮方面:10:48~16:52


4:普通と区間特急との接続

平日の朝ラッシュ時に、上り普通を御影駅で区間特急と接続します。これにより、換利便性の向上とム上の混雑緩和等を図ります。

 
5:一部急行の運行区間・列車種別の変更

平日の朝ラッシュ時に運行している西宮駅始発の上り急行2列車を、青木駅始発の区間急行(6時42分発、53分発)に変更します。

停車駅:芦屋、西宮、今津、甲子園、鳴尾・武庫川女子大前、武庫川、尼崎、千船、野田、福島)

 

(6)   その他

平日・土休日の深夜において、西宮駅・石屋川駅間の普通を1列車増発(下り西宮行普通を石屋川駅まで運転延長)することにより、現行12~21分の運行間隔を10~15分間隔に短縮します。

2020年2月 1日

【阪堺】恵美須町駅新駅舎供用開始


阪堺電気軌道阪堺線恵美須町駅が、本日2月1日(土)より新駅舎に移設されました。
これは、一昨年の台風21号により被災した駅施設の復旧に合わせて、バリアフリー化による利便性向上を目的としています。

▼新駅舎はこちらです。1面1線のシンプルな駅になり、もちろん縦列停車も可能です。
 また、バリアフリーの観点から、ホームがかさ上げされています。

20200201_hankai_02.jpg

▼堺筋側からホームに出入りします。
 本日は、まだ仮の通路をつかっているようです。

20200201_hankai_01.jpg

▼新しい駅名板です。
 こちらもシンプルなものになっています。また、今日から副駅名(通天閣前)が記載されています。

20200201_hankai_03.jpg

▼新恵美須町駅ホームに、古豪モ162号が入ってきました。また、LED式の接近表示器も設置されております。

20200201_hankai_10.jpg

20200201_hankai_04.jpg

▼動画です。新装なった恵美須町駅を、モ162号車が発車準備~発車する様子を収録しております。吊りかけ音がいいですね~。駅アナウンスが入る前のメロディが変更されていました。



ここまで新駅舎・ホームのご紹介でしたが、これまでお世話になった旧駅舎の様子を見ていきましょう。

▼旧駅舎はバリケードで閉鎖され、新駅舎の案内看板が掲示されていました。
 レトロな雰囲気を漂わせたターミナル駅でしたが・・。

20200201_hankai_09.jpg

▼新駅舎通路から、旧駅構内を眺めます。
 2番線にはもはや重機が入り、ダブルクロスポイントが切断されている様子を間近で見ることができます。

20200201_hankai_08.jpg

▼昨日終電まで使っていた線路も切断されています。さみしい光景ですが、線路の切断面を間近で観察できるいい機会でもありますね。今回はダブルクロスポイントの途中で切断されているため、通常では見られない断面も見れるようです。

20200201_hankai_06.jpg


JRグループ

関西の私鉄