鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

2017年1月23日

【南海】泉北ライナー用12000系使用の団臨が運転される


1月21日、南海羽倉崎検車区において、『特急「泉北ライナー」12000系車両デビュー!一番乗り撮影会 in 羽倉崎車庫』が開催されました。これは、泉北高速鉄道12000系のデビューを記念したものです。

当日は、泉北高速鉄道光明池駅より泉北12000系に乗車して、難波で折り返し羽倉崎車庫の間を往復しました。

なお、泉北12000系のデビューは1/27(金)で、和泉中央駅16:23発特急泉北ライナー66号難波行きが一番列車となる模様です。


290121_02.jpg

290121_03.jpg

2016年10月12日

【南海】高師浜線で『走る!工場夜景』ラッピング列車運行開始


南海高師浜線では、10月08日より「走る!工場夜景」のラッピング編成が運行しています。

高石市では、日本有数の連続的な工場景観と評価される堺泉北港臨海工業地帯の夜景が注目を集めているほか、2016年で市制50周年を迎えて知名度向上とまちの活性化などを狙っています。

ラッピングされたのは、2200系2232Fです。
車体側面下部には工場地帯の夜景がラッピングされているほか、高石市のPRステッカーも貼られています。先頭車には『走る!工場夜景』のヘッドマークも掲出されています。

運行期間は6ヶ月間です。


281010_01.jpg

281010_04.jpg




続きを読む "【南海】高師浜線で『走る!工場夜景』ラッピング列車運行開始"

2016年9月27日

【南海】『電車まつり2016』告知HMが掲出される


南海電鉄では、10月29日(土)に、千代田工場で『南海電車まつり2016』を開催します。
それに合わせて、イベントを告知するヘッドマークを、南海線と高野線の一編成ずつに掲出しています。

南海線・・9000系 9511F
高野線・・6200系 6551F

280925_14.jpg

280925_15.jpg


280925_16.jpg

2015年11月21日

【南海】特急ラピート「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」号が運行開始


南海電鉄では、11月21日より、来月18日に公開される映画『スター・ウォーズ/フォ ースの覚醒』とタイアップした、特別仕様の特急ラピートが運行を開始しました。

この特別仕様編成は、関西国際空港を通じて世界へとつながる特急ラピートのイメージと、映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の世界観に共通する、『旅立ち・冒険』をコンセプトにデザインされたものです。

車両は50000系50005Fを充当し、車体を黒色を基調とした「スターフィールド」で覆い、作品に登場するキャラクターを各車両に配して、映画の世界観を表現しています。

運行期間は、平成28年(2016年)5月8日(日)までです。 


271121_10.jpg

2015年10月 8日

【南海・泉北】12月5日南海高野線・泉北高速鉄道ダイヤ改正


南海電鉄と泉北高速鉄道では、12月5日(土)に南海高野線と泉北線のダイヤ改正を実施します。
特急泉北ライナーの運行や、泉北線直通区間急行が終日増発されるなど、大阪市内~泉北線内の利便性が向上します。

1.特急『泉北ライナー』デビュー!

難波~和泉中央間を最速29分で結びます!

運行本数:平日・・上り7本・下り6本、土休日、上り8本・下り8本
停車駅:難波・新今宮・天下茶屋~(ノンストップ)~泉ヶ丘・栂・美木田・光明池・和泉中央
特急料金:大人510円
使用車両:南海高野線特急『りんかん』使用車両(30000系・31000系・11000系)

*特急チケットレスサービスも利用できるとのことです。10回乗車すると、1回無料でのれます!


2.泉北区間急行が終日増発!

現在の準急行の一部が区間急行に格上げとなり、和泉中央~難波間は4分短縮されます。

・運行本数:平日朝上り6本・下り3本、それ以外の時間・・上り2本・下り2本


3.高野線・泉北線の運転本数の見直し

高野線(難波~河内長野間)

急行または区間急行を5本から4本に減便
各駅停車・・5本から4本に減便

泉北線(難波~和泉中央間)

区間急行・・0本から2本に増発
準急行・・・・5本から2本に減便
各駅停車・・0本から2本に増発


南海発表

続きを読む "【南海・泉北】12月5日南海高野線・泉北高速鉄道ダイヤ改正"

2015年9月 8日

【南海】復刻塗装の7000系にさよならHMが掲出される


復刻塗装となっている10000系と7000系に掲出中の『130周年ヘッドマーク』が、9月1日をもって終了・取り換えられています。
10000系10004Fのほうはヘッドマークが取り外されています。
7000系のほうは『さよなら7000系』の看板が、9月末まで掲出されます。



270906_10.jpg

270906_11.jpg

2015年8月24日

【南海】「Peach×ラピート ハッピーライナー」が泉佐野以南に入線


8月23日、南海本線・和歌山港線で、「Peach×ラピート ハッピーライナー」使用の団臨が運転されました。これは、「Peach×ラピート ハッピーライナー」が8/31で終了することを記念し、和歌山港へ初入線するツアーが開催されたためです。

団臨運転区間は、難波~和歌山港~浜寺公園間で、泉佐野以南への入線および和歌山港線への入線が目玉でした。

270823_01.jpg

270823_02.jpg

2015年7月12日

【南海】復刻塗装の10000系と7000系が別々に運用される


6月13日より、旧塗装の特急サザンとして運転されている10000系と7000系が、7月9日より別々に運用されています。

7月12日現在、10000系10004Fの連結相手は7100系7173Fに、7000系7037Fの和歌山市側の連結相手は7000系7019Fにそれぞれ変更されています。両編成とも旧塗装と新塗装が連結された、いわゆる『混色編成』となっています。

10004Fと7037Fが再び連結されるのは、7月21日(火)のサザン35号(なんば15:50発)からの予定です。




270712_nankai_01.jpg

続きを読む "【南海】復刻塗装の10000系と7000系が別々に運用される"

2015年6月13日

【南海】南海電鉄創業130周年&さようなら7000系記念企画 「懐かしの緑色」の特急サザンが運行開始


南海電鉄では、今年2015年で創業130周年となること、また7000系が今秋で引退となることを記念し、6月13日より「懐かしの緑色」の特急サザンを運行開始しました。

使用車両は、座席指定車が10000系10004F、自由席車が7000系7037Fです。10004Fは、10000系のなかで全車両がオリジナルの車両で構成されているのが特徴です。7037Fは2度目のリバイバル塗装を施されることになります。実際の運行時は、両編成を連結して一部座席指定の特急サザンとして運行します。塗装は、現行塗装になる前の緑色を基調としたデザインで、10000系は黄緑地に緑帯、7000系は緑のツートンカラーです。
そして、この「懐かしの緑色」の特急サザンの両端先頭車には、130周年を記念した特製ヘッドマークをとりつけます。

この企画のスケジュールですが、以下のようになっています。

緑のサザンは、6月13日から2016年(平成28年)3月までの約半年間運行されます。
そのうち、8月末でヘッドマークの掲出が終わり、9月末で7000系が運用終了となります。

*日によって、7000系7037F以外の車両を充当する場合があります。7月9日の難波15:50発の列車より、7月21日和歌山市11:29発の列車まで、7000系旧塗装編成以外の車両を連結する模様です。


20150613_nankai_01.jpg


20150613_nankai_02.jpg

2015年4月29日

【南海】10000系特急サザンに、『妖怪ウォッチ』ラッピング編成が登場


南海電鉄の特急サザンに、アニメ『妖怪ウォッチ』とコラボレーションした、『特急サザン 妖怪ウォッチ号』が登場しました。

編成は10000系10009Fで、車体には『妖怪ウォッチ』のキャラクターが大きくデザインされています。
車内にある座席の枕カバーにもキャラクターが描かれています。

特急サザンは座席指定車と自由席車が連結されており、妖怪ウォッチ仕様となっているのは、和歌山市側の座席指定車のみです。

運行区間は、難波~和歌山市・和歌山港間。運行期間は6/28までです。


2704029_01.jpg

2 3 4