鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

2018年11月13日

おおさか東線の直通快速が新大阪へ!


11月13日、2019年春に全面開業する『おおさか東線』の運行体系が発表になりました。

『おおさか東線』の現在の運行体系は、久宝寺~放出の線内のみ運転する『普通』と、奈良からおおさか東線を経由して京橋・北新地・尼崎へ向かう『直通快速』の2本立てとなっています。

来年春の全面開業後は、『普通』と『直通快速』の2本立ては変化しませんが、運転区間や本数、停車駅が変更されます。

『普通』・・・久宝寺~放出~新大阪 (おおさか東線各駅に停車)
『直通快速』・・奈良~(大和路線)~久宝寺~(おおさか東線)~放出~(おおさか東線延伸区間)~新大阪 *JR河内永和と高井田中央に新規停車

これに伴い、『直通快速』のJR東西線経由の尼崎発着は廃止になります。また、土休日ダイヤでは、朝夕に新大阪行きと奈良行きが2本ずつ運転され、新大阪から奈良への観光に使えそうです。

所要時間は、以下の通りです。

新大阪~奈良間・・・おおむね60分
新大阪~久宝寺・・・(普通)おおむね35分
新大阪~放出・・・・・(普通)おおむね20分

気になる車種はまだ発表はありませんが、JR東西線を経由しないため、3扉転換クロスシート車が再び登板する可能性もあります。このおおさか東線の全面開通で、奈良や東大阪市内から、新大阪へのアクセスが格段に便利になり、混雑する都心部を経由せずに行けるという大きなメリットが生まれます。







おおさか東線経由直通快速の新旧比較表
  旧ダイヤ 新ダイヤ
全日 平日 土休日
運転区間 奈良~久宝寺~放出~尼崎 奈良~久宝寺~放出~新大阪
運転本数 朝:尼崎行き4本
夕:奈良行き4本
朝:新大阪行き4本
夕:奈良行き4本
朝:新大阪行き2本
朝:奈良行き2本
朝:尼崎行き4本
夕:奈良行き4本
夕:新大阪行き2本
夕:奈良行き2本


▼尼崎駅で発車を待つ直通快速。来年春は新大阪発着となり、尼崎からJR東西線では見納めになる。車両は207系F1編成。

201811113_01.jpg


▼三郷駅を通過する直通快速。来年春は新大阪発着となり、尼崎行きの表示は見納めに。

201811113_02.jpg

2018年10月24日

新快速に有料座席サービス「Aシート」を導入


2018年10月24日、JR西日本は、JR京都線・琵琶湖線・JR神戸線を走る新快速の一部に、有料座席サービス『Aシート』を導入すると発表しました。


20181024-1-4.JPG


以前、6月ごろに有料座席導入の計画があると新聞報道がありましたが、正式の発表となりました。
その時の記事はこちらです。↓





有料座席『Aシート』の詳細はこちらです。


1.ロゴ


アルファベットの【A】に、横から見た座席のデザインを組み合わせていますね。
金色が脚・座席・背もたれ、青色がそれぞれ後脚と手すり?を表してると思います。

20181024-1-1.jpg







2.車内サービス



座席配列は2列&2列で、全46席が提供されます。

  •  リクライニング機能、テーブルつき座席の設置
  •  内装の工夫による、落ち着きのある空間の提供
  •  全席にコンセントを設置 (JR西日本在来線の普通車としては初)
  •  無料Wi-Fiサービスを提供
  •  荷物スペースを設置

20181024-1-2.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

有料座席にふさわしい設備・サービスが提供されるようですね。
大好評の京阪特急プレミアムカーを意識したのかもしれません。

荷物スペースは大きい荷物を持ってるときはありがたいですね。
乗務員さんは運転室スペースで執務されるのでしょう。

車内イメージとしては、瀬戸大橋線の快速『マリンライナー号』で活躍したクロ212形のような雰囲気だと思います。

20181024-1-3.jpg

なお、新快速の223系は3扉ですが、この『Aシート』では2扉になるため、中間の扉は埋められるようです。この部分の座席に当たると、車窓を楽しめない可能性があります。JRの例として、小浜線や加古川線で運用中の125系がそのような形状をしています。125系は223系相当の車体をもち、片側3か所の扉を設置できるスペースはありますが、中間の扉部分は使用していません。

20181024-1-5.jpg

20181024-1-6.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.車両・本数


車両・・223系1000番台 2編成のうち2両を改造
運転区間・・JR京都線・琵琶湖線・JR神戸線
運転本数・・1日上下線合わせて4本

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転本数が1日で2往復のみということから、試験的なサービスということがうかがえます。そのため、新車の導入ではなく、まずは新快速用としては最古参の223系1000番台を改造して、需要や要望を見極めたいということなんでしょう。

この1000番台車両は1995年の製造からすでに20年を超えているため、体質改善工事の時期がやってきます。その際に原状復帰させれば、万が一この有料座席サービスが失敗しても改造工事のコストが最小限に済むということなんでしょう。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------


4.料金・利用方法など


料  金・・500円
利用方法・・空席があれば着席して乗務員から乗車整理券を購入
支払方法・・現金・ICOCAなどの交通系ICカード

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

500円は京阪プレミアムカーと同等ですね。米原や姫路からだと、新幹線自由席より安いのでお得に感じます。ICOCAで乗車整理券を購入できるのも便利ですね。ICOCAポイントの対象になればいいのですが。

ただ、この有料座席Aシートは、乗車して『空席があれば』着席ができるサービスなので、乗車したはいいが満席の場合はどうなるかが気になりますね。JR東日本の東海道線や横須賀線、常磐線、東北本線、高崎線で走っている列車に連結されているグリーン車自由席のように、グリーン料金を払っても座れない上に、立ち席でも料金が必要になることはないかと思いますが、この点が気になるところですね。
レストランのように、駅停車のたびに乗車希望のお客さんに何名様まで乗れますと案内するのでしょうか?それも面倒のような気がしますが、今回は試験的なサービス故、システムの構築までは難しかったのでしょう。一番トラブルにならないやり方としては、昔の『やまとじライナー』や『はんわライナー』、『びわこライナー』のように、駅ホームで乗車整理券を売るやり方があります。



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

サービス開始日、運転区間、運転時刻などの詳細については、決まり次第発表になるようで、今から楽しみですね!

2018年10月21日

奈良区103系使用の団臨が走る


10月21日、奈良区103系を使用した団臨が運転されました。
経路は奈良~(桜井経由)~高田~五条~橋本で、編成は奈良区103系NS404編成(215-216)でした。

運番が39(サンキュー)を表示しており、何らかのメッセージを発してるようでした。


▼快晴の和歌山線を走行する103系団臨 

20181021_01.jpg

2018年10月 9日

宮原所に227系が留置中


宮原操車場に、227系が多数留置されています。
これは、近畿車両で製造されたものの、台風の影響で広島地区へ回送できなかったためです。

新大阪駅側には、3両編成×2の6両と、2両編成×3編成の6両が2編成留置されています。
twitterによると、さらに奥にも留置されている編成があるようです。


▼ 以前103系が留置されていた場所に、227系が留置されています。
 また、新幹線側の留置線の途中に枕木が置かれていました。

20181008_11.jpg

20181008_10.jpg

続きを読む "宮原所に227系が留置中"

2018年10月 8日

DD51+12系客車の試運転が走る


10月8日、宮原(操)~網干間で、DD51+12系客車使用のの試運転(網干訓練)が行われました。
通常は12系客車を5両連結していますが、前日運転されたSL北びわこ号で5両使用しているため、残った1両のみで運転となりました。


編成は次の通り。
DD51-1193+オハ12-341 1両


20181008_02.jpg

2018年8月18日

奈良区に転属した205系NE402編成(36-36)が営業運用開始


元日根野区の205系0番台(36-36)の編成が、本日18日より運用を開始しました。

運用番号は42Aでした。編成記号はNE402の模様です。

編成は以下の通りです。

←奈良                 京都→
クハ205-36+モハ205-105+モハ204-105+クハ204-36

この編成の運用開始に伴い、残る103系の動向が気がかりですね。

20180818_02.jpg

205系0番台同士の並びも見られるようになりました。
奈良線とは思えないですね。。。

20180818_01.jpg




2018年7月 1日

山陽新幹線で500系『ハローキティ新幹線』の運行を開始


JR西日本では、6月30日より、サンリオの人気キャラクター『ハローキティー』とコラボした『ハローキティ新幹線』の運行を開始しました。これは、西日本地域の活性化を目指したものです。

車両は博多総合車両所の500系V2編成で、先日までエヴァンゲリオンのラッピングを纏っていた編成です。

外装はピンクの帯がまかれ、車端部にはリボンの絵とともに、各地域の特産物を手にしたハローキティのイラストが配置されています。

博多側1号車は、『HELLO!PLAZA』として、西日本の各地域を紹介するコーナーのほかに、特産物を購入できるスペースがあります。2号車は『KAWAII!ROOM』として、内装がハローキティ仕様となっています。


運転時刻(検査日などを除く)

博  多  6:40(こだま730号)→新大阪11:13
新大阪11:29→(こだま741号)→博  多15:38



20180701_01.jpg

20180701_02.jpg

続きを読む "山陽新幹線で500系『ハローキティ新幹線』の運行を開始"

2018年5月12日

125系が回送される


5月12日、敦賀地域鉄道部の125系F7編成が、京都総合運転所から湖西線経由で回送されました。
(何のための回送かは不明です。)


20180512_125_01.jpg

2018年3月17日

JR奈良線で205系1000番台が運用開始


JR奈良線では、3月17日のダイヤ改正より、元日根野区の205系1000番台の運用が開始されました。本日運用していたのは、205-1001と1004の2本で、103系と共通運用になっています。

気になる帯色は青色のままでしたが、今後塗り替えられるのか気になるところです。205系1000番台は5編成存在しており、奈良区103系を順次置き換えていくものと思われます。


奈良線の宇治川鉄橋を渡る205系1000番台。

20180317_01.jpg


20180317_02.jpg

木幡駅にて。しっかりと城陽行きの表示を出しています。

20180317_03.jpg

右下の所属表記は近ナラに変更されていました。
また、側面LED表示器に、路線記号である【D】が追加されています。

20180317_04.jpg

2018年3月 7日

和歌山線・桜井線に227系導入


3月7日、JR西日本は、2019年春からJR和歌山線・桜井線に新型車両を導入すると発表しました。同時に、車両内に『車載型IC改札機』を設置し、奈良県下の全てのJR線とJR和歌山線がICOCAエリアとなります。

JR和歌山線・桜井線(一部紀勢線)に導入される新型車両は227系です。
227系は現在は広島地区で活躍しており、近畿地区では初登場となります。

導入される車両数は56両(2両編成×28本)となっています。日根野電車区新在家派出(吹田総合車両所日根野支所の新在家派出所)には105系2両編成が48両、117系4両編成が20両配置されていますが、これがすべて227系2両編成で置き換えになります。


20180307_jrw.jpg

JR西日本ホームページより。

この227系の特徴として、安全性・快適性・利便性を追求した点があげられます。

安全性・・車両異常挙動検知装置や先頭車間転落防止ホロの設置、戸挟み検知装置、EB-N装置(運転士異常時列車停止装置)、とっさの際に掴まりやすい形状・オレンジ色調の吊手、手スリの採用

快適性・・多機能トイレ・車椅子スペース・LED照明・自動温度調節による空調の最適化

利便性・・ 車載型IC改札機の設置や、車内ドア上部の情報表示装置による行き先案内、自動案内放送(日英2カ国語対応)

車両デザインとしては、227系はもちろん225系100番台・521系の最新版とよく似ています。塗装は緑色となっており、これは奈良・和歌山エリアに共通する文化・歴史・自然の奥深さを表現した色となっています。塗装配置は225系100番台・521系とよく似た、車両先頭部から側面まで続くタイプとなっています。

車載型IC改札機は、列車の扉に改札が設けられたようなイメージとなっています。列車の乗車時にICカードをタッチし、降車時にICカードをまたタッチすることになります。バスと同じですね。

続きを読む "和歌山線・桜井線に227系導入"

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11