鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

2017年12月15日

JRグループ、30年3月17日にダイヤ改正


JRグループでは、2018年(平成30年)3月17日(土)にダイヤ改正を行います。


★ 新幹線

A.東海道・山陽新幹線

1.高頻度で臨時運行の『みずほ号』の時刻を変更します。
 
旧時刻:新大阪発10:20発(615号)・18:52発(619号) 鹿児島中央発11:25発(614号)・14:35発(616号)

新時刻:新大阪発11:52発(615号)・18:52発(619号) 鹿児島中央発11:24発(614号)・16:32発(616号)

B.北陸新幹線

1.金沢発上野行きの臨時『かがやき号』を運転します。

かがやき540号 金沢15:01発→富山15:21発→上野17:28着





★ 在来線(特急列車)

1.紀勢本線(きのくに線)

→特急『くろしお号』を新大阪~和歌山間で増発します。


【和歌山方面】

くろしお25号 新大阪18:45発→西九条18:53発→天王寺19:05発→日根野19:32発→和泉砂川19:37発→和歌山19:53着

くろしお35号 新大阪22:50発→西九条22:58発→天王寺23:11発→和泉府中23:28発→日根野23:37発→和泉砂川23:42発→和歌山23:58着

【新大阪方面】

くろしお2号 和歌山5:14発→和泉砂川5:29発→日根野5:34発→和泉府中5:44発→天王寺6:00発→新大阪着6:21


→特急『くろしお号』の運転区間・本数見直しについて

京都~新大阪間・・2往復から1往復へ
白浜~新宮間・・7往復から6往復へ

*なお、繁忙期は新大阪~新宮間の臨時列車の設定があります。


2.福知山線・山陰本線(嵯峨野線)

A.特急『こうのとり号』の運転時刻を見直します。

福知山から大阪方面へ向かう特急『こうのとり号』について、福知山駅を12時以降に発車する各列車の運転間隔を、おおむね1時間間隔に揃えます。

新設列車:こうのとり16号 福知山13:44発→大阪着15:24着
時刻変更:

17時台・・福知山17:22発→17:59発
18時代・・福知山18:17発→18:57発
19時・20時代・・福知山20:22発→20:01発

B.特急『きのさき・はしだて号』の運転時刻を見直します。

きのさき20号・・福知山17:28発→17:49発
はしだて8号・・福知山18:25発→18:54発
はしだて10号・・福知山19:29発→20:03発



★ 在来線(アーバンネットワーク)

1.東海道・山陽本線(JR京都線・琵琶湖線)

土休日ダイヤの午前中(大阪駅着10・11時台)に、草津始発の新快速を2本増発します。
このため、草津~山科間は新快速が毎時4本運転で15分毎、山科~大阪間は毎時5本運転となります。

草津9:37発→京都10:00発→大阪着10:28→
草津10:37発→京都11:00発→大阪着11:28→

なお、この時間帯を走る湖西線からの新快速は、時刻を約8分繰り下げて大阪止まりとなります。

大阪止まりとなる対象列車:永原8:54発、敦賀9:23発(改正前の時刻)の新快速

京都発:10:08発・11:08発(大阪止)


2. 阪和線・羽衣線から103系・205系が撤退

阪和線・羽衣線の車両が、223系・225系での運行に統一されます。
このため、103系・205系が残念ながら引退することになりました。
羽衣線は、鳳駅・東羽衣駅のホーム延伸が行われており、4両での運転になります。

3.大阪環状線からの阪和線直通列車増発

21時代に、大阪環状線からの阪和線直通列車を1本増発し、15分間隔での運転を22時代前半まで拡大します。また、23時44分ごろまで阪和線直通列車が20分間隔での運転となります。

なお、新大阪駅から阪和線に直通していた快速列車は、特急『くろしお号』に格上げされて廃止となります。

4.福知山線

16時以降に篠山口駅を発車する丹波路快速の時刻が変わります。
特急と丹波路快速が、おおむね30分間隔で発車となり、運転間隔が均等化されます。
なお、0時5分発福知山行きは運転取りやめになります。


3. 新駅開業

JR京都線・・・JR総持寺
おおさか東線・・・衣摺加美北(きずりかみきた)

*いずれも普通のみ停車

2017年10月28日

吹田総合車両所が一般公開される(2017年)


10月28日、JR西日本の吹田総合車両所が一般公開されました。
場内では、車両展示・鉄道グッズの販売など、鉄道に関する様々な体験型イベントが催されました。


車両展示で注目を集めたのは、環状線・大和路線・阪和線で運用されていた103系3色並び、201系&323系の並び、ジョイフルトレイン『あすか』・寝台特急『トワイライトエクスプレス』車両の展示でした。

今年も並んだ、3色の103系です。左から、森ノ宮区LA04編成(843-802)、日根野区HK605編成(835-842)、奈良区NS618編成(241-242)でした。


20171028_01.jpg

オレンジ103系(LA04編成)の前には、ありがとう大阪環状線103系のプレートも置かれました。運番は最終運用となった07Mのままでした。


20171028_02.jpg

201系と323系の並び。201系はLB05編成(89-89)の先頭車1両のみ、323系はLS11編成となっています。今、大阪環状線で見ることができる並びがここ吹田でも実現しています。323系の種別幕がなぜか[О]関空紀州路快速となっておりますが、分割併合できないのになぜこの種別を出せるのか疑問であります。

20171028_03.jpg

展示の左端に置かれたこの201系は、元森ノ宮区の LB08編成(93-93)です。
塗装変更の上、奈良区に転属する模様です。サハはどこへ行ったのでしょうか。。

20171028_04.jpg

20171028_05.jpg

クモヤ145に連結されていた、森ノ宮区103系(LA04編成)のモハユニット2両(モハ103-773?+モハ102-2030)です。

20171028_06.jpg

トワイライトエクスプレスの24系客車もまだ解体されてなかったようで、その姿をまた見ることができました。

20171028_07.jpg

ジョイフルトレイン『あすか』もまだ残っていました!
右はおなじみ事業用車『U-TEC』とクモヤ145系。
U@tech』は本線で走る機会はないのでしょうか。。

20171028_08.jpg

『あすか』の裏に、なんと381系がひっそりと隠れていました。
意外と廃車車両が残っててうれしい限りでした。

20171028_09.jpg


鉄道コムのブログランキングです。ぜひクリックをお願いいたします。

鉄道コム

2017年10月14日

桜井線・大和路線でブライダルトレインが走る


10月14日、JR桜井線(万葉まほろば線)・大和路線で、103系使用のブライダルトレインが走りました。

編成は、奈良電車区の103系NS401編成(167-168)です。奈良を出発し、桜井線~和歌山線を経由して、王寺から大和路線に入りJR難波まで運転されました。大和路線で団体臨時列車が運転されたのは久しぶりのことです。

編成の前後には、103系の前照灯をイメージしたデザインのヘッドマークが掲げられ、mariage 2017.10.14の文言が入っていました。

2910_103extra_01.jpg

2910_103extra_02.jpg

2910_103extra_03.jpg

2017年10月10日

奈良電車区に205系1000番台が留置される


最近、奈良電車区(吹田総合車両所奈良支所)に、日根野電車区(吹田総合車両所日根野支所)の205系1000番台が留置されています。

南アーバン掲示板に寄せられた情報によると、10月4日に1004番が、6日に1001番が1本ずつ回送されてきた模様です。205系1000番台は2016年12月23日をもって阪和線での運用を終了し、そのまま日根野区や新在家派出所で留置されていました。

奈良区の103系は非ユニット窓の初期編成が残っており、動向が注目されます。




201710_nara205_03.jpg


2017年9月19日

宮原所に疎開中の103系の様子(9月)


昨年12月ごろから、日根野区・森ノ宮区の103系が、宮原総合運転所に疎開留置されています。

9月10日早朝、宮原操車場に森ノ宮区103系LA3編成(841-848、osakapowerloopラッピング編成)が回送されています。宮原所の様子を見に行った日は、サロンカーなにわ+12系客車と、103系HK605(829-148)編成に挟まれて留置されていました。

2909_miyahara_103opl_2.jpg


宮原総合運転所を陸橋から眺めます。
見える範囲で、103系が4本疎開留置されています。
この奥に、先に回送された森ノ宮区のLA05編成(850-836)がいると思われます。


2909_miyahara_103opl.jpg


新幹線500系のラッピング編成『500 type eva』と103系『OSAKA POWR LOOP』ラッピング編成とのコラボ写真。疎開留置されるまでは絶対撮れなかったのでうれしいのですが、ここに置かれるということは、廃車前提ということなので複雑な気持ちです。


2909_miyahara_103opl_500typeeva.jpg

2017年8月23日

宮原所に疎開中の103系の様子(8月)


昨年12月ごろから、日根野区・森ノ宮区の103系が、宮原総合運転所に疎開留置されています。

宮原所に疎開中の森ノ宮区のLA05編成(850-836)ですが、新大阪駅側へと移動していました。陸橋からオレンジと青の103系を眺めることができます。


20170800_miyahara103.jpg

2017年7月20日

宮原所に疎開中の103系の様子(7月)


昨年12月ごろから、日根野区・森ノ宮区の103系が、宮原総合運転所に疎開留置されています。

7月20日確認
宮原所に、日根野区生え抜きの103系 HK604 (825-832) 編成が疎開留置されています。昨年12月12日に宮原所へ回送された模様です。
また、その横には、103系HK605(829-148)編成も疎開留置されていました。今年7月4日に宮原所に回送された模様です。


20170720_01.jpg

宮原所を少し西へ進むと、日根野区103系 HK602編成(261-800) 編成が疎開留置されています。昨年の12月10日以来この場所にとどまっています。
(フェンスが写ってしまっています、すみません。)

20170720_02.jpg

さらに西へ進むと、日根野区103系 HK608編成(244-844) 編成が疎開留置されています。今年7月5日に宮原所に回送された模様です。なお、HK608編成の横には、森ノ宮区のLA05編成(850-836)が留置されています。

20170720_03.jpg

20170720_04.jpg

トワイライトエクスプレス瑞風と103系の並び。
いつまでこの光景を見れるのでしょうか。。

20170720_05.jpg


2017年6月17日

『トワイライトエクスプレス 瑞風』運転開始


6月17日、クルーズ型寝台列車『トワイライトエクスプレス 瑞風』が運転を開始しました。
『トワイライトエクスプレス 瑞風』は、2015年3月に運行を終了した、寝台特急『トワイライトエクスプレス』を受け継ぐ列車です。

『トワイライトエクスプレス 瑞風』のルートは3ルートあり、山陽コースと山陰コース(1泊2日)、山陽山陰コース(2泊3日)となっており、西日本各地の名所に立ち寄って観光できるのがポイントです。


6月17日の運転初日は山陰コースとなり、大阪駅→(山陽コース)→京都駅→(山陰コース)→城崎温泉→萩→下関と回る予定となっています。


20170617_01.jpg

2017年5月27日

281系『はるか号』使用の団臨が湖西線を走る


5月27日、281系『はるか号』使用の団体列車が、関西空港→おごと温泉間で走りました。
これは、「はるか車両で行くおごと温泉のたび」ツアーの開催に伴うものです。

普段は走らない湖西線を走行するのは大変珍しいことです。

使用されたのは、281系第5編成でした。

20170527_02.jpg


おごと温泉駅で乗客を降ろし、しばらく待機しています。
駅名と281系と電光掲示板を一緒に撮影。


20170527_03.jpg


特急サンダーバード号と並ぶ、281系団臨。


20170527_05.jpg


特急『はるか号』は、普段は山間部を走行しないため、新鮮な光景となりました。


20170527_04.jpg



2017年5月 5日

大阪環状線に映画『たたら侍』のラッピング列車が走る


大阪環状線で、5月20日に上映が開始される映画『たたら侍』のラッピング列車が走っています。

広告列車に起用された編成は、森ノ宮電車区201系 LB02編成です。
前面運転台窓下部に『たたら侍』のロゴが入ったステッカーが、側面には出演者や映画ロケが行われた、山陰各地の風景がラッピングされています。

運行は5月31日までです。



290504_01.jpg

続きを読む "大阪環状線に映画『たたら侍』のラッピング列車が走る"

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11