鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

JR西日本

2020年2月19日

奈良所201系運行終了へ 網干所からの221系転属で


2月19日、JR西日本は、JR京都線・JR神戸線などへ225系を新製投入し、223系への車内ディスプレイを設置すると発表しました。
網干総合車両所への225系の投入に伴い、同所の221系は吹田総合車両所奈良支所に順次転属となります。この影響で201系が置き換えられることになりました。



20200219_01.jpg


1.225系の追加投入

2020年度より3年間かけて、225系を144両新製投入します。
網干所には221系が136両所属していますので、8両増えます。また、221系性能に合わせた223系6000番台(V編成4両×5編成=20両)もは元の223系性能に戻ると思われ、JR京都線・琵琶湖線・神戸線の快速・新快速は、性能が統一された車両で運用できることになります。こうなると、ダイヤ乱れ時の車両運用がやりやすくなりますね。車両が増加する分は、6両快速の増結に回してほしいところです。


▼225系100番台の新快速。このタイプが投入されるものと思われます。

20200219_02.jpg




2.網干所221系は奈良所へ→201系運行終了へ

225系の新製投入に伴い、長らく網干所で活躍した221系は、吹田所奈良支所へ転属することになります。同所には201系(ND編成6連×22編成)が132両所属しており、これを3年間かけて置き換えていく予定です。
網干所221系の内訳は、A編成8連×5編成、B編成6両×14編成、C編成4両×3編成=136両となっており、201系をすべて置き換える場合は、A編成のモハ220・サハ220を、C編成の2編成に挿入する必要があります。もしくは、奈良所の221系を巻き込んだ車両の組成変更の可能性もあり、このあたりはお楽しみといったところですね。
また、4両+4両で8両を組んでる大和路快速は、座席数や天王寺駅引上げ線での乗務員さんの移動の関係で8連に変更したほうがいいのでは・・と思うのですが、201系を置き換えるための転属なので、今回は難しいかもしれません。今度のダイヤ改正で大和路快速は8連、みやこ路快速は6連に統一されますので、もしかしたら予想ができるかもしれませんね。

さらに、おおさか東線に221系が運用されるとなれば、新大阪~奈良間で運行中の「直通快速」も、もしかしたら221系で運用されるかもしれませんね。1時間の距離をお手洗いなしのロングシート車は厳しいものがありますので、設定当初と同じ3扉転換クロスシートのお手洗い付き車両だと快適に移動できそうです。

▼朝陽を浴びて上淀川鉄橋を渡る221系です。

20200219_06.jpg

▼221系と223系6000番台の併結列車です。こういった混色編成?も見納めになります。

20200219_03.jpg

▼11年程前の写真です。久宝寺駅で201系が3編成も並んでいました。ウグイスカラーの車両もまもなく見納めになります。

20200219_05.jpg

▼おおさか東線を走る221系。保安列車として運行されますが、近い将来この光景が実現するのかもしれません。まさか直通快速が221系で運行される?!

20200219_07.jpg


また、奈良線で現在運行中の103系については、プレスリリースでは言及がありませんでした。こうなると、まだまだ元気に活躍し続けると思うかもしれませんね。実は、大和路線の103系6連が運行終了したときは、一切発表がありませんでした。運用の効率化により余剰廃車の可能性も十分に考えられますので、奈良所201系と合わせて撮影・乗車はお早めに!

お役立ちリンク

運用表

写真集


2019年12月14日

JRグループ、2020年(令和2年)3月14日にダイヤ改正


JRグループでは、2020年(令和2年)3月14日にダイヤ改正を行います。


★ 新幹線

A.東海道・山陽新幹線

A-1.「のぞみ12本ダイヤ」がスタート、所要時間が短縮します。 

1.東海道新幹線では、『のぞみ号』の本数を最大10本から12本に増発し、東海道・山陽新幹線を直通する列車を、臨時列車を含めて全てN700A系で運転します。

主に12本運転になるのは、金曜日の夕方や連休など需要の多い時間帯・時期で、東京発が7時台から20時台、上りが9時台から22時台です。また、東海道新幹線から山陽新幹線に直通する臨時『のぞみ号』を増発し、最大6本以上運転可能な時間帯が増えます。

さらに、東京~新大阪間の所要時間は最大7分短縮され、すべての『のぞみ号』が2時間30分以内で運転されます。所要時間が6~7分短縮されるのは、東京駅が12分発、48分、54分発の臨時『のぞみ号』で、それ以外は3分短縮となります。
これにより、東京駅と岡山・広島・博多駅間で「のぞみ」の所要時間が2~3分短縮します。さらに、毎日運転する「のぞみ」の平均所要時間は、東京駅と博多駅間で4時間台になります。

▼西明石駅を通過するN700A系『のぞみ号』

20191213_02.jpg


ダイヤ改正後の『のぞみ号』平均所要時間

東京~岡山間・・3時間20分→3時間17分
東京~広島間・・3時間57分→3時間55分
東京~博多間・・5時間01分→4時間59分


B.山陽新幹線・九州新幹線

B-1.『みずほ号』を1往復増発

*臨時列車として運転していた『みずほ号』が定期列車になります。

613号:新大阪18:06発→鹿児島中央21:57着
608号:鹿児島中央10:49発→新大阪14:38着 

これにより、新大阪~鹿児島中央間の『みずほ号』は8往復となります。


B-2.『みずほ号』・『さくら号』の停車駅増加


新山口に追加停車
・『みずほ605号』(新大阪8:55発→鹿児島中央12:41着)
・『みずほ610号』(鹿児島中央16:46→新大阪20:39着)

福山に追加停車
・『みずほ607号』(新大阪11:06発→鹿児島中央14:55着)
・『みずほ613号』(新大阪18:06発→鹿児島中央21:57着)

・『みずほ604号』(鹿児島中央8:50→新大阪12:38着)
・『みずほ608号』(鹿児島中央15:51→新大阪19:38着)


*『みずほ号』は主要駅のみ停車し、最速で大阪と九州を結ぶイメージがあったのですが、ここにきて「停車駅が増えていますね。いつも混雑していて指定券が取れないと聞いているだけに意外な展開です。


『さくら554号』(鹿児島中央11:34→新大阪15:38着)が、新たに徳山に追加停車

▼西明石駅を通過するN700系S編成。

20191213_03.jpg


C:在来線特急

C-1:特急『はるか号』全列車が9両に統一

関空特急『はるか』号は、基本的に281系6両編成で運転されており、ラッシュ時(平日6本・土休日3本)のみ付属編成を連結して9両編成となっています。
最近は利用客が増加していることもあって、新型車両271系(3両編成×6本=18両)を投入し、1日30往復、60本すべてが9両編成に統一されます。これで自由席の着席チャンスが増えますね。


*ところで、271系も281系も連結面は貫通できそうでできないので、6号車と7号車の間を行き来できないのは不便ですね。自由席の空席を探すときに困ります。。

▼鳳駅を通過する271系同士の6両。

20191213_04.jpg

▼9両編成の特急『はるか号』

20191213_05.jpg

C-2:「パンダくろしお『Smile アドベンチャートレイン』」が毎日同じ時刻で運転

287系「パンダくろしお『Smile アドベンチャートレイン』」が、ダイヤ改正後は以下の列車で毎日運転されます。

くろしお6号 新大阪行き・・海南発→和歌山6:26(6:38)→天王寺7:23(7:30)→新大阪7:50着
くろしお3号 白 浜行き・・新大阪9:03(9:01)発→天王寺9:21(9:23)発→和歌山10:05発→白浜11:37着
くろしお26号 新大阪行き・・白浜15:19発→和歌山16:49発→天王寺17:32(17:33)→新大阪17:50着
くろしお25号 和歌山行き・・新大阪18:45発→天王寺19:05(19:03)発→和歌山19:53発

*カッコ内は土休日運転時刻

▼桜満開の山中渓をゆく287系「パンダくろしお『Smile アドベンチャートレイン』」

20191213_06.jpg

C-3:特急『くろしお号』全列車が日根野駅に停車

以下の特急『くろしお号』が新たに日根野駅に停車します。
これにより、全ての『くろしお号』が日根野駅に停車することになりまs。

くろしお15号白浜行き
くろしお17号新宮行き

くろしお16号新大阪行き
くろしお20号新大阪行き
くろしお36号新大阪行き

C-4:特急『サンダーバード号』一部列車の時刻を変更

大阪駅10:12発の特急『サンダーバード15号』は金沢止まりに、
大阪駅10:42発の特急『サンダーバード17号』を和倉温泉行きにします。


D:南アーバン地区 各路線普通列車

D-1:大和路線『大和路快速』が8両編成統一へ

221系『大和路快速』は、6両編成と8両編成が存在していましたが、すべての『大和路快速』が8両編成で統一されます。また、これにより、大阪環状線を走る普通列車すべてが8両編成となり、乗車位置が統一されます。

*ようやく8両編成に統一されました!このおかげで、着席チャンスの拡大と特に大阪環状線内での混雑緩和が期待されます。6両編成が来たら正直見送っていたこともありましたが、その心配もなくなるようで安心しました。また、網干区から車両が回ってくるのでしょうか?留置場所はこれ以上なさそうですが。。

▼8両編成の『大和路快速』

20191213_15.jpg

D-2:奈良線『みやこ路快速』が6両編成統一へ

221系『みやこ路快速』は、4両編成と6両編成が存在していますが、土休日ダイヤのみ全列車が6両編成に統一されます。

*大和路快速で運用していた6両編成が、みやこ路快速に回るようですね。逆に4両編成は重連を組んで『大和路快速』に入るのでしょう。どちらの列車も観光客が増えて混雑していたので大変ありがたい話です。しかし、これだけで4両編成が足りるとは思わないのですが、いったいどこから4両を持ってきたのでしょうか??

▼6両編成の『みやこ路快速』

20191213_16.jpg

D-3:大和路線・和歌山線で昼間時の列車を見直し

大和路線のJR難波~高田間を直通する快速列車等の運転を取りやめます。
対象時間帯は平日の概ね10~17時台、土休日の概ね11~17時台です。
なお、和歌山線内(王寺~高田間)は227系1000番台での運行になります。

ついに昼間の高田快速が廃止なるんですね。大和路快速と比べて乗客が少なく、難波・天王寺から和歌山線内へ乗りとおす乗客が昼間は少なかったのでしょう。2011年ダイヤ改正以降、3本から2本に減便され、近鉄大阪線(大阪上本町から急行が3本、大阪難波から特急が1本)・南大阪線(大阪阿部野橋から特急が2本、急行が2本)より本数が少なくなったのも影響してそうです。
この廃止により、221系4連車が余るので、上記みやこ路快速運用の4連車と合わせて大和路快速の増結に回るようです。そして、JR難波から昼間の快速列車が消滅します。以前は高田行きが3本、関西空港行きが1本出ていたのが懐かしいです。また、新今宮・天王寺・久宝寺~王寺の各駅相互間の有効本数が6本から4本に減ることになり、大和路快速8連化の代償とはいえ、不便に感じますね。

▼和歌山線内を走る(当時)区間快速JR難波ゆき

20191213_11.jpg

D-4:桜島線(ゆめ咲き線)

平日の朝ラッシュ時に列車を増発します。
増発される時間帯は7時30分~8時30分の間で、西九条~桜島間の列車を2往復増発します。
この時間帯はおおむね6分間隔で運転されます。

この増発のために、323系LS22編成(近車製)を製造し、西九条駅構内に渡り線を新設しています。
新大阪方面から天王寺へ向かう下り特急は、西九条駅の中線を通過していましたが、この渡り線を通ることで4番線(内回りホーム)を通過することになります。その空いた中線を使って桜島行きの列車を増発するわけです。

プレスリリースでは平日の朝ラッシュ時のみ掲載されていましたが、ほかの時間帯でも増発があるのかどうか気になりますね。

▼安治川口駅に到着する323系LS22編成(ハローキティコラボ)

20191213_08.jpg

 D-5:阪和線・きのくに線 御坊~紀伊田辺間の113系ワンマン列車を227系1000番台に置き換えます。

113系でありながら、103系の顔をした特異な形状の車両でしたが、ダイヤ改正を持って引退のようです。。

20191213_18.jpg

E:北アーバン地区 各路線普通列車

E-4:山陰本線(嵯峨野線) 一部列車を8両に増強(土休日) 

土休日ダイヤに限り、朝夕の一部列車を4両から8両に増結します。
新たに増結となる列車は以下の通りです。

京都駅→下り亀岡方面
  9:14発 亀岡行き
10:27発 園部行き
15:42発 亀岡行き
16:58発 亀岡行き
18:18発 園部行き

嵯峨嵐山駅→上り京都方面
 8:53発 京都行き
10:01発 京都行き
15:16発 京都行き
16:31発 京都行き
17:47発 京都行き 

▼山陰本線(嵯峨野線)八木~千代川間を行く221系8両編成

20191213_13.jpg

E-5:福知山線(JR宝塚線) 昼間の丹波路快速・快速を格下げ

福知山線(JR宝塚線)で運行している丹波路快速・快速のうち、以下の時間帯を走る列車は、区間快速に格下げとなります。
対象時間帯は、平日の概ね11~15時台、土休日の概ね12~15時台です。

丹波路快速・・・新たに道場・武田尾・生瀬に追加停車します。
快速・・・・・・宝塚折返しを新三田まで延長し、宝塚~新三田間の各駅に停車します。
普通・・・・・・新三田行きを宝塚行きに短縮します。

*普通の利用客が少ない区間の見直しが、ついに福知山線にも波及してきました。
宝塚から先は山間部に入り乗客も少ないので、15分間隔で7両編成の普通を走らせるより、手前で折り返す4両の快速を有効活用するのが目的のように思います。そうすることで、大阪駅へ最速かつ乗り換えなしでいけるようになります。普通より快速のほうが運転距離が短いのは、JR西日本では珍しいと思います。
大阪から篠山・丹波方面への速達列車である丹波路快速は、おそらく3分~4分ぐらい所要時間が延びてしまいそうで、4両編成(今でもあるのかな?)だと余計に混雑しそうですね。6両・8両を増やしたので問題がないと判断したのかもしれませんが。一番気になるのは、停車駅が増えることにより、大阪駅の発車時刻を早めるか、篠山口到着を遅くするかです。後者の場合、単線区間を走るワンマン電車の時刻を見直さなければならず、福知山周辺の各路線にも影響します。

20191213_17.jpg



2019年12月 8日

大阪環状線323系に、クリスマス仕様が施される


大阪環状線(森ノ宮電車区)の>323系1編成に、毎年恒例のクリスマス特別仕様が施されています。
クリスマス特別仕様を施されたのは、323系第14編成(LS14)です。

特別仕様の内容は、正面と側面のLED種別表示枠にクリスマスツリーを表示させ、路線記号とツリーを交互表示させています。

12月25日まで運行しています。




20191208_01.jpg

20191208_02.jpg

2019年11月10日

京キト113系『SHINOBI-TRAIN』が団臨で運用される


11月10日、京都総合運転所113系LB6編成(クハ111-7704~7754、【SHINOBI-TRAIN】)が、団臨として大阪→草津→貴生川間を走行しました。

これは、滋賀県が主催した『滋賀・信楽のまち体験ツアー』の開催によるものです。
信楽は、NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』の舞台になっており、ドラマヒロイン追体験プロジェクトとして企画されたものです。


20191110_01.jpg

2019年9月29日

奈良区201系ND615編成の床下機器がグレー色に


奈良区201系ND615編成(142-142)の床下機器が、グレー色に変化しているのを確認しました。
同区201系でグレー色に塗られたのは、ND614編成(139-139)に続き2編成目です。

同編成は8月に吹田工場に検査入場し、その際にグレー色に塗られた模様です。


20190928_01.jpg


グレー色に塗られたおかげで、床下機器が目立つようになりましたね。。


20190928_02.jpg

2019年9月16日

大阪環状線と大和路線で『ラグビーワールドカップ2019』ラッピング列車運転開始


JR西日本では、9月20日から始まるラグビーワールドカップ2019日本大会のPRのため、主な2路線でラッピング列車を運転しています。


1.大阪環状線

  • 対象車両・・森ノ宮区323系 (LS14)
  • 運行路線・・大阪環状線・桜島線(ゆめさき線)
  • 運行期間・・9月8日(日)~10月末ごろまで
  • ラッピング個所・・側面窓周囲

20190916_01.jpg

側面のラッピングの様子です。
窓の周りに、ラグビーに関するラッピングが貼られており、大変にぎやかになっています。

20190916_02.jpg

大阪・東大阪開催がアピールされていますね。

20190916_03.jpg



2.大和路線

  • 対象車両・・奈良区201系 (ND612編成)
  • 運行路線・・大和路線・おおさか東線・和歌山線(王寺~高田)
  • 運行期間・・9月15日(日)~10月末ごろまで
  • ラッピング個所・・側面扉左右、編成前後に異なるデザインのヘッドマーク掲出

20190916_05.jpg

20190916_06.jpg


側面のステッカーです。
大会公式マスコットのレンジーと、東大阪市マスコットキャラクターのトライくんがデザインされています。

20190916_07.jpg

ヘッドマーク

201系には、大会マスコットキャラクター『レンジー』のヘッドマークが掲出されています。

奈良側のヘッドマークは赤色

20190916_08.jpg

JR難波側のヘッドマークは白色

20190916_09.jpg

2019年9月14日

227系1000番台が日根野区に回送される


9月14日、227系1000番台が、日根野区に回送されました。
この編成は、2両編成×3編成の6両編成で、車両番号はSS01~SS03となっています。

先日製造元である川崎重工兵庫工場からメーカー出場し、試運転を行っていました。
今回は所属区である日根野区への回送の模様です。

この227系SS編成の増備により、置き換えられる105系の動向が気になるところです。


▼227系1000番台SS01編成のクモハ227-1023~を先頭に、阪和線を南下していきました。

20190914_01.jpg


20190914_02.jpg

2019年9月10日

JR七尾線に521系投入へ


9月10日、JR西日本は、2020年秋ごろからJR七尾線に新型車両を導入すると発表しました。同時に、車両内に『車載型IC改札機』を設置し、七尾線全線がICOCAエリアとなります。

七尾線に導入される新型車両は521系で、同形式車両が北陸本線や金沢以東の各第三セクターで運用されています。

今回導入される521系の車両数は30両(2両編成×15本)となっています。金沢総合車両所には413系が18両(3両編成×6本)、415系が27両(3両編成×9本)が配置されていますが、これがすべて521系2両編成で置き換えになります。


20190910_521.jpg

JR西日本ホームページより。

521系の特徴


安全性・・車両異常挙動検知装置や先頭車間転落防止ホロの設置、戸挟み検知装置、EB-N装置(運転士異常時列車停止装置)、とっさの際に掴まりやすい形状・オレンジ色調の吊手、手スリの採用

快適性・・多機能トイレ・車椅子スペース・LED照明・自動温度調節による空調の最適化

利便性・・ 車載型IC改札機の設置や、車内ドア上部の情報表示装置による行き先案内


車両デザインとしては、521系の最新版とよく似ています。塗装は茜色となっており、これは輪島塗を連想させる茜色をラインカラーとなっています。塗装配置は225系100番台・521系第3次車とよく似た、車両先頭部から側面まで続くタイプとなっています。

車載型IC改札機は、列車の扉に改札が設けられたようなイメージとなっています。列車の乗車時にICカードをタッチし、降車時にICカードをまたタッチすることになります。バスと同じですね。

今度導入される521系は、まるで北陸版227系のような印象を受けました。
ただ、新型車両が導入されたとしても、いいことばかりではありません。

新型521系と、置き換え対象の413系・415系の編成数は15本で同じですが、1両減車されて2両編成となります。これでは混雑が増し、着席機会が減少してしまいます。3両編成で置き換えてほしかったところですね。



置き換えられる車両は・・・


この521系登場に伴い、七尾線で運行している413系と415系800番台が置き換えられることになりました。

413系は、元急行型だった457系から機器を再利用し、車体のみ新規製造された形式です。2編成のみ、片方の先頭車が急行型(クハ455形700番台)となっています。

20190910_413.jpg


415系800番台は、1991年の七尾線電化の際に、直流電車である113系を改造して交直流電車に改造した形式です。交直流機器は、485系から改造された福知山所の183系800番台から転用しています。アッと驚くような改造ですね。

485系+113系=183系+415系

20190910_415.jpg

2019年8月22日

特急『まほろば号』が臨時運行へ


JR西日本では、秋の行楽シーズンに合わせて、新大阪~奈良間を特急『まほろば号』が臨時運行すると発表しました。特急『まほろば号』の運転は、2010年に平城遷都1300年に合わせて開催された奈良ディステネーションキャンペーン以来です。



臨時特急列車の概要

 ・列車名・・「まほろば」
 ・運転日・・2019年11月2日~12月8日までの土曜日・休日(計13日間)
 ・区 間・・新大阪~奈良駅間 (途中停車駅なし)
 ・本 数・・1日あたり1往復
 ・時 刻・・
 新大阪 10:03発→奈 良 10;53着
 奈 良 16:56発→新大阪 17:47着

 ・車両・・287系3両編成
 ・座席設定・・1・2号車指定席・3号車自由席
 ・料金・・新大阪~奈良駅間1,730円(通常期・指定席特急券 大人1名)

190822_01.jpg


今年3月におおさか東線が全面開通したことで、おおさか東線を経由して新大阪と奈良を結ぶ特急列車が設定されるのでは・・と思っていました。現在も「直通快速」が運転されていますが、トイレなしのオールロングシートで1時間の乗車はさすがにつらいものがあります。特急列車の設定で観光客には喜ばれるでしょう。

この臨時特急『まほろば』号で一番驚いたのは、新大阪~奈良間がノンストップという点ですね。2010年の運転の際は、新大阪~(梅田貨物線)~天王寺~王寺~法隆寺~奈良と停車駅がありました。世界遺産である世界最古の木造建築『法隆寺』最寄りの法隆寺駅すら通過してしまうのは、思い切った設定ですね。。

新大阪~奈良間の特急料金は1,730円です。これはA特急料金設定のようですが、南アーバンの各特急列車はB特急料金なので、割高に感じます。ただ、新幹線から乗り継げば特急料金は半額になるので、気にならないかもしれませんね。


続きを読む "特急『まほろば号』が臨時運行へ"

2019年7月16日

紀勢本線でサロンカーなにわを使用の『紀勢本線全通 60 周年記念号』が走る


7月15日、紀勢本線(きのくに線)で、宮原所のジョイフルトレイン『サロンカーなにわ』を使用した団体貸切列車『紀勢本線全通 60 周年記念号』が運転されました。

ツアー経路は和歌山~新宮の往復で、往路が14日、復路が15日に運転されています。
牽引はDD51-1183[宮]。サロンカーなにわは所定7両のところ、5両に減車されていました。
ヘッドマークは『紀勢本線全通 60 周年記念』の特製デザインでした。

復路のみ

20190716_01.jpg

特製ヘッドマークはこちら。
和歌山市~亀山間を結ぶ紀勢本線のうち、JR東海が管轄するエリアで最後に開通した区間(三木里~新鹿間)が黒く表示されています。

20190716_02.jpg

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11