鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

2018年7月 7日

【阪急】宝塚線の車両に、ダイヤ改正PRヘッドマークが掲出される


阪急電鉄では、7月7日に宝塚線のダイヤ改正を行います。
そのダイヤ改正をPRするヘッドマーク・ステッカーを、一部編成に掲出しています。


・掲出期間・・6/20(水)~7/14(土)予定
・掲出編成・・宝塚線で運用される10編成


掲出確認できた編成はこちら。

5100系・・5106F
6000系・・6000F
8000系・・8004F、8006F、8007F
9000系・・9010F
1000系・・1006F



20180707_00.jpg

HMを掲出している、8000系8007F。

20180707_01.jpg

2018年5月22日

【阪急】宝塚線で、7月7日にダイヤ改正


阪急電鉄では、2018年7月7日に宝塚線のダイヤ改正を行います。

ダイヤ改正日:7月7日(土)
対象ダイヤ:主に平日

1.朝ラッシュ時[平日]

  1-a.特急日生エクスプレス・・運行時間帯が10分早くなります。日生中央発の特急始発時刻は、6:31発となります。

   1-b.通勤特急・・運行時間帯を25分早めて、1本増発します。川西能勢口の通勤特急始発時刻は、6:57発となります。また、川西能勢口の始発列車の発車ホームを2号線に統一し、停車時間を十分に確保します。

  1-c.普通・・箕面発梅田行き直通普通と、豊中始発の普通の一部が、池田始発普通などに置き換えられます。なお、箕面線内は現在の本数を確保し、7時30分~8時30分の間では1本増発となります。また、豊中→梅田間の所要時間が24分10~40秒から、21分10~50秒に短縮されます。なお、曽根での準急との接続は無くなります。

  1-d.箕面線・・箕面線内を運行する石橋行きは、石橋で特急日生エクスプレス・通勤特急と2~4分で接続し、梅田までの所要時間を短縮します(箕面→梅田間の最速所要時間26)。

  1-e.宝塚発・・宝塚発は、急行と準急を交互に運転し、全て梅田まで先着となとなります。

2.夕ラッシュ時[平日]

  2-a.普通・・梅田発箕面行き直通普通を、雲雀丘花屋敷ゆき急行に置き換えます。これに伴い、普通は雲雀丘花屋敷ゆきから、川西能勢口ゆきに変更します。なお、箕面線内は現在の本数が確保されます。梅田~石橋間では、普通の運転間隔が10分間隔に減便となります。


3.夜間・深夜時間帯[土休日]

 →21時台から12分間隔での運転となっていますが、19時台から12分間隔での運転になります。これにより、宝塚駅での今津線との接続が改善されます。

4.平日・土休日の昼間

 →現行ダイヤと同じダイヤパターンでの運転です。


阪急電鉄発表資料

2018年5月 5日

【阪急】5000系車両誕生50周年記念列車運行中


阪急電鉄では、4月7日より、『5000系車両誕生50周年記念列車』を運転しています。
これは、神戸線などで運行されている5000系車両が、1968年に登場して今年で50周年になることを記念したものです。奇しくも、今年は神戸高速鉄道が開業してから50周年を迎えており、神戸線にとっては記念すべき年でもあるようです。

5000系はデビュー当初から神戸線で活躍してきましたが、最近は8両から6両に短縮して今津線で走る編成も増えてきました。

記念列車は、5000系車両のトップナンバーである5000Fを充当し、前後でデザインの異なるヘッドマークを掲出しているほか、旧社章をシールで再現しています。

記念列車の運行は6月30日までとなっています。


*取材・掲載が遅くなりましたことをお詫びいたします。

20180505_01.jpg

20180505_02.jpg

続きを読む "【阪急】5000系車両誕生50周年記念列車運行中"

2018年4月 7日

【阪急】神戸高速線開通50周年記念ヘッドマークを掲出


阪急電鉄では、神戸高速線が4月7日(土)に開通50周年を迎えたことを記念して、一部編成に記念ヘッドマークを掲出しています。
ヘッドマークは、編成の前後で異なるデザインを掲出している上に、両型式でヘッドマークの掲出位置も異なっています。両編成が並ぶと違うデザインのHMが一度に見ることができますね。

掲出編成は以下の通りです。
5000系5001F (5001~5053)
1000系1008F (1008~1108)


20180407_01.jpg

20180407_02.jpg

2018年3月18日

【阪急】各本線に新しいラッピング列車が登場


阪急電鉄では、沿線の活性化と旅客誘致を目的に、新たに沿線の観光スポットなどを車両側面にデザインしたラッピング列車の運行を開始しました。同時に、スタンプラリーも開催されています。

この列車は、昨年まで京都線・宝塚線・神戸線で運行されていたラッピング編成【古都】【宝夢】【爽風】に続く第2弾です。
今回も愛称は引き継がれますが、今回のラッピングのデザインは、地元出身のクリエイターが手掛けています。沿線の観光スポットなどを、それぞれのクリエイターの作風や世界観により表現しているのが特徴です。
編成の前後には、愛称とイラストが描かれたヘッドマークも掲出しています。このヘッドマークは、編成の前後でデザインが異なっています。


各線でラッピングされた編成は以下の通りです。
各線とも8連固定のため、嵐山ゆき直通特急には入りません。

京都線・・・1300系1301F(写真なし)
宝塚線・・・1000系1001F
神戸線・・・1000系1002F

期間は3/17(土)~2019年3月31日(日)までです。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

京都線 1300系1301F 【古都】
デザイナーは、『花と妖精』の世界で親しまれるイラストレータの永田萠さん

(写真は撮れ次第掲載します)

宝塚線 1000系1001F 【宝夢】
デザイナーは、漫画『ベルサイユのばら』で有名な漫画家の池田理代子さん

20180318_05.jpg

神戸線 1000系1002F 【爽風】
デザイナーは、人気ミュージシャンのCDジャケットや文庫書籍の表紙などを手がけるイラストレーターの中村佑介さん

20180318_01.jpg

2017年12月18日

【阪急】5000系に、阪神競馬場G1レースのヘッドマークを2種類掲出


阪急電鉄では、阪神競馬場で12月に行われるG1レース開催に合わせて、今津線の車両にヘッドマークを掲出します。G1レースは12月中に2回開催され、それぞれのレースにちなんだデザインとなっています。

1・・12/1(金)頃~12/10(日)・・12/10開催『阪神ジュベナイルフィリーズ』
2・・12/11(月)頃~12/17(日)・・12/17開催『朝日杯フューチュリティステークス』

それぞれ、6両編成2本に掲出される予定となっています。


1.『阪神ジュベナイルフィリーズ』

HM掲出編成・・5000系 5004F  5012F


20171202_01.jpg

20171202_02.jpg


2.『朝日杯フューチュリティステークス』

HM掲出編成・・5000系 5002F  5006F

291217_11.jpg

291217_12.jpg

291217_13.jpg


2016年12月31日

【阪急】2017年初詣・西国七福神HM掲出開始


阪急電鉄では、年末年始にあわせて『2017年初詣』と『西国七福神』のヘッドマーク掲出を開始しています。ヘッドマークは神戸線・宝塚線・京都線の一部車両に取り付けられています。

→初詣ヘッドマーク
2017年の鳥年にあわせたデザインとなっています。

→西国七福神ヘッドマーク
9000系と七福神のイラストが描かれています。

12/29現在、HM掲出を目撃した編成は以下の通り。

京都線・・9300F(初詣)、3331F(西国七福神)
宝塚線・・1006F(西国七福神)、8005F(初詣)
神戸線・・5012F(西国七福神


掲出期間は、『2017年初詣』が1/7(土)まで、『西国七福神』が1/31(火)まで。
阪急の場合は終了日数日前より取り外すことがあるので、撮影はお早めに。

詳細は【レールファン阪急】へ。


2017年初詣ヘッドマークのアップ。

161229_11.jpg


2017年西国七福神ヘッドマークのアップ。


161229_10.jpg



続きを読む "【阪急】2017年初詣・西国七福神HM掲出開始"

2016年11月 8日

【阪急】『もみじ』のヘッドマーク掲出(2016年)


阪急電鉄では、京都・神戸・宝塚の各線を走る車両に、『もみじ』ヘッドマークの掲出を開始しています。
これは毎年秋のシーズンに取り付けているもので、今年のデザインは、昨年と同様になっています。

掲出期間は、10月31日(月)~11月30日(水)の間となっています。
掲出編成は、各線とも4編成ずつです。


11/7現在、もみじHM掲出を目撃した編成は以下の通り。

京都線・・9302F・9303F・3305F
宝塚線・・1004F・6000F・5100系の1編成
神戸線・・1000F・5006F

281106_01.jpg

『スヌーピー&フレンズ号』の1301Fと並ぶ様子。

281106_02.jpg

最古参3300系にもヘッドマークが掲出されています。

281106_03.jpg

2016年10月 1日

【阪急】『スヌーピー&フレンズ号』が運行開始


阪急電鉄では、10月1日より、『スヌーピー&フレンズ号』が運転を開始しました。
これは、スヌーピーで有名な『PEANUTS』とのコラボ企画の一環です。
同時に、スタンプラリーも開催されています。

『スヌーピー&フレンズ号』は、京都線・宝塚線・神戸線で各1編成ずつ運転されています。
先頭車には、編成の前後でデザインの異なるヘッドマークが掲示されています。ヘッドマークの絵柄は、梅田側先頭車はスヌーピーが、反対側の先頭車にはリピーナッツの物語に登場するキャラクターも一緒に登場(各路線でデザインが異なる)しています。中間車と先頭車の側面にもピーナッツのイラストステッカーも貼られているほか、車内にもピーナッツのイラストがたくさん掲出されている模様です。

各線の『スヌーピー&フレンズ号』号の形式・編成は以下の通り。

京都線・・1300系1301F
宝塚線・・1000系1001F
神戸線・・1000系1007F

『スヌーピー&フレンズ号』号の運転は、2017年1月9日までです。


*10/08、京都線1301Fの写真を追加しました。


神戸線の『スヌーピー&フレンズ号』

281001_01.jpg

281001_02.jpg

281001_03.jpg


宝塚線『スヌーピー&フレンズ号』


281001_04.jpg

281001_05.jpg

281001_06.jpg


京都線『スヌーピー&フレンズ号』


281008_03.jpg

281008_04.jpg

281008_05.jpg

2016年4月 4日

【阪急】「神戸市内高架延伸線開通80周年記念」ヘッドマークを掲出


阪急電鉄では、神戸線を走る編成の一部に、「神戸市内高架延伸線開通80周年記念」ヘッドマークを掲出しています。これは、現在の王子公園駅付近~三宮駅の開通から80年を迎えることを記念したものです。

ヘッドマークのデザインは2種類用意されており、編成の前後で異なっております。
大阪方は阪急神戸ビルから出発する920型のイラストが、神戸方は青地にスピード感がある赤の矢印のイラストになっています。

掲出編成は、1000系・9000系・8000系・7000系・5000系の各1編成ずつで、4月1日より10月31日(月)ごろまで掲出となっています。




掲出編成・・
5000系・・・5000F
7000系・・・7007F
8000系・・・8003F
9000系・・・不明
1000系・・・不明

280403_10.jpg

280403_11.jpg


4月3日は、仁川発梅田行き臨時急行も運転され、この記念HM掲出車も運用に入りました。


280403_14.jpg


神戸市内高架延伸線開通80周年記念のヘッドマークです。
こちらは大阪方に掲出の、懐かしいデザインです。


280403_12.jpg


こちらは神戸方に掲出の、スピード感のあるデザインです。


280403_13.jpg

2 3 4 5 6 7 8 9