【阪急】5100系に『5100系誕生50周年記念装飾』が施される

阪急5100系50周年記念HMつき 阪急電鉄

阪急電鉄では、5100系が誕生して50周年を迎えることを記念して、5100系1編成に対してオリジナル車両装飾を施して運転しています。5100系は1971年(昭和46年)に、冷房車としてデビューしました。当初は宝塚線・神戸線のみならず京都線でも運用されていましたが、現在は宝塚線と箕面線で最後の活躍を続けています。中には、能勢電鉄へ譲渡された編成もあります。阪急5100系5100F『5100系50周年記念』HM掲出の様子@梅田側から撮影阪急5100系5100F『5100系50周年記念』HM掲出の様子@宝塚側から撮影 装飾が施されたのは、5100系のトップナンバーである5100F(5100~5115)です。前後でデザインの異なるヘッドマークを掲出しているほか、旧社章をシールで再現しています。さらに、5100系全編成に対して車内の運転室後方に記念プレートを掲出しています。ヘッドマーク掲出は11月30日(火)まで、旧社章と記念プレートの掲出は、次の検査までとなっています。【レールファン阪急

ヘッドマーク

5100号車 (梅田側)

太陽を背景にしたAnniversary50の文字とともに、デビュー当時の5100系のイラストが3編成も描かれています。
阪急5100系5100F『5100系50周年記念』の梅田側ヘッドマーク

5115号車  (宝塚側)

こちらは梅田側デザインと文字やイラストの配置は同じながら、宝塚線のカラーであるオレンジが目立ちます。
阪急5100系5100F『5100系50周年記念』の宝塚側ヘッドマーク

旧社章

大阪市・京都市・神戸市の市章を重ね合わせたデザインです。
5000系50周年やクラッシック8000系・8300系で張られていましたね。
側面には阪急電鉄の旧社章が貼られています。

記念プレート

大阪市・京都市・神戸市の市章を重ね合わせたデザインです。
5000系50周年やクラッシック8000系・8300系で張られていましたね。
運転台背後に設置された記念プレートです。

 

タイトルとURLをコピーしました