福知山系統の特急に新型車両投入へ

神戸新聞の記事によると、2011年に福知山を拠点として走る特急系統(愛称:福知山ビッグエックスネットワーク)に新型車両を投入することが明らかになった。

特急『北近畿』・『きのさき』・『はしだて』などに使用されている183系は、1970年代に製造された485系を改造した車両である。製造から40年近くなり老朽化が目立ってきたことや、安全性の確保のための装置を搭載する必要性が出てきたため、今回の置き換えとなった模様。

車両のデザイン等はまだ明らかにされていない。また、現在の車両は順次廃車になる模様である。


神戸新聞


fukuchiyama_183_00.jpg
タイトルとURLをコピーしました