【阪急】観光列車『京とれいん』がデビュー

阪急電鉄では、3月19日(土)より京都線で『京とれいん』の運行を開始すると発表した。


☆ 『京とれいん』の列車概要

『京とれいん』の車両形式は、6300系6354Fである。

列車コンセプトは『和・モダン』。
車体には、京扇をデザインしたラッピングが施されている。
車内は京都の町家をイメージした内装に改造、6両編成のうち2両ずつ異なる車内デザインを施している。

1・2両目、5・6両目・・京唐紙をモチーフにした車内
座席は従来と同じ転換クロスシートのままであるが、1・2両は『蘭の華散らし』、5・6両目は『麻の葉』をイメージしたデザインとなっている。

3・4両目・・京町家をイメージした車内
側扉周辺は車内エントランスとして、格子状の飾りが設けられている。
座席は半個室タイプの2人・4人向かい合わせ座席となっており、背もたれには畳も使用されている。

☆ そのほか

・ 全ての座席に座席番号が設けられ、平日は貸し切り列車としての運用も可能である。
・ 外国人旅行者への対応として、日本語・英語などでの放送も行われる。

☆ 『京とれいん』の列車運行

3月19日(土)から5月8日(日)までの土日祝

梅田9;51分発→嵐山10;42分着、嵐山16;38分発→梅田17;27分着

5月14日(土)以降

梅田~河原町間で定期の『快速特急』として運行される。

阪急電鉄発表資料
タイトルとURLをコピーしました