【貨物】東京都営地下鉄6500形が甲種輸送される

10月31日、東京都営地下鉄6500形第1編成8両が、近畿車両より出場しました。
徳庵→??間で甲種輸送されています。
都営地下鉄6500形は、三田線の6300形置き換え用として製造されています。三田線は現在6300形24編成が6両編成で運行中ですが、6500形導入を機に8両編成となります。東京都発表によると、令和4年から営業運転を開始し、全13編成を導入する模様です。
牽引機は、吹田まではDE10 1561、吹田からはEF65-2096[新鶴](国鉄色)でした。
▼製造メーカーの近畿車両から発送された都営6500形
20201031_01.jpg
20201031_12.jpg
▼夕陽を受けて走る甲種輸送
20201031_10.jpg
▼平面的な、E235系を思わせるような先頭部です。
20201031_11.jpg
▼置き換えられる6300形
20201031_13.jpg
▼徳庵駅ホームに停車中に、車両の様々な部分を撮影しました。

車体側面の扉部周りです。
ステンレス車体で、側面の窓の高さと同じ幅の青帯以外は、一切装飾がないシンプルなデザインです。
20201031_05.jpg
車両番号と三田線のアルファベット文字も青帯の中に納まっています。
20201031_06.jpg
側扉の様子。
左の扉は閉まるとき、右の扉は、開くときの注意シールが貼られています。
20201031_07.jpg
連結部の様子。
側面と屋根、妻面と側面のつなぎ合わせ部分が斜めにカットされている以外は直線的なデザインです。
20201031_08.jpg
銘板。近畿車両で製造された証です。

20201031_03.jpg

車内の様子。
20201031_08.jpg
車内の様子。
20201031_04.jpg
タイトルとURLをコピーしました