鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ
トップページ  >  写真館  >  103系  >  大和路線・奈良線 (奈良電車区)

JR写真館103系 (大和路線・奈良線・おおさか東線・和歌山線・大阪環状線)

大和路線・奈良線・おおさか東線の103系について

 

201系転属前は、冷風車やクモハ車(改造車含む)などが多数存在するなど、バラエティに富んでいた。

しかし、明石所や森ノ宮区からの201系転属に伴い、大きな動きが発生した。

森ノ宮区からは201系とともに103系も転属、日根野区からは状態のよい103系も転属してきた。

その影響で初期車・冷風車の大半が廃車されるか日根野区に転属となった。日根野区と初期車・中期車と交換をした格好になる。

体質改善工事(30N・40N)を受けた車両も、一部を残し森ノ宮区に転属していった。

 

6両編成は当初の予定では全廃の予定であったが、おおさか東線開通に伴う運用増のため4編成が残っていた。

なお、2010年ダイヤ改正において、運用が1本減少し103系は残り3編成になった。

4両編成は全てクハ・モハユニット・クハの組成に統一され、先頭車は一部の初期車と中期車・延命N40工事をうけた中間車で統一されている。

 

2017年10月ごろから6連車が運用離脱が始まり、2018年1月下旬のNS617編成の廃車回送をもって、奈良区から6連車は引退しました。また、日根野区から205系が転属してきた影響で、4連車も徐々に運用離脱が進み、2018年8月には4両編成4編成が残るのみとなりました。その後も205系と入れ替わりで廃車回送が行われ、10月には全廃と思われていたが、ダイヤ改正で4扉車の運用が増加したため、廃車予定の1編成が復活することになった。11月現在では2編成が最後の活躍を続けている。

大和路線・奈良線・おおさか東線の103系現況

走行路線:大和路線・奈良線・おおさか東線・大阪環状線(区間快速)・和歌山線(高田~王寺)・桜井線

所属電車区:奈良電車区

編成数:4両編成2編成 合計8両

 

2018年5月現在・・・4両×5編成=20両のみ

2018年8月現在・・・4両×4編成=16両(以下4編成)

2018年9月現在・・・4両×3編成=12両のみ

2018年11月現在・・・4両×2編成=8両のみ(以下上段3編成)

奈良電車区 103系 写真集 2018年版11月版

現在稼働中の2編成はこちら

最近運用離脱した編成はこちら

奈良電車区 103系 写真集 2010年版

103系 写真集 (6両編成)

103系 写真集 (4両編成)

大和路線・奈良線103系の古い写真

全国の103系をみる 

ページの上へ▲