鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ
トップページ  >  写真館  >  JR  >  通勤型  > 201系

JR写真館 201系

201系トップナンバー

201系について

概要

 

201系は、国鉄ではじめて電機子チョッパ制御を採用した通勤型車両です。

1979年に中央快速線にて営業運転を開始し、その後中央総武緩行線でも走り出しました。

関西では東海道山陽緩行線(JR京都線・JR神戸線)に投入され、普通電車として活躍していました。


先頭部の前照灯や行先表示機の配置は103系と同じながらも、窓配置が変更されて左右非対称のブラックフェイスとなりました。このデザインは205系にも受け継がれることにます。

103系よりも省エネであることが大きな特徴であったが、電機子チョッパ制御のコストの問題から製造は205系へと移っていきました。

 

現況

 

☆ JR西日本 ☆

 

東海道山陽緩行線(JR京都線・JR神戸線)・福知山線に登場し、205系とともに長らく各駅停車として運用されてきました。

しかし、後継の321系の登場により同線から撤退することになりました。

撤退後は、大阪環状線・桜島線に全車が転属する予定であったが、諸事情により一部が大和路線・おおさか東線にも転属となりました。

このため、JR西日本ではオレンジ色とウグイス色の201系が存在しています。また、転属の際に30N体質改善工事が施され、外観・内装ともグレードアップすることになりました。

 

☆ JR東日本 ☆

 

中央快速線・京葉線で運転されていました。

中央快速線では、後継のE233系の登場により急速に廃車が進行し、全車両が引退しました。

JR東日本で最後の活躍場所となる京葉線においても、後継のE233系が増備により引退し、JR東日本から絶滅しました。

 

写真集 (関西方面)

写真集 (関東方面)

旧コンテンツ写真集

ページの上へ▲