Railway Enjoy Net  - 関西の鉄道総合サイト -

写真館撮影日記旅行・レポート特集エンターティメント運用情報コミュニティ
TOP  >  写真館  > 211・213系

写真館

211・213系

211・213系について

211系は、1985年に登場した直流近郊型車両である。

111・113系115系の後継となる形式で、車体がステンレスに変更されている。

3箇所の側扉、セミクロス座席という、国鉄近郊型の標準を踏襲しているが、ロングシートになっている車両もある。

前面は前照灯と尾灯が1箇所にまとめられ、窓サイズは111・113系115系とさほど変わらず、眺望がしづらい。

(JR東海の5000番台・6000番台では、運転手窓以外は拡大されている。)

 

グリーン車は平屋と2階建ての2タイプ存在する。


 

213系は1987年に登場した直流近郊型車両である。

211系との違いは、

  • 側扉の数が2箇所
  • 車内は転換クロスシート
  • 2両編成から運用できる
  • 前面の貫通窓・助手席窓のサイズが拡大

点にある。

 

グリーン車は、瀬戸大橋を渡ることから、眺望のよいデザインとなった。

前面窓は流線型の大型のものとなり、側窓も車両の上部まで拡大された。

また、座席は前向きの他に横向きにセットでき、座りながら瀬戸内海の景色を眺めることが可能だった。

 

 

走行路線

JR東日本:東海道線・伊東線・東北本線・高崎線・両毛線・千葉エリア
JR東海:東海道線・御殿場線・身延線・中央本線・関西本線(名古屋~亀山)

JR西日本:山陽本線・赤穂線・宇野線・伯備線

写真集 

ページの上へ▲   
お問い合わせ リンク サイトマップ ごあんない トップページ