鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ
トップページ  >  写真館  >  JR  >  通勤型  > 105系  >  和歌山線・桜井線

JR写真館 105系 和歌山線・桜井線(万葉まほろば線)

105系

日根野電車区新在家派出(吹田総合車両所日根野支所新在家派出)の105系について

日根野電車区新在家派出(現:吹田総合車両所日根野支所新在家派出)の105系は、現在48両が所属しています。このうち、103系を改造した編成は、2両編成×18編成の36両で、残りの12両は新規製造編成となっています。

運用区間は、主に桜井線(万葉まほろば線)・和歌山線・紀勢本線(和歌山市~和歌山)を103系改造編成(SW・SP編成)が、紀勢本線(紀伊田辺~新宮間)を新規製造の3扉車(SF編成)が走っています。

 

改造編成の塗装は、クリーム色の車体に朱帯を巻いており、春日塗と呼ばれています。新規製造編成のほうは新和歌山色と呼ばれる、オーシャングリーンにラベンダーの帯がまかれた塗装となっています。

 

2009年(平成21年)11月下旬より、1編成が観光列車『旅万葉』に改造されて運用を開始(旅万葉・ラッピングの詳細はこちら)し、ほか3編成も万葉ラッピングを施されて、数年間運用されました。

 

2010年から、地域統一塗装への塗装変更が始まり、各編成とも青緑色一色に変更されています。

 

2019年(平成31年)3月のダイヤ改正で、後継車両227系の登場により順次置き換えが進んでいます。

編成別写真集

SW編成

データーについて誤記の無いよう努めておりますが、万が一誤記があった場合は、掲示板かお問い合わせからお知らせくださいませ。

SP編成

そのほか日根野所105系写真集

データーについて誤記の無いよう努めておりますが、万が一誤記があった場合は、掲示板かお問い合わせからお知らせくださいませ。
奈良駅ホームの工事が始まる前の写真がありました。歴史の重みを感じるホームですね。2002年当時は桜井線は2線使用していたのでしょうか。

他路線の105系をみる 

ページの上へ▲