鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ
トップページ  >  写真館  >  JR近郊型  >  521系

JR写真館521系

521系

521系について

521系は、平成18 (2006) 年に登場した交直流近郊型車両です。

北陸本線の長浜~敦賀間と湖西線永原~近江塩津間が直流化されるのにあわせて登場しました。

あわせて、419系の置き換えも行っている。

 

2両1編成が基本となっており、混雑時は増結する場合がある。

最高速度は120km/h。

 

外観や車内は瀬戸大橋線の223系5000番台と類似しており、増結時に車両間の行き来が可能になっている。

転換クロスシートを採用しているが、車端部のみロングシートとなっている。

また、ワンマン運転用設備を備えているが、実際には使用していない模様。

 

521系の編成について

 

  • 1次車(E編成)・・平成18(2006)年に製造されたグループ。 北陸本線・湖西線直流化のために、自治体が負担して製造されました。編成番号は1~5。敦賀地域鉄道部敦賀運転センター車両管理室に所属しています。
  • 2次車(G編成)・・平成21(2009)年~平成22(2010)年に製造されたグループ。最終的に60両が製造されましたが、一部が第三セクターに譲渡されています。1次車からの改良点として、車内設備の見直しが行われています。金沢総合車両所に所属しています。
  • 3次車(J編成)・・平成25(2013年)から製造されたグループ。42両が製造されました。そのうち4両は第三セクターに譲渡されました。2次車からの改良点として、安全性の向上が挙げられます。先頭車のデザインが225系に似たものになり、クラッシャブルゾーンが採用されています。前照灯・尾灯はデザインが変更され、前照灯・フォグランプ・尾灯が斜め横に並んでいます。

 

走行路線

湖西線:近江今津~近江塩津

北陸本線:米原~福井~金沢

 

写真集 (車内の様子)

写真集 (走行写真など)

ページの上へ▲