鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ
トップページ  >  写真館  >  JR  >  近郊型  >  223系

JR写真館 223系

223系について

223系とは、JR西日本の次世代近郊型車両である。

1994年に関西国際空港の開港に伴い、アクセス列車として0番台が製造された。
翌年には、JR神戸線・京都線の新快速用として1000番台が登場。
1999年からは、コストダウンを図った2000番台が投入されている。

また、2003年には瀬戸大橋線『快速マリンライナー』用の5000番台が登場し、初めてアーバンネットワーク以外にも223系が登場した。
その後も221系に性能を合せた6000番台、福知山周辺でのローカル輸送にあたる5500番台がデビューするなど、着実にJR西日本の代表的な形式となりつつある。

 

3扉転換クロスシートの車内は221系と一緒だが、車体が鋼体からステンレスに変更になった。

 

走行路線について

  • 0番台・2500番台:日根野電車区 阪和線・関西空港線・大阪環状線
  • 1000番台・2000番台:網干電車区 JR京都線・JR神戸線・JR琵琶湖線・湖西線・草津線・赤穂線
  • 5000番台:岡山電車区 宇野線・本四備讃線(瀬戸大橋線)・予讃線
  • 5500番台:福知山電車区 福知山線(篠山口~福知山)、山陰本線(京都~城崎温泉)
  • 6000番台:宮原総合車両所・網干電車区 福知山線・おおさか東線・大和路線・JR東西線

写真集 

ページの上へ▲