鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ
トップページ  >  写真館  >  JR  >  通勤型  > 207系

207系トップナンバー

207系について

207系は、1991年に登場したJR西日本の通勤型車両である。
老朽化していた103系の置き換えと、全線地下線のJR東西線開通に伴う車両増備を目的に製造された。
関西は私鉄との競合が激しいため、非常に高品質な車両となっている。

207系は0番台・500番台・1000番台・1500番台・2000番台にわかれ、4両編成と3両編成が存在し477両が営業運転している。
編成の組み替えもあったため、番台や番号が変えられた車両もあり少々複雑になっている。
制御装置はVVVFインバータを採用しているが、各番台ごとに制御装置やM車の位置が異なる。

以前は、学研都市線京田辺駅で車両の増解結を行っていたが、現在は7両のまま木津駅へ入る。
0番台のトップナンバーF1編成(試作車としての位置づけ)は7両固定で、自動電気連結器は備えていない。

 

また、JR東日本には207系900番代(VVVF試作車)が常磐緩行線で運用されていたが、E233系の登場で廃車された。

外観・車内の様子

車体はステンレス製となり、それまでの車両より幅を広げたワイドボディを採用。前面は半円形状になっている。
前面窓や側窓は大幅に拡大され、車内からの展望がよくなった。

車内の座席はすわり心地がよく、ふかふかである。初期車以外は、座席の下が空洞となっている。
各扉上部にLEDの案内表示機を備えている。行先案内・次駅案内・キャンペーン告知などが流れる。

各車両の妻部の貫通扉が若干中心からずれている。そのため、片方は広い妻窓となっているので、
隣の車両がよく見えるようになった。

走行路線

学研都市線(片町線)・JR東西線・JR京都線・JR神戸線(加古川以東)・福知山線(篠山口以南)・湖西線(近江今津以南)・JR琵琶湖線(野洲以西) ・おおさか東線・大和路線

写真集

旧塗装

新塗装

ページの上へ▲