鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ
トップページ  >  写真館  >  私鉄  > 近畿日本鉄道 >  特急型車両  >  16010系

近畿日本鉄道 写真館 16010系

16010系について

16010系は、1981年(昭和56年)に製造された、狭軌線の特急用車両です。

2両編成1本のみの希少な存在で、吉野特急では唯一、サニーカー・ビスタカータイプのデザインとなっています。

 

16000系の増備車として登場したが、前面の行き先表示機・前照灯などのデザインは、12410系サニーカーと同一になりました。ただし、塗り分けは16000系と同一です。


16010系から屋根の高さが少し高くなり、冷房装置も変化しています。

この形式もデビュー当初はデッキレスタイプでしたが、更新後はデッキが設置されました。

 

2014年8月に、吉野側先頭車に喫煙ルームが設置されました。

2016年9月、五位堂検修車庫での検査の際に塗装変更が行われ、吉野特急では一番最初の塗装変更車となりました。

 

基本データ

 

走行路線:南大阪線・吉野線

編成:2両編成×1本=2両

他の車両:16000系・16400系・16600系

 

16010系写真集

ページの上へ▲