鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ
トップページ  >  写真館  >  私鉄  > 京阪電気鉄道 >  通勤型車両  >  10000系

京阪電気鉄道写真館 10000系

10000系

京阪10000系について

10000系は、2002年(平成14年)から製造された通勤型車両です。

1900系・2600系の置き換えが目的で製造されました。

 

車体はアルミ製で、7200系をベースとしています。

制御装置はVVVFインバータで、IGBTとなっています。

 

製造当初は、45年ぶりに車体塗装が変更され、青緑の「ターコイズグリーン」と呼ばれる色1色を纏っていました。その後、2009年ごろより、他の通勤型車両に施された新塗装に変更されています。

4両編成が6編成、全24両増備され、主に交野線や宇治線でワンマン列車として運用されています。

このうち第1編成が、7200系・9000系の中間車を組み込んで7連化され、京阪本線で走っています。


京阪10000系写真

新塗装化後の写真

きかんしゃトーマスとゆかいな仲間たちラッピング

ページの上へ▲