鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ
トップページ  >  写真館  >  私鉄  > 京阪電気鉄道 >   通勤型車両  >  1900系

京阪電気鉄道写真館 1900系

1000系

京阪1900系について

1900系は、1963年(昭和38年)から製造された元特急型車両で、天満橋~淀屋橋間の地下線開通に伴う特急列車増発用として登場しました。 京阪特急型車両としては4代目に当たります。

 

なお1900系には、1963年(昭和38年)に製造された車両と、旧1810系から編入された車両が存在します。

旧1810系の製造年は1956年(昭和31年)となっており、2008年の引退まで50年以上活躍したことになります。

 

1900系には、先頭車前面窓下部に銀色のバンパーが設置されているのが特徴です。

 

旧1810系・1900系とも登場時は、2扉・転換クロスシートを備えていましたが、3000系が登場すると、3扉・ロングシートの通勤型仕様に改造されました。このため一部の車両では、3枚扉のうち中央扉のみが両扉、両脇が片扉のままという変わった配置となっていました。

 

引退前になると、特急色への復元や臨時列車の運転などが行われ、2008年12月20日をもって引退しました。

 


京阪1900系車内写真

京阪1900系写真

ページの上へ▲