阪急阪神、ついにICOCAを導入へ

3月29日(木)、阪急電鉄・阪神電鉄・能勢電鉄・北大阪急行は、2019年春からICカード乗車券「ICOCA」の取り扱いを開始すると発表しました。
まさかあの阪急・阪神がライバルのJR西日本のサービスを導入するとは思いませんでしたね。昔からずっと両社はライバル関係で、自社独自のサービスを発展させることで、利用客を取り込んできました。また、阪急はあえてJR線の乗り換え案内をしないほど、JRに対抗意識を燃やしていました。ほかの関西私鉄より一歩先を行くサービスをいち早く取り入れてきたように思います。阪急の駅へ行くと、何かしら新しいものがあって、目を引いた覚えがあります。
元々、スルッとKANSAIは、阪急が開発した『ラガールカード』が元になっています。その後、能勢電鉄や北大阪急行、阪神電鉄・大阪市交通局も参加し、続々と加盟社局が増えていきました。改札機にカードを通すだけで電車に乗れる、当時としては画期的なシステムでした、各社ごとに愛称が付き、様々な柄のカードが発売され、収集する(使い切る?)のが大変だったものです。また、スルッとKANSAI3dayチケットはスルKANネットワーク加盟各社が乗り放題となるチケットで、通用期間はこれをもって遠くまで乗り行ったものです。
1999年にはJR西日本と近畿日本鉄道が、似たようなシステム『Jスルー』を導入しました。これにより、鶴橋駅での乗り継ぎが便利になりました。しかし、スルKANネットワークに合流することはなく、2008年にサービスを終了しています。これは、後述するICカードの普及によるものです。
2003年にはJR西日本がICカード『ICOCA』を導入し、チャージして改札機にタッチするだけで乗れる手軽さから爆発的に普及し、スルKANネットワークの他私鉄でもICOCAを導入するまでになりました。2004年には、スルKANネットワークのICカード『PiTaPa』が導入されていますが、こちらはクレジットカードと紐づく後払い式カードで、入会するのに審査が必要なことから、普及率が低いようです。関東のJR東日本『Suica』・私鉄『PASMO』のようにどちらも先払いチャージ式の関係にはなれなかったのが残念です。
スルKANネットワーク他社が続々と『ICOCA』を導入する中、スルッとKANSAIカードはついに2017年3月に発売終了および駅の自動改札機・バスでの共通利用が終了しました。一部の会社では券売機・精算機でもまだ使えますが、スルKANの元となった阪急電鉄・阪神電鉄・能勢電鉄・北大阪急行では、オリジナルの『レイルウェイカード』を発行します。阪急はどうしてもJR西日本のICOCAを意地でも導入したくなかったようですね。
意地を張っていたものの、時代の流れに押されるように、阪急もICOCAを導入決定し、、スルッとKANSAIカードの流れをくむ『レイルウェイカード』も終了します。同時に、『ラガールカード』なども使用できなくなります。この日をもって、『ラガールカード』から続く磁気式カードシステムの歴史が終わることになります。
鉄道コムのブログランキングです。ぜひクリックをお願いいたします。
鉄道コム
鉄道コムのブログランキングです。ぜひクリックをお願いいたします。
鉄道コム
鉄道関係
500kei_nozomiをフォローする
Railway Enjoy Net - 関西の鉄道サイト –

コメント

  1. 通行人 より:

    個人的にはそのおかげでレールウェイカードが
    使えなくなってしまいますので
    流石にそれは本末転倒なお粗末な結果の印象があります

  2. かずっち より:

    「阪急はあえてJR線の乗り換え案内をしないほど、JRに対抗意識を燃やしていました」
    そうですよね、阪急って(へそ曲がりに見えるくらい)独自の政策をとる会社で、何十年も前にいたずら心で阪急梅田駅の案内所で「エキスポランドに行く方法?」って聞いたときに、「阪急京都線で茨木駅からバスです」
    と案内されました。現在なら苦情になってSNSに晒されまくりですよね!大阪の人間ならだれでも御堂筋線(北大阪急行)で千里中央からバスで行くと思うのですが、そのくらいJR以外にも対抗意識をむき出しにするようです。

  3. Tanabe より:

    >通行人様
    こんばんは。
    コメントありがとうございます。
    レールウェイカードも結局は払い戻し対応になりましたね。
    黒歴史として名を残すことになるのでしょうか。。

  4. Tanabe より:

    >かずっち様
    こんばんは。
    投稿有難うございます。
    JR以外でも対抗心から案内しないことがあったのですね。。普通なら少しでも自分のグループ会社を使ってもらえる経路を勧めてくるものだと思うのですが、他社経由なのが嫌だったのでしょうか。
    今はネットで路線検索で比較できるので、そんなことはできませんね。お客さんにとってはいい時代になりましたが、阪急にとっては悩ましい?ところといった感じでしょうか。

  5. nanashi より:

    こんにちは。いつも興味深く拝見してます。
    阪急は戦前、官鉄(省線)大阪駅の高架化切替のときに無理難題を押し付けられ(阪急が上で省線が地平だったのを一晩で逆に切り替えさせられた)、相当な難工事を自己負担でやらされたので、以降、JR時代に至るまで、我が道を行く姿勢をとったと聞いたことがあります。
    ICカードについては後払いによる割引等の付加サービス向上を目指してピタパを開発し主導するという自負からイコカとは一線を画していたのですが、さすがに世間の事情や磁気カード併用型改札機の維持コストの面で得策ではないと判断したのでしょう。
    (実はピタパは審査で落とされるという批判対策として、保証金型の比較的誰でも持てる基本カードを作ったのですが、中途半端で普及していない。また、JR連絡が多い他社から見れば、連絡定期もイコカを導入した方が手っ取り早いですし・・・)

  6. Tanabe より:

    nanashi 様
    こんばんは。
    投稿有難うございます。
    お返事遅くなってすみません。
    阪急と国鉄の関係が悪くなったのは、あの切替工事を阪急側で負担させられたことが発端だったとは。デパートまで遠くなり不便になることを自費でやらされては、協力しようという気持ちは芽生えませんよね。国鉄もかなり強引だと思いますが、お上に逆らえない時代だったのかもしれませんが・・。 
    保証金預託制PiTaPaカードは、保証金が高くて手を出しにくいですね。素直にチャージ式ICカードにしておけばよかったと思います。

  7. よしなり より:

    多数の私鉄が走るほど便利な地域だと鉄道は日常的に使うため、利用額割引の区間から飛び出したり、急な遠出や乗り越し精算などもすべて後払いだと1カ月ぐらい後に支払(引き落とし)額に驚いたり、合計利用額の管理不足になってしまうリスクがあるという事もあります。
    先払いのスイカ・イコカ方式の方が予定外の利用の怖さは少ないという事もあったと思います。
    ライバル関係ではあっても、良い部分は共有したり、改善したりしてユーザーが使いやすくなるよう改良を願うところです。

  8. まっきー より:

    国鉄(特に関東の力が強かった時期の国鉄)に対しての対抗意識は当時は相当強かったはずですが、JRになって30年、スピードやサービスによる乗客の取り合いも落ち着いてきた感があり、少しずつ共存の方向に行く必要もあると感じています。
    ポストペイにももちろん良さはありますが、使いにくさもあります。
    対抗するあまり対応が遅れるぐらいならば、ICOCAの良いところは取り入れて、どちらも利用しやすくしていくのが最適解のように思います。

  9. Tanabe より:

    >よしなり様
    こんばんは。
    コメント有難うございます。
    クレジットで後払い式のPiTaPaだと、使い過ぎの心配がありますね。上限額の設定もあるようですが、自分で決めれないようで、ここはチャージ式のICOCAに軍配が上がるでしょうね。
    阪急阪神とJR西は切磋琢磨してサービス向上に取り組んできましたので、これからもより良いサービスが提供されるといいですね。

  10. Tanabe より:

    >まっきー様
    こんばんは。
    コメントありがとうございます。
    イコカで乗車・買い物をする習慣が広まり、阪急も導入せざるを得なくなったと思います。
    関西の私鉄で唯一、イコカを売ってないしIC定期券も導入されていないとなれば、不便ですもんね。駅ナカでもイコカが使えるようになって便利になりました。阪急のプライドからすれば、ありえないことだと思いますが、最近では阪急主催イベントでJR西のグッズが売られるようになったこともあり、便利で共通使用できるサービスの導入は時代の流れかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました