阪急時刻表1998年(平成10年)版 京都線時刻表日曜日ダイヤ下り(河原町~梅田)

阪急時刻表1998年(平成10年)の表紙 昔の時刻表

阪急時刻表1998年(平成10年)版が出てきましたので、ご紹介したいと思います。

本日は、1998年当時の京都線時刻表のうち、日曜日ダイヤの下り(河原町~梅田)です。

京都線 日曜日下り(河原町~梅田)

始発~朝ラッシュ時

早朝は普通のみの運転です。普通は全線通しと、高槻市発・正雀発・相川発があります。正雀発の下りは2号線から発車でしょうか。4時台と5時台はじめごろは上り電車の運転がないのでできるのでしょうね。これは平日ダイヤも同じです。

朝6時になると急行が運転されます。土曜日ダイヤでも設定のあった、淡路始発の急行も運転されています。河原町発は6時02分発からスタートで、概ね13分~15分間隔です。普通は全線通しの他に、正雀発・相川発の天下茶屋行きが設定されています。このため、正雀・相川~河原町間の優等列車通過駅は、7時台・8時台中盤まで15分間隔です。お隣のJRよりも本数が半分だったんですね。。正雀・相川の違いは、正雀発は2号線から発車するため、正雀止めとバッティングするタイミングは相川始発にしてると推測しました。特急は河原町7時20分発からスタートで、それ以降、特急1本・急行1本・普通2本(北千里・河原町)という基本の15分パターンが続きます。

阪急京都線1998年当時の時刻表(下り 河原町~梅田 日曜日ダイヤ 始発~朝ラッシュ)です。

 

昼間

特急1本・急行1本・普通2本(北千里・河原町)という基本の15分パターンが続きます。

阪急京都線1998年当時の時刻表(下り 河原町~梅田 日曜日ダイヤ 昼間)です。

 

昼間~夕方

昼間も、特急1本・急行1本・普通2本(北千里・河原町)という基本の15分パターンが続きます。

阪急京都線1998年当時の時刻表(下り 河原町~梅田 日曜日ダイヤ 昼間~夕方)です。

 

夜間

基本の15分パターンが続きますが、特急は河原町20時05分発から30分間隔になります。また、20時台後半から正雀行きや長岡天神行きの普通が設定されています。特急や急行の運転間隔も徐々にあいていきます。このあたりは土曜日ダイヤと同じです。

急京都線1998年当時の時刻表(下り 河原町~梅田 日曜日ダイヤ、夜間)です。

 

夜間~終電

最終の特急は22時30分で終了、急行は23時発で終了、普通は梅田行きが23時08分発で最終、23時30分発の淡路行きで、大阪府内への列車は終了です。ちなみに、淡路行きに乗ると、終点の淡路で北千里発の天神橋筋六丁目行きに接続しますが、天六から先はすでに終電が終わってるはずです。その後は桂行きが5本走って一日が終わります。

阪急京都線1998年当時の時刻表(下り 河原町~梅田 日曜日ダイヤ、夜間~終電)です。

ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました