阪急時刻表1998年(平成10年)版 京都線時刻表日曜日ダイヤ上り(梅田→河原町)

阪急時刻表1998年(平成10年)の表紙 昔の時刻表

阪急時刻表1998年(平成10年)版が出てきましたので、ご紹介したいと思います。

本日は1998年当時の京都線時刻表のうち、日曜日ダイヤ上り(梅田→河原町)です。

京都線 日曜日ダイヤ上り(梅田→河原町)

始発~朝ラッシュ時

早朝は普通のみの運転です。普通は全線通しと、桂発があります。

急行は土曜日と同じく梅田6時16分からスタートです。普通は全線通しの他に正雀発・長岡天神発・桂始発が設定されていて、特に桂発河原町行きの本数が多いです。また、天下茶屋発京都線直通の普通は、淡路7時半過ぎまでは正雀止まりです。正雀から先は7時台でも15分間隔だったんですね。特急は梅田8時00分発からで、そこから基本の15分パターンが続きます。

阪急京都線1998年当時の時刻表(上り梅田→河原町日曜日ダイヤ、始発~朝ラッシュ)です。

 

昼間

基本の15分パターン(特急1本・急行1本・普通2本(北千里・河原町))が続きます。

阪急京都線1998年当時の時刻表(上り梅田→河原町日曜日ダイヤ、昼間)です。

 

昼間~夕方

昼間も、特急1本・急行1本・普通2本(北千里・河原町)という基本の15分パターンが続きます。

阪急京都線1998年当時の時刻表(上り梅田→河原町日曜日ダイヤ、昼間~夕方)です。

 

 

夜間~終電

この時間帯も基本的には土曜日ダイヤと同じです。

基本の15分パターンは20時で終了し、以降は特急は30分おきになります。もし梅田で20時02分発の急行に乗り遅れたら、2分後の普通で高槻市まで先着できます。20時30分を過ぎると、天下茶屋発で正雀車庫入庫の普通が30分間隔であって、普通の間隔が大きく開くタイミングがあります。

22時台からは、10分間隔となります。特急は梅田22時00分発の次が40分発で終了、急行は概ね20分間隔で、梅田23時40分発で終了です。普通は22時35分を過ぎると、15分~20分間隔と間隔があいていきます。北千里直通は22時35分で終了なので、淡路で乗り換えが必要になります。普通河原町行きは23時30分まで、普通高槻市行きは24時05分まで、最終は正雀行き24時17分発で終了です。

阪急京都線1998年当時の時刻表(上り梅田→河原町日曜日ダイヤ、夜間)です。

 

阪急京都線1998年当時の時刻表(上り梅田→河原町日曜日ダイヤ、夜間~終電)です。

 

 

いかがでしたでしょうか。次は下り(河原町→梅田)です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました