阪急時刻表1998年(平成10年)版 京都線時刻表平日ダイヤ下り(河原町~梅田)

阪急時刻表1998年(平成10年)の表紙 昔の時刻表

阪急時刻表1998年(平成10年)版が出てきましたので、ご紹介したいと思います。

本日は、1998年当時の京都線時刻表のうち、平日ダイヤの下り(河原町~梅田)です。

京都線 平日下り(河原町~梅田)

始発~朝ラッシュ時

早朝は普通のみの運転です。普通は全線通しと、正雀発と相川発があります。正雀発の下りは2号線から発車でしょうか。4時台と5時台はじめごろは上り電車の運転がないのでできるのでしょうね。

朝6時になると急行が運転されます。長岡天神6時発が一番列車で、河原町発も6時からスタートです。概ね14~15分間隔ですね。普通は全線通しの他に東向日・茨木市・相川始発が設定されていて、7時台の淡路を通る普通の本数がとても多いのがわかります。なお、特急は河原町6時53分発からスタートです。

朝7時台からは、河原町始発の堺筋急行天下茶屋行きと、茨木市始発準急の運転があります。当時の準急の停車駅は今とは違って、茨木市~淡路間は通過、淡路~梅田間の各駅に止まっています。

阪急京都線1998年当時の時刻表(下り線 河原町~梅田 平日ダイヤ 始発~朝ラッシュ)です。

 

朝ラッシュ時

朝ラッシュ時の下りは、特急・急行が15分間隔と、堺筋(線直通)急行が30分間隔、茨木市始発の準急が30分間隔、全線通しの普通が6~15分間隔、高槻市・相川始発の普通がその間に挟まるといった構成です。15分間隔故仕方ないと思われますが、普通の運転間隔が不均等になっています。

朝ラッシュ時の終わりごろには、入庫をかねた普通も運転されています。高槻市発正雀行きや、河原町発桂行き、長岡天神行きの設定もあります。

概ね9時ごろから基本のダイヤパターンになっています。

阪急京都線1998年当時の時刻表(下り 河原町~梅田 平日ダイヤ 朝ラッシュ)です。

朝ラッシュ時後~昼間

9時台は基本の15分パターンに、桂車庫入庫の普通が15分間隔で運転されており、河原町~桂間は本数も多くなっています。

10時台からは、10分間隔となり快速が登場します。特急が20分間隔、急行が10分間隔、快速が20分間隔、全線通しの普通が20分間隔、高槻市始発天下茶屋行きが20分間隔です。高槻市から梅田へ行く場合、概ね5分間隔で優等列車が発車し、そのまま梅田まで先着するので便利ですね。大山崎・水無瀬・上牧からも快速に乗れば乗り換えなしで先着です。このパターンは、13時台後半まで続きます。

阪急京都線1998年当時の時刻表(下り 河原町~梅田 平日ダイヤ 朝ラッシュ~昼間)です。

昼間

昼間は、特急・急行・快速・普通のパターンが続きます。

阪急京都線1998年当時の時刻表(下り 河原町~梅田 平日ダイヤ 昼間)です。

快速の運転は河原町13時42分発で終了しています。14時からは特急・急行・普通のみとなり、10分間隔から15分間隔パターンへの移行時間帯のようです。特急は20分間隔、急行は8分~12分間隔です。普通は全線通しが10分~15分間隔と、他に正雀行き・桂行きの入庫普通の設定があります。

阪急京都線1998年当時の時刻表(下り 河原町~梅田 平日ダイヤ 昼間その2)です。

夕方~夕ラッシュ時

16時ごろから、夕ラッシュ時輸送の準備が始まります。特急は15分~20分間隔、急行は11分~17分間隔、普通は最大19分も間隔があく区間があるなど、結構ランダムになっています。

河原町16時07分発の長岡天神行きの設定がありますが、折り返しとなる列車が見当たりません。回送で河原町か梅田方面かどちらかに向かっていたのでしょうか。また、正雀から回送の相川始発普通が16時台後半から運行されています。高槻市始発天下茶屋行き普通も10分~15分間隔で運行されているため、淡路周辺で優等列車より普通のほうが目立っているように見えます。なお、全線通しの普通も16時台後半から増便されています。

阪急京都線1998年当時の時刻表(下り 河原町~梅田 平日ダイヤ 昼間~夕ラッシュ時)です。

夕ラッシュ時~夜間

全線通し普通の増便は17時台で終了し、18時台からは区間運転になります。河原町18時01分発は長岡天神行きですが、折り返し列車が見当たりません。正雀か桂へ回送でしょうね。18時半ばには、正雀行きと桂行きが続行で発車しています。

あと、特急と急行の河原町発着順序が、18時台半ばで入れ替わっています。急行は桂で特急を待避していますが、ラッシュ時のように急行が先着になれば、有効本数も増えて便利だと思うのですが。。

阪急京都線1998年当時の時刻表(下り 河原町~梅田 平日ダイヤ、夕ラッシュ時~夜間)です。

夜間~終電

20時ごろ半ばまでは特急・急行ともおおむね15分間隔ですが、それ以降特急は概ね30分間隔になります。22時台は桂行き・正雀行きの普通があり、徐々に本数が減ってきます。

阪急京都線1998年当時の時刻表(下り 河原町~梅田 平日ダイヤ、夜間)です。

特急は河原町22時30分発で終了し、急行は23時00発で終了です。普通は梅田行きが23時08分発で終了、その後はなんと淡路行きがあります。淡路着後は正雀へ回送でしょうか。その後は長岡天神行きと桂行きで平日ダイヤは終了です。

阪急京都線1998年当時の時刻表(下り 河原町~梅田 平日ダイヤ、夜間~終電)です。

ご覧いただきありがとうございました。次は土曜日ダイヤです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました