阪急時刻表1998年(平成10年)版 宝塚時刻表日曜日ダイヤ(梅田~宝塚)

阪急時刻表1998年(平成10年)の表紙 昔の時刻表

阪急時刻表1998年(平成10年)版が出てきましたので、ご紹介したいと思います。

本日は1998年当時の宝塚線時刻表のうち、日曜日ダイヤの上下線(梅田~宝塚)です。

宝塚線は1ページに両方向が掲載されていますので、同時にご紹介することになります。

宝塚線 日曜日ダイヤ(梅田~宝塚)

始発~朝

下り(宝塚・箕面方面)

6時35分から急行が運行されています。普通は、早朝は宝塚行き、急行運行時間は雲雀丘花屋敷行きです。6時台後半から7時台は12分間隔で、8時台から10分間隔です。

上り(梅田方面)

早朝は宝塚発の急行と雲雀丘花屋敷発(一部宝塚発)の普通が運転されています。

6時台は12分間隔、7時台からは10分間隔で、宝塚発の急行と雲雀丘花屋敷発の普通が交互に発着するパターンが続きます。

阪急宝塚線1998年当時の時刻表(上下線 梅田~宝塚 日曜日ダイヤ 始発~朝ラッシュ)です。

 

朝~昼間

急行が梅田~宝塚間を、普通が梅田~雲雀丘花屋敷間を交互に運転していますが、普通は梅田11時41分発~14時21分発迄の20分に1回、池田止まりがあります。

阪急宝塚線1998年当時の時刻表(上下線 梅田~宝塚 日曜日ダイヤ 朝ラッシュ~昼間)です。

阪急宝塚線1998年当時の時刻表(上下線 梅田~宝塚 日曜日ダイヤ 昼間)です。

夕方~夜間

下り(宝塚・箕面方面)

昼間と同じく、急行が梅田~宝塚間を、普通が梅田~雲雀丘花屋敷間を交互に運転しています。梅田21時台からは12分間隔です。1本だけ普通池田行きがあります。おそらく留置線に入るのでしょう。

上り(梅田方面)

宝塚20時19分発からは12分間隔になります。

阪急宝塚線1998年当時の時刻表(上下線 梅田~宝塚 日曜日ダイヤ、夕方~夜間)です。

夜間~終電

下り(宝塚・箕面方面)

22時台からは15分間隔になります。最終の急行は梅田22時30分発で、その後は普通のみとなります。23時30分発に宝塚行き普通が出た後は、雲雀丘花屋敷行きの普通が2本走って終了です。

上り(梅田方面)

21時19分発からは15分間隔になります。運用上の都合が1本だけ宝塚発の普通があります。最終の急行は21時48分発で、その後は普通のみです。最終までの3本は梅田へ行かずに、池田行き・雲雀丘花屋敷行きとなっています。

阪急宝塚線1998年当時の時刻表(上下線 梅田~宝塚 日曜日ダイヤ、夜間~終電)です。

 

 

いかがでしたでしょうか。次は京都線です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました