阪急時刻表1998年(平成10年)版 神戸線時刻表平日ダイヤ上り(三宮→梅田)

阪急時刻表1998年(平成10年)の表紙 昔の時刻表

阪急時刻表1998年(平成10年)版が出てきましたので、ご紹介したいと思います。

本日は、1998年当時の神戸線時刻表のうち、平日ダイヤの上り(三宮→梅田)です。

神戸線 平日上り(三宮→梅田)

始発~朝ラッシュ時

朝ラッシュピーク時の上り列車は概ね15分サイクルで運行されています。

特急は新開地6時53分発から運転され、6時台前半から運転の通勤特急と7~8分間隔で交互運転になっており、通勤特急の中には三宮始発も2本設定があります。急行は通勤急行と名前を変えて武庫之荘に停車、宝塚発今津線経由の準急ともども15分間隔で運行されています。普通は高速神戸・三宮・西宮北口発のほかに、武庫之荘始発も設定があります。

そういえば、この時間帯は三宮・西宮北口での増結があると思うのですが、なぜか記載がありません。。

阪急神戸線1998年当時の時刻表(上り三宮→梅田平日ダイヤ、始発~朝ラッシュ)です。

朝ラッシュ時~昼間

特急と通勤特急の交互運転は8時台前半で終了し、いったん通勤特急のみとなります。特急は新開地9時1分発から再開です。運用の都合か、新開地発梅田行きの普通や、三宮始発の通勤特急があります。

朝ラッシュ輸送が終わった9時半ごろからは、新開地発特急梅田行きと、三宮発普通梅田行きのパターンが続きます。

阪急神戸線1998年当時の時刻表(上り三宮→梅田平日ダイヤ、朝ラッシュ時~昼間)です。

昼間

昼間は、新開地発特急梅田行きと、三宮発普通梅田行きのパターンが続きます。

阪急神戸線1998年当時の時刻表(上り三宮→梅田平日ダイヤ、昼間)です。

夕ラッシュ時

16時ごろから、夕ラッシュ時輸送の準備が始まります。西宮北口もしくは三宮から急行梅田行きが設定されており、特急・急行は12分間隔、普通は6分間隔で運転されています。

阪急神戸線1998年当時の時刻表(上り三宮→梅田平日ダイヤ、昼間~夕ラッシュ時)です。

19時台からは特急は10分間隔に戻りますが、普通は西宮北口入庫の列車もあるので4~10分間隔となっております。また、西宮北口をまたいで普通を利用しようとすると、乗り換えが必要なパターンもあるようです。(西宮北口止まりの列車もなぜか発時刻が掲載されてますが誤植ですよね・・)

阪急神戸線1998年当時の時刻表(上り三宮→梅田平日ダイヤ、夕ラッシュ時~夜間)です。

夜間~終電

20時ごろからは、特急も普通も10分間隔に戻りますが、21時代後半からは15分間隔に広がります。22時台前半で特急は終了し、快速急行と普通の交互運転となります。

阪急神戸線1998年当時の時刻表(上り三宮→梅田平日ダイヤ、深夜)です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました