阪急時刻表1998年(平成10年)版 神戸線時刻表平日ダイヤ下り(梅田→三宮)

阪急時刻表1998年(平成10年)の表紙 昔の時刻表

阪急時刻表1998年(平成10年)版が出てきましたので、ご紹介したいと思います。

本日は1998年当時の神戸線時刻表のうち、平日ダイヤの下り(梅田→三宮)です。

神戸線 平日下り(梅田→三宮)

始発~朝ラッシュ時

朝ラッシュ時は塚口停車の通勤特急が多いですね。梅田発の特急は8時ちょうどから設定があります。そして普通が新開地や高速神戸まで足を延ばしています。西宮北口始発の下り列車も多数設定され、なかには三宮行き特急という短距離ランナーも存在しますね。

ところで、7時台は西宮北口か三宮での解放作業がないのでしょうか?梅田に10連が到着するころですが、西宮北口か三宮での解放作業の印がありません。回送列車が入る余地もありませんし、急行西宮北口行きで折り返してるかもしれません。

阪急神戸線1998年当時の時刻表(下り梅田→三宮平日ダイヤ)です。

朝ラッシュ時~昼間

15分サイクルが組まれ、特急と通勤特急が交互でが7~8分間隔、急行西宮北口行きが15分間隔、普通が7~8分間隔になっています。急行は梅田8時52分発の高速神戸行き、通勤特急は梅田9時9分の新開地行きで朝の運行は終わりです。その後は特急新開地行きと普通三宮行きが交互に発車するパターンが16時ごろまで続きます。
増結車解放は西宮北口か三宮で行われ、通勤特急は西宮北口で、特急は三宮で行われていたようです。今より便利ですね。

阪急神戸線1998年当時の時刻表(下り梅田→三宮平日ダイヤ、朝ラッシュ時~昼間)です。

昼間

昼間は特急新開地行きと普通三宮行きが交互に発車するパターンです。

ページ下部には今津線の時刻が掲載されており、夕方にも準急の設定があったようですね。

阪急神戸線1998年当時の時刻表(下り梅田→三宮平日ダイヤ、昼間)です。

夕ラッシュ時

16時ごろから、夕ラッシュ時輸送の準備が始まり、西宮北口から三宮方面へ送り込みの普通が設定されております。

17時ごろからは梅田発の本数が増えています。特急新開地行きと急行三宮行きは12分間隔、普通は概ね6分おきで西宮北口行きと三宮行きが交互に、さらに18時からは今津線直通の準急も24分間隔で運転されています。西宮北口から先は特急が12分間隔に対して、急行と普通で4~7分間隔となっていています。特急通過駅の利用が特に多かったのかもしれません。

阪急神戸線1998年当時の時刻表(下り梅田→三宮平日ダイヤ、昼間~夕ラッシュ時)です。

梅田18時18分発からは、急行は新開地行きと高速神戸行き(特急も)も設定されています。車両運用か神戸高速線内の都合でしょうか。

19時からは10分間隔に戻り、特急は新開地行き、急行は三宮行き、普通は西宮北口行きが交互に発車しています。

阪急神戸線1998年当時の時刻表(下り梅田→三宮平日ダイヤ、夕ラッシュ時~夜間)です。

夜間

特急の運転は梅田20時40分発、急行は梅田20時37分発をもって終了し、以降は通勤特急と普通の交互運転に変わります。この時間帯からは特急と急行の二本立てにするほど利用客が多くないのでしょう。その通勤特急も梅田22時30分発をもっていったん終了し、それ以降は15分間隔となり、快速急行と普通の交互運転です。そして、梅田24時発がなぜか通勤特急となっています。別に快速急行でもいいと思うのですが。。その後は西宮北口行きの普通が2本出て平日ダイヤは終了となり、社員さんの敬礼イラストが添えられています。

阪急神戸線1998年当時の時刻表(下り梅田→三宮平日ダイヤ、夜間~終電)です。

いかがでしたでしょうか。次は上り(三宮→梅田)です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました