鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

2006年1月26日

JR天王寺駅配線工事 その29

先日お知らせいたしました中線の分岐器の件ですが、新しく準備してある線路に吊り下げ式の枠?がとりつけられました。これをどうやって分岐器の場所まで持っていくのかが気になって仕方がありません。
人海戦術でぞろぞろ持っていくのかか、何かの特殊な機械で行うのか・・

46.jpg

2006年1月22日

JR天王寺駅配線工事 その29

43.jpg

阪和線と環状線との交差部分ですが、旧短絡線を崩した跡にコンクリートの基礎らしきものが組まれています。一体何を作るのでしょう。

44.jpg


阪和線と大和路線の交差部分。保守基地関係の建物がいくらか建っていましたが、最後の一棟が取り壊されています。また、ショベルカーが整地をしています。

45.jpg

天王寺駅側に出来た銀色のドームですが、上から見るとこんな感じになっています。
気になるのは画面中央の架線柱とビーム。ドーム側は仮設の柱で支えられていますが、どこに本設の柱を立てるのでしょうね。



おまたせいたしました。俯瞰画像です。2560X1920のビッグサイズです。
今までの工事箇所に加えて、架線柱やビームの変化に注目してください。

俯瞰画像

2006年1月18日

JR天王寺駅配線工事 その28

40.jpg

新・保守基地ですが、銀色の鉄骨?が連なってドーム状になっています。
しかし何ゆえこんな工法をとったのかが気になりますね。普通に屋根を作ればよいと思うのですが・・。

41.jpg

写真左側に、曲線の線路が置かれているのに気づかれるかと思います。
これは、中線から旧保守基地へ伸びていた線路を分ける分岐器を撤去するのでしょう。撤去されれば、旧保守基地に車両は何も入れなくなってしまいます。また、大和路線の架線柱が仮設のものになっていることから、旧保守基地部分のビームを撤去したものと思われますが、MIO駐車場屋上に行かないと分かりませんね(^^;。

2006年1月13日

JR天王寺駅配線工事 その27

新年初の工事観察となります。
最近は日の入りが少しずつ遅くなってきたので、なんとか撮影可能になりました。

38.jpg


まず、1枚目の写真中央部、旧側線群が収束していたありに構築された『謎の基礎』ですが、ここは車両の床下を検査するような場所になるようです。それが証拠に、線路の下に穴が開いているのを確認しております。今日はここに逆U字型のカバーになるようなパイプ?を取り付けていました。これを沢山連ねて屋根にするのでしょう。

39.jpg


2枚目の写真ですが、13・14番線ホームから東側を撮影しています。
正面にカバーに覆われた信号機が建っているのに気がつくと思いますが、恐らくこの信号機手前まで外回り電車が入れるようにするのでしょう。

写真はありませんが、阪和線と環状線が交差する部分の旧短絡線が地上に降りていた箇所が崩されていましたが、その場所に新たに基礎が組まれています。また何か建てるのでしょう。残った引き上げ線は若干切り下げの後、非電化となりました。

続きを読む "JR天王寺駅配線工事 その27"

1