鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

2015年6月13日

【南海】南海電鉄創業130周年&さようなら7000系記念企画 「懐かしの緑色」の特急サザンが運行開始


南海電鉄では、今年2015年で創業130周年となること、また7000系が今秋で引退となることを記念し、6月13日より「懐かしの緑色」の特急サザンを運行開始しました。

使用車両は、座席指定車が10000系10004F、自由席車が7000系7037Fです。10004Fは、10000系のなかで全車両がオリジナルの車両で構成されているのが特徴です。7037Fは2度目のリバイバル塗装を施されることになります。実際の運行時は、両編成を連結して一部座席指定の特急サザンとして運行します。塗装は、現行塗装になる前の緑色を基調としたデザインで、10000系は黄緑地に緑帯、7000系は緑のツートンカラーです。
そして、この「懐かしの緑色」の特急サザンの両端先頭車には、130周年を記念した特製ヘッドマークをとりつけます。

この企画のスケジュールですが、以下のようになっています。

緑のサザンは、6月13日から2016年(平成28年)3月までの約半年間運行されます。
そのうち、8月末でヘッドマークの掲出が終わり、9月末で7000系が運用終了となります。

*日によって、7000系7037F以外の車両を充当する場合があります。7月9日の難波15:50発の列車より、7月21日和歌山市11:29発の列車まで、7000系旧塗装編成以外の車両を連結する模様です。


20150613_nankai_01.jpg


20150613_nankai_02.jpg

1