鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

2016年5月 4日

【山陽】新型車両6000系デビュー


4月27日、山陽電鉄に新型車両である6000系が営業運転を開始しました。
山陽電鉄に新型車両が登場するのは、19年ぶりのことで、老朽化した3000系の置き換えを目的としています。

6000系は3両1編成となっており、2編成をつないで直通特急の運用にも入ることが可能です。

車体はアルミニウム合金を採用しています。

車両前面の顔は3000系のデザインを継承しながらも、5000系・5030系に似たブラックフェイスとなり、前面の3枚窓下部が緩やかな一本の曲線を描いています。その曲線は、ブラックフェイス下部とコーポレートカラーの「赤」の帯のデザインと同じになっています。

車両側面の中央部には赤の細いラインが引かれ、赤い客用扉が目立ちます。
側窓と客用扉の間には、朝日をイメージしたオレンジのグラデーションが配置されています。

前面・側面の表示器類、車内の照明などもすべてLEDが採用されています。
車内はロングシートで、車いすスペースやLCD式案内表示器も設置されています。



280429_01.jpg


フルカラーLEDになった側面の案内表示器。
種別・行先に加えて、号車表示まで表示されています。


280429_04.jpg


6000系デビュー記念看板。
海から昇る朝日をイメージしたものでしょうか?


280429_02.jpg


車掌台には、小型の看板も掲出されています。
series6000の文言と、6000系側面の絵柄となっています。


280429_03.jpg

2016年2月29日

【叡山】えいでん・日本酒電車が運転される


2月26日、叡山電車で『えいでん・日本酒電車』が運転されました。
酒蔵の銘酒数種類を、蔵元による解説とともに車内でじっくり楽しめる企画です。

日本酒電車は2往復設定(2部構成)され、1往復目が招德酒造の銘酒を味わえる「招德号」、2部は北川本家の銘酒を味わえる「富翁号」として運転されました。

出町柳→二軒茶屋→修学院→八瀬比叡山口→出町柳の経路で運転され、車両はデオ800型802編成でした。


1往復目の招德号。

280227_01.jpg


2往復目の富翁号。


280227_02.jpg


招德号のマーク。


280227_03.jpg


富翁号のマーク。


280227_04.jpg


えいでん・日本酒電車の看板。


280227_05.jpg

2015年10月 8日

【南海・泉北】12月5日南海高野線・泉北高速鉄道ダイヤ改正


南海電鉄と泉北高速鉄道では、12月5日(土)に南海高野線と泉北線のダイヤ改正を実施します。
特急泉北ライナーの運行や、泉北線直通区間急行が終日増発されるなど、大阪市内~泉北線内の利便性が向上します。

1.特急『泉北ライナー』デビュー!

難波~和泉中央間を最速29分で結びます!

運行本数:平日・・上り7本・下り6本、土休日、上り8本・下り8本
停車駅:難波・新今宮・天下茶屋~(ノンストップ)~泉ヶ丘・栂・美木田・光明池・和泉中央
特急料金:大人510円
使用車両:南海高野線特急『りんかん』使用車両(30000系・31000系・11000系)

*特急チケットレスサービスも利用できるとのことです。10回乗車すると、1回無料でのれます!


2.泉北区間急行が終日増発!

現在の準急行の一部が区間急行に格上げとなり、和泉中央~難波間は4分短縮されます。

・運行本数:平日朝上り6本・下り3本、それ以外の時間・・上り2本・下り2本


3.高野線・泉北線の運転本数の見直し

高野線(難波~河内長野間)

急行または区間急行を5本から4本に減便
各駅停車・・5本から4本に減便

泉北線(難波~和泉中央間)

区間急行・・0本から2本に増発
準急行・・・・5本から2本に減便
各駅停車・・0本から2本に増発


南海発表

続きを読む "【南海・泉北】12月5日南海高野線・泉北高速鉄道ダイヤ改正"

2015年5月 9日

【泉北】和泉中央駅20周年記念ラッピング車運行中


泉北高速鉄道では、和泉中央駅が開業20周年となることを記念した、ラッピング列車を運行中です。

7020系7021Fがラッピング編成に起用されています。
車体には、トミーテックの鉄道むすめ『和泉こうみ』さんと、泉北高速鉄道のキャラクター『せんぼくん』がラッピングされています。

運行期間は、4月11日から当分の間となっています。



2704029_02.jpg

続きを読む "【泉北】和泉中央駅20周年記念ラッピング車運行中"

2015年1月12日

【叡電】900系『きらら』に叡電ハトマークが掲出される


2014年12月25日から、叡山電車の900系『きらら』に、叡電ハトマークが掲出されています。
これは、京阪8000系8010Fに「機関車トーマス2015号」のラッピングが施されたことによってハトマークが消えてしまい、そのハトマークが叡山電車の車両や駅などを飛び回ると見立てた企画の一環です。
8月10日(ハトの日)までの間、叡山電車の色々な場所に移動します。


1月3日現在、ハトマークが掲出されているのは、900系デオ901-902『きらら』です。

また、指定の企画乗車券「えぇきっぷ、1000円」などを使用し、当日撮影した叡電ハトマークの写真を提示すると、出町柳駅で先着1000名様に、叡電ハトマークシールがもらえます。

270103_eiden_00.jpg

続きを読む "【叡電】900系『きらら』に叡電ハトマークが掲出される"

2012年8月 5日

特急スーパーはくと号にラッピングが施される

7智頭急行のHOT7000型5両編成に、『まんが王国鳥取』のラッピングが施されています。

これは、有名な漫画家の出身地である鳥取県をアピールし、スーパーはくと号の利用促進などを図るためのようです。ラッピング期間は3年間。京都~鳥取・倉吉間を運行します。


撮影地;京都駅にて 列車:特急スーパーはくと6号 撮影:Tanabe(管理人)

120805.superhakuto.01.jpg

左上:各車両側面に、谷口ジロー氏の作品『遙かな町へ』のイラストが掲出されています。
右上:Jiro Taniguchi の名前入り。
  下:車体側面。側面窓下部には『まんが王国とっとり』の文字が、乗務員室横のCKKマーク下には『遥かな旅・・ 鳥取、倉吉。』のPRマークが貼られています。


120805.superhakuto.02.jpg

2009年6月27日

【泉北】5000系ラッピング車両の名称がきまる


泉北高速鉄道の5000系5005Fには、ラッピングが施されている。
これは、泉が丘駅近くにある児童向け施設『ビッグバン』のイメージキャラクター『ベアル』『メロウ』をイメージしたものである。そのキャラクター『ベアル』が熊に似ていたため、通称『クマ電』と呼ばれていたが、正式なものではなかった。

2009年6月21日にその施設の開館10周年を記念し、公募によりようやく愛称が決定した。

愛称は『ハッピー・ベアル』となった。

現在は正面の運転台窓下部に『ハッピー・ベアル』の看板を掲出して、運行されている。


090627_sumiyoshi-higashi_senboku5505F.jpg

2007年9月17日

【山陽】姫路菓子博『ひめか』号

平成20年4月~5月にかけて行われる『姫路菓子博』の広告列車が走っています。
車両は山陽電鉄の5000系で、前面の貫通扉部分にマスコットキャラクターが描かれています。

himeka_5000.jpg

2006年12月28日

泉北高速の車両

あなたはどの形式がお好きですか?

私は5000系ですね。

12.28.01.jpg

12.28.02.jpg

12.28.03.jpg

12.28.04.jpg

1 2