鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

2016年5月16日

網干区221系が回送される


5月15日、網干区221系B12編成が、向日町操へ向けて回送されました。

回9978Mです。

280515_02.jpg

サロンカーなにわ使用の貸切列車が走る


5月14日、JR東海道・山陽線の大阪~岡山間で、宮原所のジョイフルトレイン『サロンカーなにわ』を使用した貸切列車が走りました。
牽引はEF65-1128[関]。今回は『サロンカーなにわ』の正調ヘッドマークを掲出していました。

280515_01.jpg



2016年5月 9日

クモヤ443系、全検後初の検測を行う


5月8日、吹田総合車両所京都支所のクモヤ443系が、全般検査後初となる検測を行いました。
検測を行ったのは草津線と湖西線です。

今回の検査で、塗装が塗り直されたほか、スカート部に『D1』の文字が追加されています。


草津線名物の天井川トンネルをバックに検測を行う、クモヤ443系。

280508_04.jpg


おごと温泉駅にて。


280508_05.jpg

2016年5月 4日

大阪環状線201系に、『OSAKA STATION CITY 5th』HMが掲出される


大阪環状線の201系の一部に、大阪駅隣接の大型複合施設『OSAKA STATION CITY』の開業5周年ヘッドマークが掲出されています。

掲出編成は、吹田総合車両所 森ノ宮支所(森ノ宮電車区)の201系LB10編成(120-120)ですが、5/4に確認したところ、もう1編成ある模様です。



280501_03.jpg

280501_04.jpg

2016年5月 3日

大河ドラマ「真田丸」ラッピング列車、大阪環状線と和歌山線で運行中!


JR西日本では、今年1月から放送されているNHK大河ドラマ『真田丸』にちなんだラッピング列車を、大阪環状線と和歌山線で運行しています。これは、大阪府と和歌山県などにある、『真田丸』ゆかりの地をアピールするためです。

ラッピング編成の運行期間は、12月までです。



=================================================================


1.大阪環状線のラッピング列車

吹田総合車両所森ノ宮支所201系LB9編成(94-94)が、真田丸ラッピングとなっています。
運転区間は、大阪環状線と桜島線(ゆめ咲き線)です。



1・2・7・8号車は、真田丸のメインビジュアルに合わせたデザインで、車両前面は赤く塗装され、真田丸題字と六文銭が描かれています。

280327_10.jpg


1両目と8両目の側面は、真田信繁(幸村)を演じる、堺雅人さんの写真が貼られています。


280327_11.jpg


3~6両目は、大河ドラマ『真田丸』の舞台となる、大阪府・和歌山県・長野県にあるゆかりの地などが紹介されています。


280327_12.jpg


==================================================================

2.和歌山線のラッピング編成


吹田総合車両所日根野支所新在家派出所属の105系SW004編成(クモハ105-506+クハ104-506)が、真田丸ラッピングとなっています。

運転区間は、和歌山線(和歌山~高田)、桜井線(万葉まほろば線、王寺~桜井~奈良)、紀勢本線(和歌山市~和歌山)です。

大阪環状線のラッピング編成と同じく、真田丸メインビジュアルと真田丸ゆかりの地の紹介となっており、編成の両側でデザインが異なっています。
和歌山線内の走行の場合、高田・奈良・王寺側が赤色(真田丸メインビジュアル)、和歌山側が青色(和歌山県内のゆかりの地の紹介)です。

280423_01.jpg

280423_03.jpg

280423_04.jpg



*掲載が遅くなりました。すみません。

2016年4月17日

207系が、大和路線久宝寺以西に入線


4月14日、明石所207系が、大和路線JR難波まで入線しました。
これは、強風の影響によりおおさか東線が運転見合わせとなったため、
同線を経由する直通快速尼崎行きがJR難波行きに変更となったものです。

運転区間が変更になったのは、奈良10:22発尼崎行きの直通快速(2107M)で、編成は207系T7+S25でした。

JR難波到着後は1番線奥の留置線に入り、13時前に出発しました。
その後はJR難波→柏原→久宝寺→おおさか東線と回送されました。


今宮駅を通過する207系。

280416_01.jpg

2016年2月13日

大阪環状線の広告列車(2016年2月)


大阪環状線では、2月現在、広告列車が4本運転されています。
そのうちの3本をご紹介いたします。


1.山陰まんなか共和国

 米子、境港、松江、安来、出雲の5市でつくる中海・宍道湖・大山圏域市長会による、『山陰まんなか共和国』の広告列車です。

編成は201系LB7(92-92)で、3月末まで運行だそうです。



280213_01.jpg


緑をベースとしたラッピングと、『さぁ、山陰の真ん中へ!』のメッセージが目立つ側面です。
側扉わきには、鳥取・島根の地図とともに、『山陰まんなか共和国』のキャッチフレーズが、扉には『こちら、山陰ど真ん中への入り口です。』の案内まで張られています。
日本海新聞によると、車内広告も独占し、車両ごとに5市の観光スポットや特産品を紹介しているそうです。



280213_02.jpg


2.からだすこやか茶

脂肪にも糖にもはたらく、特定保健用食品『からだすこやか茶』の広告列車です。

編成は201系LB4(65-65)。

280213_03.jpg

280213_04.jpg


3.en転職

就職・転職でおなじみ、enの広告列車です。

編成は201系LB14(137-137)。

280213_05.jpg


右側の男性は、CMに出演している濱田岳さんだそうです。

280213_06.jpg

続きを読む "大阪環状線の広告列車(2016年2月)"

網干所223系に、京都鉄道博物館ラッピングが施される


網干所223系に、今年4月に開業する『京都鉄道博物館』のラッピングが施されています。
ラッピングされたのは、223系W18編成です。

車体側面下部全体にラッピングが施され、春・夏・秋・冬それぞれの季節の京都をイメージしたデザインとなっています。8両編成なので、2両ずつ異なる季節の絵柄を見ることができます。

(逆光撮影のため見にくくてすみません・・・)

280206_01.jpg

続きを読む "網干所223系に、京都鉄道博物館ラッピングが施される"

2016年2月 1日

サロンカーなにわ使用の団臨が運転される


1月31日、宮原所のジョイフルトレイン『サロンカーなにわ』を使用した団体臨時列車が走りました。
経路は、紀勢本線(きのくに線)和歌山~白浜間の1往復です。
牽引はDD51-1109[宮]+DD51-1191[宮]。フル編成の7両編成でした。
ヘッドマークは、往路はオリジナルデザインの『サロンカー紀州路』、復路は正調仕様のデザインでした

P1420312.JPG

P1420366.jpg


今回掲出された、紀州路サロンカーのオリジナルヘッドマークとサボです。


P1420305.jpg

P1420330.jpg

P1420334.jpg

2015年12月23日

サロンカーなにわ使用の団臨が運転される


12月23日、宮原所のジョイフルトレイン『サロンカーなにわ』を使用した団体貸切列車が走りました。
経路は、大阪~福井(~回送で大聖寺)の往復です。
牽引はEF81-114[敦]。フル編成でしたが、機関車へのHM掲出はありませんでした。

271223_01.jpg

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11