鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

JR西日本

2019年2月14日

大阪環状線西九条駅で、渡り線新設工事


最近、大阪環状線西九条~野田間で、渡り線の新設工事が行われています。


20190211_01.jpg


この工事ですが、昨年11月ごろからスタートしています。
野田駅の旧大阪市場線跡地に分岐器が置かれ、どのように使うのか興味津々でした。


20190211_05.jpg

その渡り線ですが、梅田貨物線から、環状線外回りをまたいで内回り線へ入れるように配置されています。

なぜこの渡り線が設置されているのか、公式発表はありませんが、以下のことが考えられそうです。

1.現在、西九条駅の中線を通過している特急列車を、内回り線ホーム通過に変更する
2.利用が増えている桜島線(ゆめ咲線)の増発

現在、京都・新大阪から和歌山・関西空港へ向かう特急列車は、梅田貨物線から西九条駅の中線を通過してから環状線内回りに合流しています。このため、桜島線(ゆめ咲線)の列車が増発できないうえに、列車の間隔も不等間隔となっているのを改善する計画であると思われます。

あと1ヶ月と迫った3月ダイヤ改正に間に合うのでしょうか?

2019年2月12日

奈良所201系に『八尾市制施行70周年記念事業×おおさか東線全線開業 コラボラッピングが施される


2月4日より、奈良電車区201系のうち一編成に、『八尾市制施行70周年記念事業×おおさか東線全線開業 コラボラッピング』が施されています。

これは、「八尾市制施行70周年記念事業」の取組みの一環で、応募のあった作品の中から、最優秀賞・優秀賞を受賞したデザインが採用されています。

ラッピング・ヘッドマークが掲出されているのは、201系ND614編成(139-139)です。

20190210_10.jpg

▼最優秀賞を受賞したデザインがヘッドマークになっています。
河内音頭のイラストが描かれています。

20190210_11.jpg

続きを読む "奈良所201系に『八尾市制施行70周年記念事業×おおさか東線全線開業 コラボラッピングが施される"

2019年2月 4日

おおさか東線開業前の試運転実施中


今年3月16日に全面開業する『おおさか東線』の開業を前に、試運転が連日行われています。

3月に開業する放出~新大阪間での試運転は、奈良区の201系が使用され、前年12月の下旬から1時間に1往復のペースで同区間を往復していました。しかしここ最近は、開業後の本番を想定しているのか、久宝寺発の定期列車が放出に到着後、折り返さずにそのまま新大阪まで試運転を行っています。

また、新大阪~梅田信号場間では207系・321系を使用した試運転も行われております。奈良発新大阪行きの直通快速の関係と思われます。


▼放出駅でおなじみの201系が並ぶ光景です。左側の列車は回送表示で引上げ線へ行っていましたが、現在は試運転表示となって新大阪まで走ります。

200190202_16.jpg

▼新大阪駅に現れた201系。東海道山陽緩行線から撤退して11年?ぶりのことです。

200190202_12.jpg

200190202_10.jpg


続きを読む "おおさか東線開業前の試運転実施中"

『ハローキティはるか』登場


JR西日本では、1月29日(火)より、サンリオの人気キャラクター『ハローキティー』とコラボした『ハローキティはるか号』の運行を開始しました。ハローキティとのコラボは、昨年6月末に登場した『ハローキティ新幹線』 に続く第2弾です。

車両は日根野電車区の281系HA604編成(基本編成6両)です。

【ハローキティはるか】のデザインテーマは、『和のおもてなし』です。
外装は、草花や蝶々をモチーフにした装飾が施され、正面運転台窓下と扉横に和服姿のハローキティのイラストや『ハローキティはるか号』のロゴが描かれています。

車内にも装飾が施され、客用扉の内側や側面窓間にもハローキティや植物のイラストが描かれています。

なお、同じテーマを持った第2弾・第3弾も登場予定となっています。

500系『ハローキティ新幹線』 と281系ハローキティはるか号を、新大阪駅で乗り継ぐ旅行も楽しいかもしれませんね。

運行区間は、関西空港~天王寺~新大阪~京都(~草津~米原)です。



▼梅田貨物線を行く281系『ハローキティはるか号』です。
動植物をモチーフにしたイラストとハローキティのイラストが目立ちます。

200190202_02.jpg

続きを読む "『ハローキティはるか』登場"

1