鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

2016年7月19日

網干区の221系A9編成が、奈良区に転属する


網干総合車両所の221系A9編成(Tc221-63以下8連)が、奈良電車区に転属しました。
7月14日のA803運用にて目撃されています。

同編成は体質改善工事が施された編成で、奈良区の非体質改善車である元NB805編成(Tc221-49以下8連)と交換になった模様です。


20160700_221-63.jpg

福知山線・山陰本線で『サロンカーなにわ』団臨が運転される


7月18日、宮原所のジョイフルトレイン『サロンカーなにわ』を使用した団体貸切列車が走りました。
これは、日本旅行とJR西日本が共同企画した「宝塚・城崎電化30周年記念号の旅」ツアーの開催によるものです。
ツアー経路は大阪~豊岡・福知山~大阪で、福知山車両区での撮影会などが催された模様です。
牽引はDD51-1191[宮]。サロンカーなにわは所定7両のところ、6両に減車されていました。

280719_01.jpg


掲出された特製看板。
サロンカー電化30周年記念号の文言とともに、こうのとりの絵柄も入っています。


280719_02.jpg

2016年7月 3日

323系が試運転を行う


7月3日、新型車両323系が湖西線で試運転を行っておりました。
休日の試運転は珍しいと思われます。


280703_02.jpg

サロンカーなにわ使用の貸切列車が走る


7月3日、JR東海道線の彦根から予讃本線の高松の間で、宮原所のジョイフルトレイン『サロンカーなにわ』を使用した貸切列車『伝説愛婚活列車』が走りました。
これは、高松市と彦根市が、姉妹都市提携をして50周年を迎えることを記念したものです。

牽引はEF65-1124[関](トワイライト色)。
ヘッドマークの掲出はなく、編成は短い5両編成(2両減車)でした。

280703_03.jpg

2016年7月 2日

阪和線で225系5100番台が運用開始、普通列車に3扉車が充当される


7月1日より、吹田総合車両所日根野支所(日根野電車区)の225系5100番台が運用を開始しました。
225系5100番台は、225系5000番台の2次車となっており、阪和線の快速列車および普通列車で運用されます。

先頭形状は、227系や521系3次車と同じデザインで、4連車には転落防止幌が装着されます。
車内は225系5000番台と変わりはないものの、JR西の近郊型車両としては初めて、公衆無線LANサービスが提供されます。その他には、中央部のドア横に津波避難備品も備えられています。
側面の行先表示・種別表示は一か所にまとめられ、先頭部の表示器も同様にフルカラーLEDとなっています。

225系5100番台は、6両編成が11本、4両編成が14編成の合わせて122両が増備される予定となっています。この増備の影響により、長年阪和線の通勤型として活躍してきた、103系と205系の動向が注目されます。

280702_01a.jpg

280702_03.jpg

フルカラーLED化された表示器。従来のものより大型化され、見やすくなっています。
*ちなみに、それほどシャッタースピードを下げなくてもきれいに撮れますよ。

280702_04.jpg


また、7月1日より、普通列車の一部運用に3扉車が運用されています。
このため、普通列車のみ停車駅には、新たに3扉車の乗車位置を表す△印が追加されています。

7/2は223系0番台が運用されていました。座席数が多いため、優先的に回されたと思います。

280702_02a.jpg

280702_05.jpg


1