鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

2016年3月19日

【阪急】さくらのヘッドマーク掲出 (2016年)


阪急電鉄では桜の季節にあわせて、先頭車への『さくら』ヘッドマーク掲出が行われています。
これは毎年恒例の掲出となっていて、今年は3/19(土)~4/10(日)の間となっています。
掲出終了間際になると、ヘッドマークを外しだすので、早めの撮影をお勧めします。

掲出車両・・各線4編成ずつ。
デザイン・・・昨年と同じ。

* 詳細は【レールファン阪急】へ。

280319_10.jpg


掲出車両(3/19目撃):
京都線・・1000系 1301F、3300系 3315F?
宝塚線・・1000系 1004F、
神戸線・・不明

HMを掲出した3300系と1000系。 

280319_01.jpg

280319_02.jpg



2016年3月13日

【阪急】さくらの阪急電車 リラックマ号運転開始


阪急電鉄では、3月10日より「さくらの阪急電車 リラックマ号」が運転を開始しました。
昨年夏に開催された「夏の阪急電車 リラックマ号」に続く第3弾となります。
同時に、スタンプラリーも開催されています。

「さくらの阪急電車 リラックマ号」は、京都線・宝塚線・神戸線で各1編成ずつ運転されています。
先頭車には、編成の前後でデザインの異なるヘッドマークと、運転台窓下部に「Rilakkuma」のロゴが掲示されています。ヘッドマークの絵柄は、梅田側先頭車はリラックマが、反対側の先頭車にはリラックマの物語に登場するキャラクターも一緒に登場(各路線でデザインが異なる)しています。中間車と先頭車の側面は、桜をテーマにしたステッカーも貼られているほか、車内にはリラックマの広告がたくさん掲出されている模様です。

各線のリラックマ号の形式・編成は以下の通り。

京都線・・1300系1300F
宝塚線・・不明
神戸線・・1000系1008F

リラックマ号の運転は、4/17(日)までです。

阪急発表

280312_01.jpg

280312_02.jpg

2016年1月21日

【阪急】神戸線で、3月19日にダイヤ改正


阪急電鉄では、2016年3月19日に神戸線のダイヤ改正を行います。

ダイヤ改正日:3月19日(土)
対象ダイヤ:平日

1.朝ラッシュ時[平日]

  1-a.通勤特急・・新開地発梅田ゆき通勤特急(8両編成、神戸三宮より10両編成)を、神戸三宮発梅田行き(全区間10両編成)に変更します。新開地~神戸三宮間は後述の通勤急行が運行し、神戸三宮駅で接続することでフォローされます。ます。なお、西宮北口駅では4号線に入線するため、乗降分離が図られます。また、10両編成の最も神戸三宮側の車両は、女性専用車になります。

  1-b.通勤急行・・神戸三宮発梅田ゆき通勤急行(8両編成、西宮北口駅より10両編成)を
全区間8両での運転に変更し、所要時分の短縮を図ります。また新開地または高速神戸始発とし、神戸三宮で同駅始発の通勤特急(10両編成)に接続します。


2.夕ラッシュ時[平日]

 →下り列車(神戸三宮方面)は、現行ダイヤと同じダイヤパターンでの運転です。
 →上り列車(梅田方面)は、特急の所要時分が3分短縮になりす。


3.夜間・深夜時間帯[平日]

 →梅田駅23時00発以降、15分間隔で運行している快速急行および普通を各1本増発し、梅田駅23:30発まで10分間隔で運行します。神戸本線の増発にあわせて、接続する伊丹線・今津(北)線・甲陽線も増発します。

4.平日の昼間および 土休日

 →現行ダイヤと同じダイヤパターンでの運転です。


阪急電鉄発表資料

2016年1月 9日

【阪急】ワンハンドル運転台車両導入40周年記念列車のHMの絵柄が変更される


阪急電鉄では、昨年10月1日より、神戸線の6000系6050Fを『ワンハンドル運転台車両導入40周年記念列車』として仕立てています。記念列車にはヘッドマークを掲出しているほか、懐かしいHマーク・旧社章をシールで再現しています。

10月から始まった第1装飾の絵柄は7日に終了し、第2装飾の絵柄が8日から始まりました。
第2装飾の絵柄は、青背景に2200系のイラストが描かれ、『40th anniversary』の文言が入っています。

記念列車の運行は3月下旬までとなっています。


160109_10.jpg

160109_11.jpg

2015年11月 8日

【阪急】『もみじ』のヘッドマーク掲出(2015年)


阪急電鉄では、京都・神戸・宝塚の各線を走る車両に、『もみじ』ヘッドマークの掲出を開始しています。
これは毎年秋のシーズンに取り付けているもので、今年のデザインは、白バックの新しい絵柄になっています。

掲出期間は、11月2日(月)~11月30日(月)の間となっています。
掲出編成は、各線とも4編成ずつです。


11/7現在、もみじHM掲出を目撃した編成は以下の通り。

京都線・・9300F・1300F
宝塚線・・8004F?
神戸線・・未確認。。

271107_20.jpg

271107_21.jpg

2015年7月19日

【阪急】『天神祭』のヘッドマーク掲出 (2015年)


阪急電鉄では、7/24・25日に開催される天神祭にあわせて、一部編成の先頭車に『祇園祭』ヘッドマーク掲出が行われています。
今年のデザインは、「祭」の文字が、花火を連想させるものとなっています。


期間・・7/18(土)~7/24(金)
車両・・京都線・宝塚線・神戸線など、各線2編成
    


7/18現在、天神祭HM掲出を目撃した編成は以下の通り。

京都線・・9300F
宝塚線・・9007F、8007F?
神戸線・・未確認
能勢電車・・1705F

270718_hankyu_11.jpg


270718_hankyu_10.jpg

270718_hankyu_05.jpg

2015年7月18日

【阪急】「夏の阪急電車 リラックマ号」が運転開始


阪急電鉄では、7月18日より「夏の阪急電車 リラックマ号」が運転を開始しました。
これは、阪急電車とリラックマのコラボレーショングッズの第2弾の発売を記念したものです。
同時に、スタンプラリーも開催されています。

「夏の阪急電車 リラックマ号」は、京都線・宝塚線・神戸線で各1編成ずつ運転されています。
先頭車には、編成の前後でデザインの異なるヘッドマークと、運転台窓下部に「Rilakkuma」のロゴが掲示されています。ヘッドマークの絵柄は、梅田側先頭車はリラックマが、反対側の先頭車にはリラックマの物語に登場するキャラクターも一緒に登場(各路線でデザインが異なる)しています。中間車と先頭車の側面は、夏の思い出をテーマにしたステッカーも貼られているほか、車内にはリラックマの広告がたくさん掲出されている模様です。

各線のリラックマ号の形式・編成は以下の通り。

京都線・・1300系1300F
宝塚線・・1000系1004F
神戸線・・1000系1000F

リラックマ号の運転は、8/31(月)までです。



神戸線のリラックマ号

270718_hankyu_01.jpg

270718_hankyu_02.jpg



続きを読む "【阪急】「夏の阪急電車 リラックマ号」が運転開始"

2015年7月 4日

【阪急】『祇園祭』のヘッドマーク掲出 (2015年)


阪急電鉄では、7/1から始まる祇園祭の開催にあわせて、一部編成の先頭車に『祇園祭』ヘッドマーク掲出が行われています。
今年のデザインは、2年前に掲出のものと似ており、提灯の数が増えて「祭」の文字が鉾を連想させるものとなっています。

期間・・7/1(水)~7/24(金)
車両・・京都線・宝塚線・神戸線など、各線6編成
     ただし期間途中からは各線2編成が『天神祭』に変更


7/18現在、祇園祭HM掲出を目撃した編成は以下の通り。

京都線・・1303F、9308F、5321F、他1編成を確認
宝塚線・・6000F
神戸線・・8020F、7008F、5006F
能勢電車・・3120F

京都線の掲出車・・

20150704_00.jpg

20150704_01.jpg

20150704_02.jpg

2015年3月22日

【阪急】2300系さよなら運転ツアーが開催される


3月22日、阪急電鉄京都線で、2300系さよなら運転ツアーが開催されました。
これは、2300系の引退を記念した企画のうちの一つです。
さよなら運転ツアーでは、最後まで運用されていた2313Fがイベント列車に使用され、正雀~河原町間を往復しました。列車には、専用のHMが掲出されました。

今日を持って、1960年に登場して以来、55年間の長い歴史に幕を下ろしました。

高槻市~上牧間にて

270322_hankyu_01.jpg

270322_hankyu_02.jpg

2015年3月 7日

【阪急】宝塚線の車両に、ダイヤ改正PRヘッドマークが掲出される


阪急電鉄では、3月21日に宝塚線のダイヤ改正を行います。
そのダイヤ改正をPRするヘッドマーク・ステッカーを、一部編成に掲出しています。

・掲出期間・・2/27(金)~4/10(金)予定
・掲出編成・・宝塚線で運用される一部編成



HMを掲出している、8000系8004F。

270307_hankyu_01.jpg

1 2 3 4 5 6 7 8 9