鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

2020年7月21日

山陽新幹線『こだま号』のコンパートメントが予約可能に


JR西日本は、山陽新幹線の一部の『こだま』号において、6号車~8号車の自由席を指定席に変更し、個室(コンパートメント)を予約できるようにすると発表しました。個室が予約できるのは、700系E編成(ひかりレールスター塗装)が使用される以下の3往復が対象となっています。

新大阪発・・
7:39発
9:32発
10:32発

博多発・・
13:07発
14:07発
15:07発


202007_kodamarailstar.jpg

700系E編成は、【ひかりレールスター】として2000年3月に登場しました。
指定席はグリーン車並みの2列+2列の座席、オフィスシート、サイレンスカー、コンパートメントなど様々なニーズにこたえる設備を備え、人気を呼びました。
2011年には『さくら』に役目を譲って、早朝深夜の数本を除き『こだま』に格下げされています。『こだま』運用時はコンパートメントは閉鎖されました。

山陽新幹線『こだま』では、自由席はおおむね1号車~3号車と6号車~8号車に設定されていますが、もともと『ひかりレールスター』として登場したので、6号車~8号車は2列+2列の座席配置となっています。というこは、なんと6号車~8号車に限って言えば、自由席でありながらグリーン車並みの座席に座れることになります。そのためか、自由席は6号車~8号車から埋まっていくように思います。

今回、一部の『こだま』号では、その6~8号車が指定席に変更され、自由席は1号車~3号車の2列+3列の座席となります。自由席で豪華な座席に座れなくなるのは残念ですね。
また、コンパートメント(個室)で、ゆったりと新幹線の旅をグループで楽しむのもよさそうです。個室の利用条件は3~4名で、予約はみどりの窓口か旅行会社のみとなっており、e5489やみどりの券売機では予約できません。

鉄道コムのブログランキングです。ぜひクリックをお願いいたします。
鉄道コム

コメントする