鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

大阪市交通局

2020年2月14日

【大阪市交】谷町線で3/14(土)よりダイヤ改正


大阪市交通局(現:大阪メトロ)谷町線では、3月14日(土)よりダイヤ改正を行います。
ダイヤ改正が行われるのは、約3年ぶりです。



20170222_topics_tanimachi_01.jpg

1.【平日の昼間時間帯および土休日の昼間~夜間時間帯

平日の昼間時間帯と土休日の昼間~夜間時間帯において、列車の運転間隔を7分30秒間隔から6分間隔に短縮します。これにより、八尾南~大日間で1時間当たり8本から10本に増発されます。

2.【平日の夜間時間帯】

平日夕~夜ラッシュ時に運転している、都島~文の里間の折り返し列車を、大日~八尾南間の運行に拡大します。



前回ダイヤ改正で、文の里~都島間の本数が12本から8本に減少しました。そのため混雑が激しくなり、苦情が多く出たものと思われ、それに対する改善が今回のダイヤ改正と思われます。

しかし、文の里~八尾南間や、都島~大日間って、昼間に6分間隔もいらんよ!と言いたいです。

前者は近鉄南大阪線と、後者は京阪本線と競合します。どちらも普通電車が10分間隔で運転されており、本数を増やす必要性はありません。むしろ、大きな脅威です。利用客が大阪メトロに流れて私鉄沿線がさらにさびれる可能性が高いです。

平日や土休日の朝夕は混雑するので本数をもう少し出さないといけませんが、昼間は郊外部は空気輸送になる予感がします。そこまでして文の里行きを出したくないのでしょうか。もしくは、前回増発したのに減便すれば苦情がまたでると危惧したのかもしれません。

谷町線は、列車増発ではなく8連化して、大運転(八尾南~大日)と、小運転'(喜連瓜破or文の里~都島)の交互運行に戻してほしいです。



鉄道コムのブログランキングです。ぜひクリックをお願いいたします。
鉄道コム

コメントする