鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

近畿日本鉄道"

2020年1月21日

【近鉄】2020年ダイヤ変更の詳細発表


近鉄では、2020年3月14(土)に行うダイヤ変更の詳細を発表しました。

新型名阪特急『ひのとり』の運転開始や、阪神線直通快速急行の増結・増発、特急列車の増発などが主な内容となっています。


*詳細が判明次第、少しずつ加筆していきます。



A:特急列車

A-1:新型名阪特急「ひのとり」の運転開始

A-1-1 大阪~名古屋間(名阪甲特急)

【平日】
大阪難波発→名古屋 8:00 発、10:00 発、13:00 発、14:00 発、16:00 発、20:00 発
名古屋発→大阪難波 7:00 発、11:00 発、13:00 発、17:00 発、19:00 発、20:00 発

【土休日】
大阪難波発→名古屋 8:00 発、09:00 発、11:00 発、15:00 発、16:20 発、19:00 発
名古屋発→大阪難波 8:20 発、12:00 発、14:00 発、16:25 発、18:00 発、19:00 発


A-1-2 難波~奈良間(阪奈特急)

【平日】
 大阪難波発奈良 22:20 発
 奈良発大阪難波 06:30 発

【土休日】
大阪難波発奈良行き 20:35 発
奈良発大阪難波行き 08:13 発

*2021年(令和3年)3月までに、上記以外の名阪甲特急を順次「ひのとり」で運転します。

対象の名阪甲特急・・
大阪難波発 毎時0分発 土休日16時~18時代の毎時20分発
 名古屋発 毎時0分発 土休日8:20発と16時~18時代の毎時25分発 

現在主に甲特急で運用されている21000系『アーバンライナーNext』と『アーバンライナーPlus』は、順次名阪乙特急の運用に回ります。

対象の名阪乙特急・・
大阪難波発 毎時30分発 
 名古屋発 毎時30分発 5時58分発


『ひのとり』のイメージ図です。撮影でき次第取り替えます。
しばらくお待ちください。
20190830_01.png



ついに『ひのとり』が営業運転を開始しますね。


今までの車両から大幅にグレードアップして、バックシェル付きの座席や、全席に配置されるコンセント、フリーWiFIなど、充実のサービスが提供されます。早く乗ってみたいですね。
ところで、奈良線特急で運用される際のプレミアム車両料金が気になるところです。以前はDXシートは特別料金なしで利用できましたが、現在は210円になっています。「ひのとり」ではプレミアムシートでは300円な、レギュラーシートでも100円の特別車両料金がかかるので、実質値上げになりそうです。

A-2:名阪特急のスピードアップ

以下の名阪特急をスピードアップし、鶴橋~名古屋間で2時間を切る1時間59分で運転します。現在は毎日1本のみですが、ダイヤ改正後は5本に増えます。

現行の1時間59分で運転する列車・・
平日・・名古屋15:00発→鶴橋16:59着 土休日・・名古屋16:00発→鶴橋17:59着

ダイヤ改正後・・
大阪難波 11:00・12:00・13:00発
名古屋 15:00・16:00 発

20200121_02.jpg


A-3:各特急列車の増発

→名張5:41発名古屋行き特急(7:08着)を増発。
→松阪発名古屋行き特急の発車時刻を変更します。対象は平日5:54発および土休日5:58発の名古屋行き特急で、ダイヤ改正後は平日土休日とも5:36発に統一し、名古屋には6:46に到着します。
→平日のみ、奈良21:30発大阪難波行き特急(22:03着)を増発。


A-4:特急列車等の削減・運転区間の変更

 【平日】
・大阪上本町16:50発鳥羽行き特急を、宇治山田行きに変更
・大阪上本町17:45発鳥羽行き特急を、松阪行きに変更
・大阪難波18:10発および19:10発鳥羽行き特急を、宇治山田行きに変更
・鳥羽7:14発大阪上本町行き特急を、五十鈴川始発(7:23発)に変更。
・鳥羽8:18発大阪上本町行き特急を、五十鈴川始発(8:26発)に変更。
・伊賀神戸5:44発大阪難波行き特急を、名張始発(5:50発)に変更

 【土・休日】
・大阪上本町16:50発鳥羽行き特急を、宇治山田行きに変更
・大阪上本町17:45発鳥羽行き特急を、松阪行きに変更
・大阪難波18:10発鳥羽行き特急を、宇治山田行きに変更
・鳥羽8:18発大阪上本町行き特急を、五十鈴川始発(8:27発)に変更
・名古屋18:02発鳥羽行き特急を、宇治山田行きに変更
・伊賀神戸5:46発大阪難波行き特急を、名張駅始発(5:53発)に変更

*鳥羽線で、朝と夕方~夜間における特急列車の運転区間短縮のようです。短縮される区間は、連続して走る別の特急列車に乗り換えることでフォローする形にするのでしょうね。近鉄は乗り換えても特急料金は通算なので負担は増えませんが、チケットレスで座席を指定する場合もそうですが、短距離での乗り換えは面倒ですね。。
あと、伊賀神戸始発の特急を名張発に短縮する件ですが、実は青山町始発として設定されていたのです。青山町からは特急券が買えず、伊賀神戸発の特急券を事前購入あるいはチケットレス指定で乗車できる仕組みです。青山町始発特急は平日2本、土休日1本設定されていましたが、ダイヤ改正で平日・土休日とも1本廃止になり、平日1本のみとなります。

B:一般列車の増発・削減

B-1:奈良線
B-1-1:快速急行の増結とスピードアップ

土休日ダイヤのみ、6両編成で運転する快速急行を8両編成に増結(一部列車を除く)します。あわせて、阪神尼崎駅での連結解放作業を取り止めること等により所要時分を平均4分短縮します。

奈良~阪神神戸三宮間の平均所要時間

神戸三宮→奈良間 86分→80分 6分短縮
奈良→神戸三宮間 83分→82分 1分短縮

最速列車は、79分から76分に3分短縮します。

*ようやく快速急行が8両に戻ります。阪神直通前は急行と同じく8両編成だったのですが、直通後は6両編成になり車体長の短い阪神車両が入ってくることで、混雑が増していました。朝夕は10両編成もあるので、尼崎での増解結は残りそうですね。

20200121_04.jpg

B-1-2:快速急行の運転時間帯を拡大します。

・土休日ダイヤの奈良19:56発尼崎行き快速急行を神戸三宮行きに変更します。
 なお、尼崎行き快速急行は、奈良22:00発まで運転しています。
・土休日ダイヤの神戸三宮発奈良行き快速急行の最終列車を、20:14発から21:20発に変更します。

B-2:大阪線

*すべて平日ダイヤ
・五位堂発大阪上本町行き急行2本を増発
五位堂発6:29発、6:46発

・大阪上本町行き快速急行3本を急行に変更
・大阪上本町5:37発発伊勢中川行き急行を増発
・大阪上本町6:00発五十鈴川行き急行は、大阪上本町6:14発大和八木行き急行に変更
・大和八木5:08発大阪上本町行き区間準急を5:00発に変更し、発車時刻を8分繰り上げ
・河内国分5:15発大阪上本町行き区間準急を5:11発に変更し、発車時刻を4分繰り上げ

B-3:生駒線
運転本数・発着時刻を変更します。
平成29年の21号台風災害に伴う徐行運転を終了し、朝夕時間帯の生駒・王寺間の列車を毎時4本運転とします。

B-4:南大阪線・長野線
平日ダイヤのみ、富田林5:25発大阪阿部野橋行き準急を5:20発に変更し、発車時刻を5分繰り上げます。

B-5:名古屋線

白塚5:10発名古屋行き普通を5:06発に変更し、発車時刻を4分繰り上げます。


このほか、ご利用状況などに応じて列車の運転本数、運転区間、種別、時刻などの見直しがあります。これが一番気がかりなところですね(^^;。



鉄道コムのブログランキングです。ぜひクリックをお願いいたします。
鉄道コム

コメントする