鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

JR西日本

2019年9月10日

JR七尾線に521系投入へ


9月10日、JR西日本は、2020年秋ごろからJR七尾線に新型車両を導入すると発表しました。同時に、車両内に『車載型IC改札機』を設置し、七尾線全線がICOCAエリアとなります。

七尾線に導入される新型車両は521系で、同形式車両が北陸本線や金沢以東の各第三セクターで運用されています。

今回導入される521系の車両数は30両(2両編成×15本)となっています。金沢総合車両所には413系が18両(3両編成×6本)、415系が27両(3両編成×9本)が配置されていますが、これがすべて521系2両編成で置き換えになります。


20190910_521.jpg

JR西日本ホームページより。

521系の特徴


安全性・・車両異常挙動検知装置や先頭車間転落防止ホロの設置、戸挟み検知装置、EB-N装置(運転士異常時列車停止装置)、とっさの際に掴まりやすい形状・オレンジ色調の吊手、手スリの採用

快適性・・多機能トイレ・車椅子スペース・LED照明・自動温度調節による空調の最適化

利便性・・ 車載型IC改札機の設置や、車内ドア上部の情報表示装置による行き先案内


車両デザインとしては、521系の最新版とよく似ています。塗装は茜色となっており、これは輪島塗を連想させる茜色をラインカラーとなっています。塗装配置は225系100番台・521系第3次車とよく似た、車両先頭部から側面まで続くタイプとなっています。

車載型IC改札機は、列車の扉に改札が設けられたようなイメージとなっています。列車の乗車時にICカードをタッチし、降車時にICカードをまたタッチすることになります。バスと同じですね。

今度導入される521系は、まるで北陸版227系のような印象を受けました。
ただ、新型車両が導入されたとしても、いいことばかりではありません。

新型521系と、置き換え対象の413系・415系の編成数は15本で同じですが、1両減車されて2両編成となります。これでは混雑が増し、着席機会が減少してしまいます。3両編成で置き換えてほしかったところですね。



置き換えられる車両は・・・


この521系登場に伴い、七尾線で運行している413系と415系800番台が置き換えられることになりました。

413系は、元急行型だった457系から機器を再利用し、車体のみ新規製造された形式です。2編成のみ、片方の先頭車が急行型(クハ455形700番台)となっています。

20190910_413.jpg


415系800番台は、1991年の七尾線電化の際に、直流電車である113系を改造して交直流電車に改造した形式です。交直流機器は、485系から改造された福知山所の183系800番台から転用しています。アッと驚くような改造ですね。

485系+113系=183系+415系

20190910_415.jpg

鉄道コムのブログランキングです。ぜひクリックをお願いいたします。
鉄道コム

コメントする