鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

2018年8月16日

【京都市交】京まふ号運転!(2018年)


京都市営地下鉄烏丸線では、9/15・16に開催される『京都国際マンガ・アニメフェア 2018(略称:京まふ 2018)』のPR及び、地下鉄の利用促進を図るため,「京まふ号」を運転しています。

「京まふ号」は、『京都国際マンガ・アニメフェア 2018』出展作品で車内外を装飾しているのが特徴です。
車内には、出展作品のアニメがあらゆる場所に装飾されており、気分が盛り上がる仕掛けです。車外にもアニメの装飾が施され、それぞれの作品に登場するキャラクターが貼られています。

烏丸線車両10系6両編成のうち、アニメ装飾されているのは、竹田側の2両のみとなっています。
今年の担当編成は、リニューアル改造を受けた1119Fです。

「京まふ号」の運転は、10月26日(金)までの予定となっています。



20180814_01.jpg

車内外には、「京都国際マンガ・アニメフェア2018」に出展する一部のアニメのキャラクターなどで装飾されています。その中から一部をご紹介いたします。

装飾されているアニメは・・

・『僕のヒーローアカデミア (1両目)
・『とある魔術の禁書目録(インデックス)Ⅲ』 (1両目)
・『PEACE MAKER 鐵』 (2両目)
・『はたらく細胞』 (2両目)



2両目「はたらく細胞」 


「はたらく細胞」は、体内に存在する細胞を擬人化したアニメです。
それぞれの細胞の動きや、病気・怪我などを再現した内容となっていますので、このアニメを見れば、体内で細胞がどのような動きをしているかわかりやすいでしょう。

メインキャラクターである、赤血球と白血球さん。

20180800_kyoumafu_11.jpg

窓にもアニメのイラストが貼られています。
こちらは血小板ちゃん。

20180800_kyoumafu_12.jpg


車端部や側扉下部にも、キャラクターや名シーンのイラストが配されています。
妻窓下部は、第1話の肺炎球菌のシーンですね。


20180800_kyoumafu_13.jpg


20180800_kyoumafu_14.jpg

鉄道コムのブログランキングです。ぜひクリックをお願いいたします。
鉄道コム

コメントする