鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

2018年3月18日

【阪急】各本線に新しいラッピング列車が登場


阪急電鉄では、沿線の活性化と旅客誘致を目的に、新たに沿線の観光スポットなどを車両側面にデザインしたラッピング列車の運行を開始しました。同時に、スタンプラリーも開催されています。

この列車は、昨年まで京都線・宝塚線・神戸線で運行されていたラッピング編成【古都】【宝夢】【爽風】に続く第2弾です。
今回も愛称は引き継がれますが、今回のラッピングのデザインは、地元出身のクリエイターが手掛けています。沿線の観光スポットなどを、それぞれのクリエイターの作風や世界観により表現しているのが特徴です。
編成の前後には、愛称とイラストが描かれたヘッドマークも掲出しています。このヘッドマークは、編成の前後でデザインが異なっています。


各線でラッピングされた編成は以下の通りです。
各線とも8連固定のため、嵐山ゆき直通特急には入りません。

京都線・・・1300系1301F(写真なし)
宝塚線・・・1000系1001F
神戸線・・・1000系1002F

期間は3/17(土)~2019年3月31日(日)までです。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

京都線 1300系1301F 【古都】
デザイナーは、『花と妖精』の世界で親しまれるイラストレータの永田萠さん

(写真は撮れ次第掲載します)

宝塚線 1000系1001F 【宝夢】
デザイナーは、漫画『ベルサイユのばら』で有名な漫画家の池田理代子さん

20180318_05.jpg

神戸線 1000系1002F 【爽風】
デザイナーは、人気ミュージシャンのCDジャケットや文庫書籍の表紙などを手がけるイラストレーターの中村佑介さん

20180318_01.jpg

鉄道コムのブログランキングです。ぜひクリックをお願いいたします。
鉄道コム

コメントする