鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

2016年12月 3日

【貨物】東武鉄道500系『Revaty』が甲種輸送される


12月3日、東武鉄道の新型特急車両500系3編成9両が、川崎重工より出場しました。
兵庫→熊谷貨物(タ)間で甲種輸送されています。

500系の愛称は『Revaty(リバティ)』で、3両編成×8編成(計24両)が製造されることになっており、浅草から日光・会津田島・館林方面への特急列車で運用されるようです。

牽引機は、兵庫~吹田間はDE10-1191、吹田からはEF66-123が充当されました。



20161203_01.jpg

20161203_03.jpg



甲種輸送を最後尾から撮影。
Y字が目を引く、大胆なデザインだと思います。

20161203_02.jpg



今回の甲種輸送では、3両編成×3両の組成でしたので、連結面が2か所ありました。
4両目と5両目は幌がつながっていましたが、7両目と8両目は幌なしでした。

20161203_05.jpg

20161203_06.jpg

『Revaty』のロゴ。
Revatyとは、「Variety」(多様・様々。併結・分割機能を活かした多線区での運行)と、「Liberty」(自由。東武鉄道の路線を縦横無尽に走り回る自由度の高さ)を合わせた造語となっています。
近鉄のように需要に応じて分割併合し、大多数の路線に特急が走っているイメージに似てるのかもしれません。

20161203_04.jpg

コメントする