鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

JR西日本

2016年5月 3日

大河ドラマ「真田丸」ラッピング列車、大阪環状線と和歌山線で運行中!


JR西日本では、今年1月から放送されているNHK大河ドラマ『真田丸』にちなんだラッピング列車を、大阪環状線と和歌山線で運行しています。これは、大阪府と和歌山県などにある、『真田丸』ゆかりの地をアピールするためです。

ラッピング編成の運行期間は、12月までです。



=================================================================


1.大阪環状線のラッピング列車

吹田総合車両所森ノ宮支所201系LB9編成(94-94)が、真田丸ラッピングとなっています。
運転区間は、大阪環状線と桜島線(ゆめ咲き線)です。



1・2・7・8号車は、真田丸のメインビジュアルに合わせたデザインで、車両前面は赤く塗装され、真田丸題字と六文銭が描かれています。

280327_10.jpg


1両目と8両目の側面は、真田信繁(幸村)を演じる、堺雅人さんの写真が貼られています。


280327_11.jpg


3~6両目は、大河ドラマ『真田丸』の舞台となる、大阪府・和歌山県・長野県にあるゆかりの地などが紹介されています。


280327_12.jpg


==================================================================

2.和歌山線のラッピング編成


吹田総合車両所日根野支所新在家派出所属の105系SW004編成(クモハ105-506+クハ104-506)が、真田丸ラッピングとなっています。

運転区間は、和歌山線(和歌山~高田)、桜井線(万葉まほろば線、王寺~桜井~奈良)、紀勢本線(和歌山市~和歌山)です。

大阪環状線のラッピング編成と同じく、真田丸メインビジュアルと真田丸ゆかりの地の紹介となっており、編成の両側でデザインが異なっています。
和歌山線内の走行の場合、高田・奈良・王寺側が赤色(真田丸メインビジュアル)、和歌山側が青色(和歌山県内のゆかりの地の紹介)です。

280423_01.jpg

280423_03.jpg

280423_04.jpg



*掲載が遅くなりました。すみません。

鉄道コムのブログランキングです。ぜひクリックをお願いいたします。
鉄道コム

コメントする