6月29日 撮影日記

新・奈良駅、大和路線 撮影

TOP > Enjoy Railway > PhotoDiary > 6月29日

今宮駅にて



本日6月29日に、奈良駅が高架になりました。
それを記念して、特製ヘッドマークが付いたようです。

車番はメモし忘れ・・orz

高架になった奈良駅



高架になった奈良駅に到着。
おおさか東線や、最近高架になった駅と大して変わらないような雰囲気です。


駅構内のアップを。103系と221系の並び。奥の引き上げ線には201系がいます。
奈良駅という感じがしないですね・・。ずっと地平駅だったからでしょうか。

高架ホームからの眺め





ホーム北側の先端からは、興福寺や旧駅舎の屋根、若草山がセットで見れます。

駅前後の配線







上2枚は南側(京終、郡山方面)、下は北側(平城山方面)です。

なんと両方ともダブルクロスポイント2つという豪華な配線になっています。
桜井線から4番線、2番線から大和路線上りへ入る列車に乗ってみたいものです。

南側の引き上げ線は、3番線と4番線からしか入れないようになっています。
万が一のことを考えて、すべてのホームから出入りできるようにしたほうがよかったと思いますが・・。(←複雑な配線を見たいだけ(爆))

コンコースの様子



下のコンコースに降ります。
おおさか東線の駅とあまり変わらないですね。

左のカラフルな壁が気になります。





照明が少なく、壁で仕切られているせいか、ものすごく殺風景な感じがします。

中央の丘みたいになってるところには、仮設トイレがありました。


仮設通路の壁には、奈良の歴史が描かれていました。
歴史の勉強?になります。


2・3番線への通路です。
桜井線を除き、駅舎から長々歩くことになりますので、
余裕を持って乗車したほうが良いですね。また、ホーム間違いにはご用心!(^^;;

こちらも壁で仕切られ殺風景。


仮設通路を進んでいきますと、お馴染み、電光掲示板のある場所に出ます。
左の幕で覆われた場所は、地上時代の2・3番線への階段がありました。


駅の西口を出てみました。あまり出る機会の無いところです。
全体的に落ち着いたカラーになった印象を持ちました。



奈良駅西口。仮設のままです。
最終的にはどう変化するのでしょうね。

地上の廃線跡


駅北側にあった三条通の踏切。
警報機や遮断機は撤去され、すべての線路が通せんぼになっています。





昨日まで列車が行きかっていた場所です。
一夜のうちに廃線跡と化しました。

これから撤去作業が本格化しそうです。

桜井線ホーム


桜井線は、引き続き1番線に停車しますが、途中で線路が切られてしまっています。
天理臨や奈良区への入庫はどうやって通すのでしょうか?

奈良〜京終間に高架とつながってる場所があるのでしょうね。

103系


高架に上がると、久宝寺まで乗った103系166-167の編成が止まっていました。
最近は増えてる棒が邪魔しますが、写真のすぐ左側にも棒が立っており(上から3枚目の写真を参照)、撮影には難儀します。

これに乗って帰宅。最後までご覧頂き有難うございました。

次の写真はありません
←前の日記に戻る | トップに戻る | 次の日記に行く→