【阪堺】阪堺線恵美須町駅2番線が使用中止される

最近、阪堺電気軌道阪堺線恵美須町駅の2番線が使用中止になり、線路配線も変化しています。
阪堺電車の駅で線路配線が変化するのは、上町線の住吉~住吉公園駅間の廃止以来のことです。
2番線が使用中止になったのは8月上旬の模様で、ロープで立ち入り禁止になっていました。
一部屋根も撤去されています。
20191014_01.jpg
2番線使用中止に伴い、駅先端にあるダブルクロスポイントの一部を撤去して1番線のみに出入りできるよう改造されると思っていました。
しかし、意外なことに、少し離れたところで上下線が合流するように変わっていたのです。ダブルクロスポイントはすべて撤去され、普通の線路に変更されるようです。
20191014_03.jpg
20191014_02.jpg
近くの踏切から見た様子です。
駅の手前で線路が合流し、単線となってホームに入っていく様子がわかります。
20191014_04.jpg
以下の写真は、2013年12月に撮影した写真です。
有名な家電メーカー【SHARP】の看板が目立っていますね。少し前は、2番線に団体臨時列車が止まっていることが多かったようです。
20191014_05.jpg
2014年9月撮影、恵美須町駅2番線に停車しているモ161号車です。
山尾の看板が掲出されていますので、山尾さんの貸し切りだったのでしょうか。
20191014_10.jpg
このように、恵美須町駅2番線は団臨が使っていたようですが、天王寺駅前駅みたいに縦列停車にするのかもしれません。
===========
さいごに・・
恵美須町の駅がここまで寂れるとは思いもよりませんでしたね。
一時期は平野線の電車が発着してた3番線まであったころが最盛期だったのかもしれません。日本橋電気街で最もにぎわってるのが、ヲタロードなど難波周辺となり、恵美須町周辺は電気店・コンピューターを扱う店より免税店のほうが活気があるという有様です。昔はいろいろなお店がずらりと並んでいて楽しかったのですが・・
現在は3番線の跡地は埋められています。
20191014_11.jpg
線路配線の改良の文章を書いていて、上町線の住吉駅~住吉公園駅が廃線になった理由が、設備の更新に何億円とかかるのがネックだった・・・というのを思い出しました。
阪堺線は乗客の減少が続き、2014年ダイヤ改正で日中の本数が5本から3本に、2019年ダイヤ改正では3本から2本に減便されたことで、2線使わずに1線のみで対応できるので、維持費のかかる設備を撤去・・・ということなのかもしれません。ダブルクロスポイントを片開き分岐器1台に変更することで、保守点検の手間や費用が節約できます。
今後、2番線のあった部分はどうなるのか気になりますが、通天閣や新世界への観光客が増えてるので、何らかの集客施設や宿泊施設に転用する可能性もありそうですね。

コメント

  1. SR快速 より:

    ご無沙汰しております。
    天王寺駅前に発着する上町線が好調なこと、恵美須町~住吉は南海本線と並行することがあって利用者の減少に拍車がかかっていることを考えればやむを得ないでしょう。近い将来恵美須町~住吉は最悪廃線もありうると思います。

  2. Tanabe より:

    >SR快速様
    大変返事が遅くなって申し訳ございません!
    南海本線のほかに、地下鉄四つ橋線も途中から並行しているので、阪堺線はさらに厳しい状況ですね。南海汐見橋線と同じく、(おおむね)30分間隔でしばらく様子見なのかもしれません。最近は恵美須町界隈は観光客やホテルが増えて、住吉大社や堺への観光に便利なので、何とかテコ入れが必要かと思います。

  3. […] 2019年10月13日【阪堺】阪堺線恵美須町駅2番線が使用中止される […]

タイトルとURLをコピーしました