【京阪】9月25日新ダイヤスタート 昼間時間帯に「快速急行」が復活

プレミアムカーを連結後初の快速急行運用に就く京阪3000系 京阪電鉄

京阪電鉄では、9月25日にダイヤ改正を実施し、新ダイヤがスタートしました。

基本ダイヤは15分間隔となり、『快速急行』が3000系車両を使用して復活しました(一部除く)。

前面貫通扉下部の種別表示は黒で、あくまで特急・快速特急洛楽の時のみに使うようです。

3000系快速急行の走行シーン

▼久しぶりに昼間時間帯の快速急行運用に就く京阪3000系。1時間当たり2本の設定です。京阪間の先着列車は、特急と合わせて一応6本が確保されていることになります。(実質特急4本)

プレミアムカーを連結後初の快速急行運用に就く京阪3000系

▼快速特急『洛楽』は再び3000系の運用になりました。3000系の充当は、土休日ダイヤでは久しぶりではないでしょうか。平日は8000系の運用があるようです。

土休日ダイヤでは久しぶりに快速特急洛楽運用に就く京阪3000系

▼『洛楽』運用時間帯の快速急行は、一般車で運転されます。(朝:京都方面、夕:大阪方面)なお、土休日ダイヤの夕方は、枚方市での快速特急洛楽待避はないようです。

快速急行同士のすれ違い。

3000系快速急行 プレミアムカーの様子

▼淀屋橋駅に停車中の京阪3000系。プレミアムカー周辺の様子です。

淀屋橋駅に停車中の京阪3000系。プレミアムカー周辺の様子です。

▼プレミアムカーの案内にしっかりと「快速急行」と表示されています。

プレミアムカーの案内表示です。しっかりと快速急行と表示されています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました