【JR西日本】宮原支所留置中の221系の様子(8月)

宮原支所に留置中の221系 JR西日本

今年の3月ごろより、網干総合車両所宮原支所に、網干所・京都所221系が留置されています。

網干所221系A編成・C編成は、225系100番台の増備により置き換えされ、京都支所221系2編成は、網干所から223系V編成の転属により置き換えられました。

4月~5月にかけて8両編成と4両編成が6両編成に組み替えられたのち、奈良支所へいったん回送されて、前面窓下部に車両番号が添付されています。

8月の宮原支所の様子

▼宮原支所に留置される221系。5月に訪問した時と変化はありません。

しかし、車両前部をよく見てみると、新しくシールが貼られているのがわかります。

宮原支所に留置される221系

新NC610編成(旧:元C2編成+元A15編成)

貫通扉窓に『NC610』のシールが、運転台下部には車両番号の『7』のシールが貼られています。

新NC618編成(旧:元A15編成)

貫通扉窓に『NC618』のシールが、運転台下部には車両番号の『49』のシールが貼られています。

新NC618編成(クモハ221-49~クハ221-49)

新NC612編成(旧:元C3編成)

貫通扉窓に『NC612』のシールが、運転台下部には車両番号の『9』のシールが貼られています。

新NC612編成(クモハ221-9~クハ221-9)

新NC619編成(旧:元A10編成)

貫通扉窓に『NC619』のシールが、運転台下部には車両番号の『67』のシールが貼られています。

新NC619編成(クモハ221-67~クハ221-67)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました