【JR西日本】網干所221系A編成が順次疎開される

宮原支所に疎開留置された、元網干支所221系A3編成とA10編成 JR西日本

3月8日から11日にかけて、吹田総合車両所網干支所に所属する221系A編成(8連)が、宮原支所や森ノ宮支所に疎開回送~留置されてることがわかりました。A編成は8連×5編成=40両が所属していましたが、今回4編成が疎開留置されています。()は疎開場所

  • 3月8日・・A1編成(森ノ宮)
  • 3月9日・・A3編成(宮原)
  • 3月10日・・A15編成(宮原)
  • 3月11日・・A10編成(宮原)

網干支所には、新造車両である225系100番台が追加増備されており、221系は順次奈良所に転出の見込みとなっています。残る221系は、A編成はA16編成の8両1編成のみ、B編成6連×14編成=84両と、C編成4連×3編成=12両の合計104両となります。

疎開留置された221系は奈良支所に転属して201系を置き換えるとみられ、今後の動向が注目されます。

疎開留置された221系

森ノ宮支所にて

森ノ宮支所には、221系A1編成が留置されています。

森ノ宮支所に疎開留置された、元網干支所221系A1編成

先頭部付近をアップで撮影しました。森ノ宮支所には奈良支所の221系も留置されていますが、前面窓下に車両番号の表示がないことで見分けがつきます。

森ノ宮支所に疎開留置された、元網干支所221系A1編成をアップで撮影

宮原支所にて

宮原支所には、221系A3・A10・A15編成が留置されています。

最も駅に近い新御堂筋との交差付近には、A3編成とA15編成が並んで留置されています。

宮原支所に疎開留置された、元網干支所221系A3編成とA10編成

ここから少し西に歩くとA10編成が留置されていました。金網が写ってしまっています。申し訳ございません。

宮原支所に疎開留置された、元網干支所221系A10編成

網干支所から疎開留置された221系の写真(現役時代)

A1編成

クハ221-25~クモハ221-25

JR西日本 網干支所221系A1編成

A3編成

クハ221-35~クモハ221-35

JR西日本 網干支所221系A3編成

A10編成

クハ221-67~クモハ221-67

JR西日本 網干支所221系A10編成

A15編成

クハ221-49~クモハ221-49

*元奈良区車両

JR西日本 網干支所221系A15編成

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました