鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ
トップページ  >  写真館  > JR新幹線 > 500系

500系のぞみ

500系について

500系は、JR西日本が開発した形式である。

山陽新幹線の更なる高速化を目指して製造され、最高速度は300km/hを達成した。

デビューは1997年3月で、当時は世界最速の電車であった。

 

世界最速となる300km/運転をするにあたり、この500系には様々な工夫が凝らされている。

高速運転時の空気抵抗を減らすために、先頭部分は鋭い流線型を採用し、車体は円筒形状になっている。

その形状は航空機やジェット戦闘機を連想させ、見るものに強いインパクトを与えるなど、今でも絶大な人気を誇る。

 

運転開始から『のぞみ』運用を続けていたが、順次『こだま』用に短編成化改造(16両(W編成)→8両(V編成))されている。

 

 

500系写真集 (東海道新幹線 )

500系写真集 (山陽新幹線 )

ページの上へ▲