鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ
トップページ  >  写真館  >  111・113系

111・113系について

概要

国鉄時代を代表する直流型近郊用車両である。

1962年に111系が東海道線・横須賀線で登場したが、翌年1963年には、モーターをパワーアップした113系へと移行している。

113系は、1963年から1982年までの間に2900両も製造された。そのため、本州の温暖な地域を走る直流の平坦路線でその姿を見かけることができる。

 

現在は223系・313系・E231系など後継車両に置き換えが進んでいる。

 

車内

 

車内はセミクロス(4人がけボックス)シート、扉付近はロングシートが基本となっている。

JR西日本の体質改善車は、223系並の転換クロスシートを装備しており快適である。

 

走行路線

JR西日本:阪和線・紀勢本線(きのくに線)・大阪環状線・福知山線・舞鶴線・小浜線・山陰本線・湖西線・草津線・山陽本線・瀬戸大橋線
JR東日本:千葉方面

写真集 

ページの上へ▲