鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

撮影日記

2018年5月 7日

新幹線のポケット時刻表は見づらい


東海道・山陽新幹線のポケット時刻表(JR西日本版)を見ながら思ったことがあったので書きます。
それは何かというと。。。

そろそろ【N700系で運転】を消しませんか?ということなんです。

20180507_01.jpg


そもそも、N700系が登場してから10年以上が経ち、東海道・山陽新幹線の各列車に幅広く充当されているのはご存知のことと思います。もはや、N700系ではない列車が希少になっている状態です。

ということは、

N700系で運転の列車です!ということよりも、N700系以外の車種で運転します!

のほうが大事なんじゃないかなと。

なぜかといえば、N700系の最大の特徴であるコンセントが、700系以前の車両にはありません。スマートフォンやノートパソコンを充電したくてもできない列車に当たったら、残念ですよね。お客さんが知りたい情報は、もはや『コンセントのない列車の時刻』ではないかと思うのです。

そこで・・

特記なき列車は、全てN700系で運転します。N700系以外の車両を使う場合は、各列車時刻の横に記載します。

に変更してみてはどうでしょうか。

新幹線の時刻表を見てみると、臨時列車の場合は運転日の記載があります。しかし・・よく見てみると、一つの列車にたいして2か所に日付が書かれています。

20180507_02.jpg

これは、運転日と車種が書かれているためなんですね。2つの日にちをよく見てみると、片方しか日付がない場合があります。

これは、N700系で運転される日と、700系で運転される日があるためなんです。

上記の時刻表の写真を見ていただいて、中央付近にある『のぞみ388号』は、臨時列車で運転日が多いためか、細かく運転日が書かれています。よくよく見てみると、ほぼ大半の日がN700系での運転です。700系での運転日は4/1・8、5/6・13・6/17・24のみです。

こうなってきたら、先ほども書いたようにN700系で運転しない日のみ書いてはどうか?と思うんです。そうすることで、記載する内容を減らして文字を大きく見やすくすることができます。

皆さんはいかが思われますでしょうか。。。


ここまで読んでいただきありがとうございました。
鉄道コムのブログランキングです。ぜひクリックをお願いいたします。
鉄道コム

コメントする