鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

撮影日記

2017年11月26日

大阪市営地下鉄がもっと好きになる?!『マルコに恋して - 大阪地下鉄道20の秘密 -』


大阪市内で地下鉄・市バス・ニュートラムの3分野を運営している大阪市交通局は、今年で創業から114周年を迎えます。来年春に公設民営化(大阪市が100%株主)が決まりました。

大阪市営地下鉄は市民の足として欠かせない存在ですが、大阪市民や鉄道ファンでも意外と知らないことは多くあるのではないでしょうか。「地下鉄」ゆえ、あまり目立たないからかもしれませんね。

そこで、大阪市営地下鉄の大ファンである、http://osaka-subway.com/ の管理人様が、なんと大阪市営地下鉄の謎に迫った本を出版されました!

『マルコに恋して -  大阪地下鉄道20の秘密 -』

20171126-1-1.jpg

御堂筋線の最新鋭車輛31000系が表紙に大きく写っています。

書籍の中を読むと、今まで知らなかった事実がずらりと掲載されていました。例えば、大昔の地下鉄路線計画とか、実はこの鉄道と相互乗り入れの計画があったとか、路線カラーなどなど。。
4ページほどはシェアが許可されているので、20の秘密の中から、一つを取り上げたいと思います。

20171126-1-2.jpg

御堂筋線梅田駅は、今でこそ大きなドーム屋根をもった大きな駅(大半が2階通路になっていますが)ですが、昭和8年の開通当初は今の谷町線東梅田駅があるあたりに仮駅を作っていたそうです。今でも痕跡があってみることができるだとか。とにかく目からうろこが出そうなネタが多く取り上げられているので、ぜひぜひ買ってみてくださいね。

この『マルコに恋して -  大阪地下鉄道20の秘密 -』は、書籍版と電子版があります。
書籍版は、なんばCITYにある旭屋書店でのお取扱いになっています。第1刷は発売後たちまち完売、あまりの人気ぶりに即増刷をかけて第2刷を発行しました。異例の人気っぷりですね。



鉄道コムのブログランキングです。ぜひクリックをお願いいたします。
鉄道コム

コメントする