鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

撮影日記

2009年4月18日

グルッとKANSAI クイズ&スタンプラリー パート2

2009年春に行われた、グルッとKANSAI クイズ&スタンプラリーの記録です。
今回は大和川以南のポイントをめぐりました。



地下鉄御堂筋線 昭和町駅→なかもず駅

自宅から徒歩15分の昭和町駅から今回の旅行はスタート。
今回もスルッとKANSAI 3dayチケットにお世話になります。

なかもず行きを待つと、10系の非更新車1021Fに当たった。
リニューアル車が増えてるので記録しておきたいところですが・・。

泉北高速鉄道 中百舌鳥駅→光明池駅

中百舌鳥駅からは泉北高速鉄道に乗り換えます。
やってきたのは南海の6300系。
車内は立ち客も出るほど混雑していたものの、泉が丘で一気に空いた。

*光明池駅にて6362F。

090418.03.jpg

光明池駅で本日一つ目のスタンプを押印。
クイズは『光明池駅のホームは4番線まである』。
んなわけないやろ~!

次の目的地は、岸和田市の山奥にある、南海ウィングバス南部の白原営業所です。

南海本線かJR阪和線へのバスを調べると、岸和田行きが1時間に1本、それも40分も待たないといけなかったので、和泉中央駅へ移動することにしました。

ホームに上がると、電光掲示板が回送を表示していた。
程なく和泉中央方面より泉北3000系3056Fが入線。光明池車庫へ入庫していった。


090418.04.jpg


泉北高速鉄道 光明池→和泉中央

最後の一駅だけですが、泉北7000系が来ました。
新型車両はやはり快適ですね。

090418.05.jpg


和泉中央駅からは南海バスに乗って、南海本線かJR阪和線の駅へ出ます。

岸和田駅行きのバスもありましたが、和泉府中経由泉大津行きのバスが先発なので
そちらにしました。


JR阪和線 和泉府中駅→東岸和田駅


和泉府中の駅前は再開発が予定されています。
そのせいか大きな空き地が目立ち、建物の解体工事が行われていました。
また、駅が橋上駅舎化するため出口の場所が変わり、商店街ともめてると
ニュースで見ました。箱物を作るのはいいですが、既存の商業施設や街並みを
生かし活性化する計画にしてほしいものです。



090418.07.jpg

ホームに入ってきたのは、223系の関空快速+紀州路快速で、
一人席に座れたので非常に快適でした。東岸和田駅まであっという間です。


南海ウィングバス 東岸和田駅停留所→白原車庫停留所


東岸和田駅で白原車庫行きのバス時刻を調べると、事前にチェックしていた時刻と異なっていました。多分私がどこかのバス停と見間違えたようです。40分弱あるので、巨大な東岸和田サティのフードコートで昼食にしました。

オムそばを注文しました。おいしかったです!
090418.08.jpg


バス停に戻りまして、バスを待ちます。
踏み切りの信号遮断時間が長いせいか、道路渋滞が長くなっていました。
バスもすぐ近くに来てるのに、バス停に入れません。
本数の多い朝はさぞかし大変なことだろうと推察されます。

バスは住宅地の中を抜けていきますが、徐々に農地が目立つようになり、
土生滝(滝があるの?)からは山道となります。途中大型トラックと上手に行き違いをしていくのは流石。
白原車庫に到着し、営業所でスタンプを押します。周りは何もありません。
小さいな喫茶&カラオケ家があるのみです。

090418.09.jpg


係員さんが丁寧に帰りのバスを教えてくれました。どうやら、違うコースで岸和田行きのバスが先発するようです。


南海ウィングバス南部 白原車庫停留所→岸和田駅停留所


山奥から住宅街へ入って行き、お客さんもどんどん乗ってきます。


南海本線 岸和田駅→和歌山市駅→加太駅



岸和田駅からは久々に電車に乗ります。
特急サザンの自由席車で7100系の7878号車でした。
泉佐野から座席をゲット、和歌山市まで車窓を楽しみました。

和歌山市から折り返して加太線の2両編成のワンマン電車に載ります。
車掌さんは次の紀の川駅まで。そこからは本当の『ワンマン』です。
スピードは遅くローカル路線そのもの。


090418.11.jpg


加太駅でスタンプを押します。
観光名所はないかと調べましたが、駅から遠いのでパス。
某神社へ行けばクイズの正解はわかるわけですが・・(笑)。


南海加太線加太駅→和歌山市駅


座席がほぼ埋まる程度で和歌山市駅到着。
40万人都市の玄関口にふさわしい大きな駅ビルです。

もっとも最近は、JR和歌山駅にお客さんを奪われているようで、
閑散としてるのが気になりました。

090418.12.jpg


で、ここから『また』バスに乗ります。

和歌山バス 和歌山市駅停留所→和歌浦口停留所

和歌山市駅を発車したバスは、市内の繁華街に入って行きます。
どこの地方都市でも中心街が寂れる傾向にありますが、ここ和歌山も例外ではないようです。
アーケード商店街は人姿がまばらで、シャッターを下ろす店が多かったように思います。

バスは和歌山城の脇をとおり、南下していきます。

和歌浦口停留所の近くにある『和歌山バス 和歌山営業所』でスタンプを押します。
クイズには『和歌山市内も天満宮が存在する』と書かれています。
そうなんです!ここから歩いて和歌浦天満宮と紀州東照宮があるのです。
時間があれば参拝したかったのですが、今回は断念しました。

090418.14.jpg


和歌山バス 和歌浦口停留所→和歌山駅停留所


和歌山市駅ではなく和歌山駅へ向かいます。
目的は和歌山電鉄の派手なラッピング車両です。

3種類のラッピングが走ってるようですが、たま電車は伊太祈曾駅へ入庫、おもちゃ電車は6月まで検査、いちご電車だけ撮影できそうだったので待つこと30分。やっと会うことが出来ました。


090418.16.jpg


白をベースに、扉とクーラーが赤く塗られています。
ミルクをかけたいちごのイメージでしょうか。

実際に乗車したかったのですが、そろそろ大阪に戻ることにします。

和歌山バス シャトルバス 和歌山駅停留所→和歌山市駅停留所

南海本線 特急サザン46号 和歌山市→新今宮

500円の座席指定車を奮発。転クロは非常に快適でした。


これでパート2はおしまいです。
まだまだスタンプを押してない駅が多数残ってますので、
少しずつ制覇していきたいと考えています。